香織さんと2人で(桜は実家で待機中)焼肉を食べて祭の精神状態(ハレ)から日常(ケ)へと戻る解斎の儀式(ラクサク・足洗い)を執り行ないましたが、岸和田の地車(だんじり)の笛と太鼓が耳元から離れません。

ところが、翌日のNHKワールドのおかげで?ダンジリ囃子も吹っ飛び、日常の戦闘モードへ切り替えることができました。
41990852_1857310414361361_3813039065939312640_n

「ブレンズ」という和楽器と洋楽器を合わせて双方の魅力を喰い合って、それを全世界に配信するという企画の番組がございます。なるべく見たくないのですが、番組と番組の間の数分に不意打ちで挟み込まれるので仕方ありません。

今回の主役は、横笛である金属製フルートに尺八の吹き口を模したパーツを取り付け縦笛とし、フルートのキーシステムをそのまま残した目的不明の珍楽器・オークラウロ。

41949941_1857310431028026_3541906907348336640_n

昭和初期に大倉喜七郎氏が考案したもので、尺八は洋楽器に劣っているという思想の下、その普及が試みられました。

同時期には町田佳聲氏が、篠笛は洋楽器に劣っているという思想の下、「隆笛(りゅうてき)」というエボナイト製の横笛を考案、演奏会も積極的に開きました。本人曰く、雅楽の神楽笛を改良したものだそうです…

双方とも、楽器の形態が明らかに「本物」と異なるので、百万歩譲ってその存在を放任しておいても良いのですが、問題は「名称」です。

オークラウロは、開発者の大倉と西洋の古楽器アウルスを合わせてものですが、この時期に創作した曲のジャンル名を「大和楽」と名付けました∑(゚Д゚) いやいや「大和楽」と言えば、雅楽における日本古伝の「国風歌舞(くにぶりのうたまい)」でしょ!

そして「隆笛(りゅうてき)」に至っては、雅楽の唐楽に用いられる「龍笛(りゅうてき)」と同じ読み方…(-_-)

とにかく、万国びっくりショーへの出品作品を創るのは自由ですが、詐欺まがいの命名だけは避けて欲しいものです。

そして、僕が再三にわたって指摘しているドレミの笛はもっと厄介で、A=442Hzとか指孔が抑えにくいとか色々問題がございますが、一見すると伝統的な篠笛との違いわからないところが面倒です。

さらに、従来から用いられていた「唄用の篠笛」の名称をドレミの笛に用いるという盗人行為によって「ドレミの笛=唄用」という大きな間違いが世間に広まって、その結果、先日のNHK「日本の芸能」で、ドレミの笛が、テロップ入りで「唄用の篠笛」と紹介される悲劇が起き、さらに司会者がドレミの笛でドレミの音階を奏でるのを聞いて「ドレミの音階の方が日本の音階より安心する」という珍発言をされたことは記憶に新しいです。

NHK「にっぽんの芸能」で間違った篠笛の紹介・・・残念
記事

西欧に憧れて茶髪に染めるも眉毛が黒いままのオークラウロと洋楽器の演奏…これはもはやブレンドでも何もありません。

今日は番組批判をしたいのではなく、絶滅していたはずのオークラウロの復活に驚き、危惧を抱いての投稿でした…今の時代、何が起こるかわかりません。この楽器が変な注目を集めないことを祈ります。

あと、ドレミ笛の皆さんは、是非オークラウロを参考にし、素材を金属にして、ベーム式のキーシステムを採用してください!そうすれば篠笛との見た目の違いも明らかで、指も無理なく抑えられます!是非!

41991445_1857356884356714_3854585474299461632_n
写真・森田玲『日本の音 篠笛事始め』篠笛文化研究社

町田佳聲氏は「隆笛(ドレミ笛)」(←雅楽の龍笛と紛らわし過ぎる!)を当初は「昭和笛」と呼んでいました。現行の「ドレミ笛」も従来から用いられている「唄用」の名称を盗むのではなく「平成笛」と命名し、改元とともに消え去っていただければ幸いですm(_ _)m