篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

12月24日は毎年恒例の伊勢大神楽の総舞(増田神社・三重県桑名市太夫)。今年も清らかな笛の音に包まれて良い一日を過ごすことができました。写真は終局の演目、お獅子の花魁道中「魁曲(ランギョク)」。ヤートコセの伊勢音頭の道中歌を唱和します。20年前は冒頭の囃子詞で  …記事を読む

これまで「日本のドレミの横笛は篠笛ではない」と申し上げて参りましたが、もう少しわかりやすくするために「日本のドレミの横笛は和楽器ではない」という説明に切り替えます。もちろん「最広義の和楽器」には含めることはできますが、それはミュージックショップで日本人が  …記事を読む

無事、企画委員会の審査をパスし、令和2年12月4日(金)に奏楽堂(旧・東京音楽大学 ー 東京藝術大学音楽学部の前身)での演奏会が決定いたしました。日本最古の洋式音楽ホールにて篠笛の奏楽をいたします。ドレミを選んだ日本人の心、演奏会形式の音楽会の意義など内々では  …記事を読む

度々お世話になっているフォーシーズンズ・ホテル京都にて1回目の京大入学時の仲間と再会!コミュニティ・アート・土壌、そして祭と篠笛…それぞれ生きる道は異なりますが、20年前に京大の農学部で培った「人と自然の連環」をベースにした思想が、それぞれの研究姿勢に今も  …記事を読む

本日は恵比寿にて東京の篠笛教室のプチ忘年会でした!少しずつ良い議論ができる環境が整って参りました^_^ 楽しいひとときでした!篠笛文化研究社では、京都・大阪・東京にて篠笛教室を開講しております。詳細はこちら → http://www.taminouta.com/001-lesson.html体験受講  …記事を読む

有斐斎(ゆうひさい)弘道館・復興10周年記念事業にて篠笛の奏楽です。篠笛文化研究社(旧・民の謡)の拠点を京都に移してすぐにお世話になった弘道館。講座「日本の祭と神賑(かみにぎわい)」も開講いただき、日頃からとてもお世話になっております。その復興10周年記念公  …記事を読む

大好評だった「笛と太鼓は恋人」来年も開催決定です!太鼓奏者:植木陽史くんと私、篠笛奏者:森田玲が皆さんと一緒に熱くなります!皆さまのご参加をお待ちしております!★私、森田玲と植木陽史による「笛と太鼓の交換日記」はこちら→ https://www.facebook.com/shinobue  …記事を読む

「祇園祭・岩戸山こどもカミあそび」の参加者を募集いたします!昨年の祇園祭で試楽として披露した「岩戸山こどもカミあそび」の本番とお稽古の様子をご覧いただけます。 お稽古は月1回金曜日18時半から19時半まで。会場は岩戸山町に近い旧・成徳中学校です。対象:原則・  …記事を読む

本日は弘道館講座「日本の祭と神賑(かみにぎわい)」テーマは「唐獅子」…良い感じに話が展開いたしました^_^ 篠笛の演奏もそうですが、同じ内容でも会場によって議論の深まり具合がまったく違ってきます。ホールや会議室とは異なり、座敷で腰を据えて正座で話すと、皆さん  …記事を読む

香織さんが彫って調律した篠笛の籐巻き作業は私の役割です。六本調子・古典調「京師-みやこ-」琥珀。京師の音はこちら→ http://shinobue.blog.jp/archives/cat_277712.htmlご注文はこちらまで→ http://www.taminouta.com/001-miyako.html  …記事を読む

↑このページのトップヘ