篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

昨年末から一ヶ月にわたって続けて参りました「篠笛ドレミ会談」。昨日、閉会となりました。かなり有意義な意見交換となり、論点の整理が飛躍的に進みました。ただ、惜しいところまで合意に至るのですが、中々統一見解にまでは至りません。僕のドレミに対するスタンスが現代  …記事を読む

「笛と太鼓の交換日記 20」森田玲(篠笛)✕ 植木陽史(太鼓)。遂に20回目を迎えました!前回、植木さんが駆け出しの頃の路上ライブの写真をアップされていたので、僕も昔の写真を探してみました。15年前の写真です。「なにわ大賞」の特別賞を賜った時のものです。まだ20代  …記事を読む

2月17日は実家のチャリンコを借りて桜と一緒に八木郷を巡りました。僕にとって事実上の産土神社である夜疑(やぎ)神社にお参り。宮司さんにご挨拶。続いて、行基築造の久米田池に向かい、途中、伝・橘諸兄塚(古墳)に登って後、久米田寺に参拝いたしました。諸兄塚の頂  …記事を読む

本日は、三重県は四日市山車文化財等管理者連絡協議会の皆様40名ほどが岸和田にお越しとのことで、いつもお世話になっている畏友の前田憲司さんからのご依頼で、岸和田祭と地車(だんじり)についてお話をさせていただきました。まずは、岸和田だんじり会館にて、かつて曳  …記事を読む

2月8日は弘道館の観世流能楽師シテ方の林宗一郎さんの「能あそび」に参りました。結論から述べると、面白いとは予想しておりましたが、予想を上回る面白さで親しみやすい講座でした。皆さまオススメです!玄人のお客さんもいらっしゃいますが、僕のようにお能の初心者の方  …記事を読む

本日2月1日と4日のアンコール放送NHK・Eテレ「にっぽんの芸能〜多彩なる笛の世界」、私の案通りに解説テロップが表示されました。一安心です・・・ただ、何度もお伝えしておりますように、今回のテロップ内容にも間違いが含まれております。「ドレミの笛はうた用ではござい  …記事を読む

昨日は京都芸術センターのへ。シンポジウム・公演「変わりゆく伝統芸能」に参りました。定員の120名は満席で、あっという間の三時間でした。僕は基本的には都市祭礼型の祭の見聞が多いので、舞や踊りといった類の芸能に疎く、保存会など担い手の組織が小規模の祭の人たち  …記事を読む

石川県は浅野太鼓さんに弊社の篠笛・教本などを納品いたしました。浅野さんに竹の笛を卸すのは七、八年ぶりです。皆さま是非、吹き比べてみてくださいm(_ _)m・日本十二律調音篠笛「京師-みやこ-」邦楽調(唄用)〔六本・七本・八本調子〕笛師:森田香織・学校教材用プラスチ  …記事を読む

本日夜11時より、NHK・Eテレ「にっぽんの芸能〜多彩なる笛の世界」の再放送です(オリジナル放送の間違いを調整できたか…?)。昨年の夏、こちらの番組でドレミの笛=唄用の篠笛とテロップ入りで間違った名称が紹介されてしまいました(唄用の篠笛は日本音階の笛でドレミで  …記事を読む

1月27日は弘道館にて講座「心で読み解く京の祭と神賑」でした。今回は「神事」と「神賑行事」の濃淡を視覚化するという初の試み!概ね成功したかと思います。この手法をもう少し検証して、各地の祭に当てはめてみたいと思います。次回は3月17日(日)テーマは「祭は誰の  …記事を読む

↑このページのトップヘ