篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

いつもお世話になっている「弘道館」にて講座を開催ただくことになりました!弘道館は急激に姿を消しつつある京町家を保存し、その景観や文化を守ろうとする有志の皆さんによって運営されております。講座にご参加いただくことが、その保存活動に繋がります!度々篠笛を吹かせていただいておりますが、今回は「祭の話」でご協力できればと思っております。皆さま是非!
弘道館・講座(アウトライン)
心で読み解く 京の祭と神賑(かみにぎわい)ー全6回ー

※1回ごとの受講でもお楽しみ頂けます!
-----------------------------------------------------------------------------
第1回「神賑行事とは何か?-祭を読み解く羅針盤-」
6/24(日)11時~12時半
-----------------------------------------------------------------------------
受講料 2000円
会場 有斐斎 弘道館

講師 森田玲(もりた あきら)
玲月流初代・篠笛奏者/京都市芸術文化特別奨励者
『日本の祭と神賑』創元社/『日本の音 篠笛事始め』

チラシPDF
→ http://shinobue.blog.jp/ko-do-kan.pdf

お申し込みはこちらから
https://kodo-kan.com/classes/心で読み解く-京の祭と神賑(かみにぎわい)/

◇ 葵祭・祇園祭・時代祭といった京都の祭を中心として 「神賑」をキーワードに多様な祭の文化とその本質を読み解きます。

◇本講座では、祭を「神事」と「神賑行事」という二つの局面に分けて話を進めます。

◇「祭」の中で、ヒトの意識がカミ様に向いている場面が「神事」。ヒトの意識がヒト(氏子同士や見物人)に向いている場面が「神賑行事」です。

◇祭の目的は? 祭の役割は? 祭は誰のもの?

◇ヒトの心の動きに注目し、祭の「過去」「現在」「未来」について考えます!


<平成30年>
6/24(日)「神賑行事とは何か?」-祭を読み解く羅針盤-

8/5(日)「神幸祭」-カミの道行きと神輿の発達史- 

10/14(日) 「祭の春夏秋冬」-祈りと鎮魂-

12/16(日)「 神楽と神饌」-芸能の役割とカミ様の献立表-

<平成31年>
1/27(日) 「心で読み解く京の祭」 -葵祭・祇園祭・時代祭-
3/17(日) 「祭は誰のものか?」

<お知らせ>

篠笛文化研究社のFacebookページを作成いたしました。

こちら → https://www.facebook.com/shinobue/

現在のページをフォロー(いいね)いただいている皆さま、
新しいページをフォロー(いいね)いただければ幸いです m(_ _)m 。
IMGP8028
私、森田玲個人のFacebookは

こちら → https://www.facebook.com/morita.akira0203

どうぞよろしくお願い申し上げます。
000

毎週土曜日は桜の篠笛のお稽古日。先日、桜が急にチャッパ(銅拍子)を鳴らし始めたので適当に篠笛を合わせてみました^_^。初めて手にするのですが、お母さんの演奏を見ているからか意外としかりと打てています!戦力になるまであと少し?!

少し前になりますが、2月に大阪天満宮の「盆梅展」にて篠笛の奏楽。この時は桜も同伴で舞台を見せました^_^。もう十年近く旭堂南陵師匠の講談「菅原天神記」に先立って演奏させていただいております。

28423172_1991452264222317_9055891082863111965_o

演目は「序の笛」「カミあそび」、梅に因んで「華舞扇」、そして天神祭の獅子舞囃子のルーツである伊勢大神楽の「馬鹿囃子」を講談の出囃子といたしました。


満開の梅、清らかな空気が流れる中、良い笛の音を練ることができました。

少しずつ舞台に慣れさせていきたいと思います。桜ガチガチ(笑)。
28468669_1991452697555607_9040802384693353041_n
講談師 四代目・旭堂南陵師匠

篠笛奏者-笛師 玲月流二代目・森田桜
篠笛奏者 玲月流初代・森田玲

撮影 篠笛奏者-笛師 玲月流 一代目半 森田香織 

今年は家族でゆっくりと花見の時間を取ることができました。
29663034_1644043805688024_1868839597582966675_o

京都は祇園の円山公園の枝垂れ桜。篠笛で枝垂れ桜の曲を作ってみようかなとも思いました^_^
29662710_1644057965686608_4012594124070330238_o

帰りは祇園から家までぶらぶらと…縄手通は白川の大和橋の桜も満開…桜に大喜びの桜です^_^
29662883_1645603972198674_4317800614727719627_o

京都・冷泉通の疎水に浮かぶ桜の花びら

桜の写真・動画に、篠笛の「桜」を乗せてYouTubeにアップしてみました。「2分半の京のお花見」よろしければご覧くださいm(_ _)m 


奏楽:玲月流 初代 篠笛奏者 森田玲
篠笛:七本調子・邦楽調(唄用)「京師-みやこー」
音源:CD「日本の音 篠笛」篠笛文化研究社より

オマケ
29354757_1644042032354868_372816619167015664_o
八坂神社へ…桜、お化け屋敷。人生初。阿鼻叫喚…

昨年の秋、有職菓子御調進所「老松」当主・太田達氏の茶席で篠笛を吹かせて頂いたご縁で、フォーシーズンズホテル京都のランチに参りました。とても美味しく頂きました^_^

お礼に篠笛の奏楽 …。六本調子・古典調。心地良い風に乗って水面を渡る笛の音が美しく響き渡りました。
29354730_1644748222284249_3819645780975871658_o
前のめりで見ていた桜が、この後、私の後を着いて歩くというハプニング?!

29872368_1644743328951405_2987822224213424266_o



スタッフの皆様には娘の桜に色々とお気遣い頂きました^_^ 。

ありがとうございましたm(_ _)m。



↑このページのトップヘ