篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

御寺 泉涌寺別院・雲龍院での「お月見の会」のご案内恒例の京都・雲龍院での「お月見の会」のご案内です。四日間ございます(お問い合わせ先が異なります)秋の虫の声とともに篠笛の音色をお楽しみ頂けます。我々奏者にとっても、一年で最も贅沢なひとときです。毎年、好評  …記事を読む

NHKにっぽんの芸能「多彩なる笛の世界」実家で録画してもらっていたものを確認。筆舌に尽くしがたい最悪の内容でした・・・(個々には良い演奏もありましたが)。随所にドレミの話が挿入され、雅楽の笛の実演の倍以上の時間、能の笛方の人が口に何本もの笛を加えて謎の曲  …記事を読む

本日は大阪府の最南端、岬町は淡輪(たんのわ)の盆踊りへ!私が笛屋を始めてすぐ、今から20年ほど前からのお付き合い。当時は盆踊りで篠笛が使われているという事実にびっくりで、毎年お邪魔するようになりました。京都に拠点を移してから少し足が遠のいておりましたが、今  …記事を読む

先日、第一回「玲月流 篠笛 映像化プロジェクト」会議を行ないました!全社員出席の元、伊勢大神楽の映像なども手がける映像案内人の方をご紹介いただき特別チームを結成!秘密会議の後、京都観光もしたいという声なき声を感じ北野天満宮の御手洗祭へ!篠笛文化研究社の篠笛  …記事を読む

篠笛の古典曲は祭囃子。祭囃子は祭ごとに多様ですが比較的高音でピロピロとした指打ち音が特徴です。篠笛らしさ、を身に付けるためには祭囃子を吹くこと必須ですが、中々その機会に巡り合うことは難しいものです。なぜならば「祭囃子は誰のものか?」というのもことを考える  …記事を読む

「日本人の忘れもの知恵会議」世界竹の日記念「竹に触れ、竹を知る」9月17日(月・祝)13時半より京都新聞文化ホールにて竹三昧の一日です!昨日(8月13日)の京都新聞に告知されております。私、森田玲は篠笛の演奏を担当!★先日の告知では小学生・保護者の方が対象でした  …記事を読む

8月5日は、弘道館での講座・第2回「心で読み解く京の祭と神賑(かみにぎわい)」。今回は祭の核となるカミ様の道行きと神輿の発達史。少し篠笛も吹きました!20名を越える皆さまにお集まりいただき、とても有意義な会となりましたm(_ _)m。次回は10月「祭の春夏秋冬」詳細  …記事を読む

NHKカルチャー福岡にて篠笛教室。徐々に人数が増えて参りました!来年の秋くらいには、博多にて皆さんの発表を兼ねた小さな私の演奏会を開こう!という話になりました。見学、体験可能です。九州方面の方、是非!第1水曜日(夜)https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program  …記事を読む

↑このページのトップヘ