第六回「日本の祭シンポジウム」(名古屋)で講演させていただきます。

昨年のシンポジウムで
秩父神社の薗田稔宮司さまに拙著『日本の祭と神賑』をご紹介いただいたことがご縁ですm(_ _)m。

祭のフィールドワークや文献研究は明治以来の膨大な蓄積があり、現在も継続中です。今こそ、この祭という「民俗知」を現在と未来のコミュニティーのために活かさねばなりません。「祭」は「神事」と「神賑(かみにぎわい)行事」のバランスが大切。良い議論ができるよう準備を整えたいと思います。

皆さま是非!
38650393_1799365850155818_6506893728525844480_o
ーーーーーーーーーーーーーー
第6回「日本の祭シンポジウム」
ーーーーーーーーーーーーーー
平成30年9月15日(土)13:00-16:00

会場・名古屋市ルブラ王山(名古屋市千種区覚王山通8-18)

入場無料・申込不要

詳細→http://www.sgk.ac.jp/social/openclass/

第一部 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
基調講演『日本の祭と神賑(かみにぎわい)』

講師 森田玲(玲月流初代・篠笛奏者)

第二部 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
パネルディスカッション『祭の学生参加』

八木透(佛教大学歴史学部教授)
鈴木泰輔(岐阜県立吉城高校キャリア推進部長)

コーディネーター
石田芳弘(伊達コミュニケーション研究所所長)

〈主催〉ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
学校法人至学館 伊達コミュニケーション研究所
あいち山車まつり日本一協議会

〈後援〉ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国土交通省中部運輸局
全国山・鉾・屋台保存連合会
コミュニティ政策学会
NHK名古屋放送局
中日新聞社