篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

春に引き続き、秋の北野天満宮の曲水の宴にて森田桜が童子役でご奉仕いたしました。北野天満宮での曲水の宴。今回も定石通り何度も川に落ちかけお客さまの肝を冷やしておりましたが、何とか無事に童子役を務めさせていただけたかと思います。和漢の朗詠、白拍子と、ゆったり  …記事を読む

國學院大学をご卒業の神職の方々の前での講演…演題は「祭は誰のものか〜神賑行事から読み解く祭のカタチ」。神職の皆さんの前で祭云々…今思い返すだけでも恐ろしい…これまでの人生の中で最も緊張した一日と言っても過言ではございません…ですが、これに耐えうる理論であ  …記事を読む

北野天満宮 秋の篠笛奉納演奏令和元年11月10日(日)18時より 参観無料於・北野天満宮・紅梅殿森田玲(玲月流初代 篠笛奏者)森田香織(笛師・篠笛奏者)玲月流門下生日本に古くから伝わる竹の横笛、篠笛。清らかで美しい日本の音を奉納いたします。お誘い合わせの上、是非  …記事を読む

万博記念公園のお祭り広場のイベントに参加させていただきました。 私は大坂型の地車(だんじり)と岸和田型の地車の解説パネルの作成を仰せつかりました。木彫刻・賢申堂の河合さん、太鼓正さんとご一緒です。香織さんは篠笛の製作実演。篠笛・京師(みやこ)の音色はこちら  …記事を読む

令和三年に出版予定の「地車(だんじり)の本」のフィールドワークを重ねております。大坂の天神祭で誕生した地車は瀬戸内域を中心に各地に伝播し、その先々で様々な形態に変化しています。乞うご期待!10月22日魚吹八幡神社(播磨)の地車。初期型地車の目的の第一は芸能の  …記事を読む

弘道館にて講座「日本の祭と神賑」テーマはダンジリ。幼少期からの疑問にもクリアな回答を出すことができた、僕にとっての一つの区切りになる大切な一日となりました。肩の荷が少し降りたような気がしましす。地車のルーツ(船)、太鼓台もダンジリと呼ばれる理由(乗子に由  …記事を読む

ロータリークラブの「お月見例会」にて篠笛の奏楽。妙心寺・大法院のお庭を借景に虫の音とともに楽しいひと時でした!来年の四月からお世話になる佛教大学の八木透先生にお声がけいただきました。本日の月齢は9歳くらいだったようですが、皆さんの笑顔は十三夜!ありがとう  …記事を読む

↑このページのトップヘ