10月22日は時代祭。良いお天気でした!

桓武天皇と孝明天皇の御霊の神幸列(平安神宮→京都御所→平安神宮)を構成する時代行列の見物に多くの見物人、立錐の余地もございません!
44477635_1898224650269937_5491852236172558336_n
産土神社の枠組を越えて旧・小学校区を単位とする平安講社の方々のご奉仕。明治時代から江戸、安土桃山へと時代をさかのぼります!古墳時代、弥生時代、縄文時代はございません^_^
44602234_1898237530268649_3103007837207396352_n

山国隊??維新勤皇隊ではなく?これは篠笛ネタ的に、めちゃくちゃラッキーな場面に遭遇したかもです! 山国隊(京北町)の時代祭への参加は100年ぶりくらいかと思います!維新マーチ(軍楽)/篠笛/スネアドラム/バスドラム
44520836_1898237573601978_8752043077411012608_n
44546788_1898237696935299_7574078069472755712_n

仮装行列は明治時代から平安時代へとさかのぼります。幕末から明治にかけて官軍や雄藩が備えた軍楽隊を模した維新勤皇隊は平安講社第八の皆さんがご奉仕。列次の先頭を務めます。

日本の洋楽事始めは幕末から明治にかけての軍楽でした。

以下、耳学問…

時代祭の維新勤皇隊は、当初は山国隊(現・京北町)が担当。こちらは仮装ではなく、実際に戊辰戦争に従軍した皆さんでした。

西洋式の兵器を扱うための基礎訓練の基礎の基礎がマーチング。学校の体育大会もその系譜にあると思います。

太鼓はスネアドラムとバスドラムで、ドラムスティックを洋式で用います。旋律楽器は本朝の伝統楽器である篠笛。旋律のルーツはわかりませんが、おそらく洋楽ベースかと思います(←ちゃんと調べてません)。

山国地域は平安京築造以来、禁裏御料として木材などを提供しており、その誇りもあってでしょう、村を挙げて幕末に官軍への参加を決めました。

鳥取藩の下で従軍し、その間に軍楽を習得、東京→京都、京都→山国に凱旋する際、軍楽を奏しました。

徴兵制が確立されて後、村単位での従軍はなくなりましたが、軍楽は受け継がれ、村の慰霊祭や秋祭の祭囃子として、現在まで脈々と受け継がれてきました。

今年は明治維新150年ということで、時代祭の神幸に先立ち、神前での神楽として山国隊の奏楽が行なわれました。
44366893_1898578826901186_3722963731907346432_n

平安講社第八の皆さんによる維新勤皇隊列!
モノだけではなく、コトが継承されることによって、歴史に躍動感と説得力が出ます。祭は、それが、喜びや楽しみをもって行なわれる貴重な機会です^_^