プラスチック篠笛に名前が付きました!

これまで「プラ管」の通称で名無しの権兵衛でしたが、プラスチックほか様々な練習用の篠笛が多く出回っておりますので、名前がないと何とも不都合になって参りました。

名付けて「篠音(しののね)」!

・・・そのままですが、どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

PD F→ http://shinobue.blog.jp/pla-shinobue.pdf
プラ管
------------------------------------------------------------------------------------

篠音(しののね)
------------------------------------------------------------------------------------
学校教材用・練習用
プラスチック篠笛
七本調子 邦楽調(唄用)
定価:本体1,700円+税
------------------------------------------------------------------------------------
学校の教材に適したプラスチック製の篠笛です。わらべ歌や桜などの日本の古い歌、三味線やお箏との合奏、太鼓と合わせた祭囃子など、様々な日本の曲を演奏することができます。

本物の竹の形状と同じように、端から端に向かって笛の太さに変化を持たせることによって、極めて竹の笛に近い音色と吹き応えを実現しました。

音階を整えるための指孔の大きさと配置の工夫は最小限にとどめています。そのため、手の小さな子供たちや初心者の方でも、すべての指孔を無理なく押さえることができ、篠笛の醍醐味である「指打ち」を存分に楽しむことができます。

より多くの人たちに篠笛の音を楽しんでもらいたいとの想いを込めて「篠音(しののね)」と名付けました。

篠笛を通して、魅力的な和楽器、日本音楽の世界に触れてみませんか。
------------------------------------------------------------------------------------
◎篠笛は全体的な音の高さによって、一般的に一本調子から十二本調子まであります。七本調子は、初心者や子供の手にも馴染みやすい太さの笛で、高くて美しい音色が魅力です。

◎邦楽調(唄用)の篠笛は、わらべ歌や桜などの日本の曲の独奏、三味線やお箏との合奏に適した調律笛です。

◎原型は、邦楽調(唄用)の篠笛の仕様を受け継ぐ笛師・山田藍山が製作。昭和六十年の発売以来、より竹の笛の響きに近付くよう改良が重ねられ、長くご愛用いただいております。
------------------------------------------------------------------------------------

お問い合わせは「篠笛文化研究社」までよろしくお願い申し上げますm(_ _)m