伝統芸能文化創生プロジェクト 講座シリーズ#4
「篠笛を知る〜祭が育む日本の音〜」

2018年11月18日 (日) (開場12:30)

第一部 お話   13:00〜14:30
第二部 篠笛体験 14:30〜16:00 (途中休憩あり)

於・京都芸術センター大広間
チラシ(表)

篠笛の楽器研究は他の和楽器に比べて非常に遅れている中で(ほとんどなされていないというのが現状)、まず第一歩を踏み出す機会を頂くことができました。「伝統芸能アーカイブ&リサーチオフィス(TARO)」に企画いただいております。

当日は、私、森田玲が篠笛奏者として、森田香織が笛師として、篠笛三昧の一日をお届けいたします。乞うご期待!定員に限りがございます。お申し込みはお早めに!


詳細・お申し込み → http://www.kac.or.jp/events/24363/
チラシ → PDF

------------------------------------------------------------------------------------------------
・篠笛の定義
・篠笛の語源
・篠笛が出来るまで
・篠笛の種類 <古典調・邦楽調(唄用)・均等孔?>
・明治期の篠笛教本
・篠笛の発鳴原理
・ドレミの笛は唄用の篠笛ではない
・様々な分野の篠笛(祭囃子・三味線音楽・舞台形式演奏会)
・篠笛の学校音楽授業の活用の可能性
・篠笛演奏
・篠笛体験(学校教材用プラスチックを用いての篠笛体験)
 -音の出し方/笛の構え方/指運び/指打ち/音量・音色の調整方法/わらべ歌
-----------------------------------------------------------------------------------------------

「篠笛(しのぶえ)」は、日本に古くから伝わる竹の横笛で、太鼓とともに祭の中で育まれてきました。江戸時代には歌舞伎の三味線音楽に採り入れられ、明治以降は演奏会形式の舞台も多く催されています。日本人なら誰もがどこかで耳にしたことがある楽器ですが、その歴史や文化については意外と知られていません。

 本講座では、長年にわたって篠笛の演奏・指導・調査研究をされている篠笛奏者の森田玲氏と笛師の森田香織氏をお招きし、第一部では、篠笛の演奏を交えながら、その歴史や文化についてお話しいただきます。そして、第二部では、実際に篠笛を吹くことによって、その魅力的な響きを皆さまの身体の中から体感していただきます。

 日本の音風景に欠くことができない篠笛。遠音のさす透明な音色と華やかな指打ち音…篠笛の魅力にどっぷりと浸かることができる一日です。皆さまのご参加をお待ちしております。

チラシ(裏)


詳細・お申し込み →
 http://www.kac.or.jp/events/24363/