新年の挨拶、何か文字だけでは味気ないなぁ~とブツブツ言っていたら香織さんがササッと描いてくれました!

2019書き初め兎

兎が目立ちますが、うちのマスコットが偶然十二支の中に紛れこんでおりますのでお許しくださいm(_ _)m

以下、本文です。



あけましておめでとうございます。

昨年は、本拠を三条大橋から京都御所の北へと移し、多くの皆様に、篠笛そして祭に関して様々なお願いとご相談をさせて頂いた一年となりました。無謀にも近い話も幾つかございましたが、その意義を汲み取って頂くことができ、快諾、そして、良い助言をたくさん賜ることができました。

特に祭の社会的意義における「神事」と「神賑行事」の関係性について新たな知見を得たこと、そして「邦楽調(唄用)の篠笛」と「洋楽調(ドレミ)の笛」の違いを、何人かの篠笛奏者の皆様、楽器店の皆様にご理解いただくことができたことは、大きな成果でした。

今年も忙しい一年になりそうですが、高いモチベーションを保つことができるのは、同じ志を持つ仲間の活躍、篠笛の門下生の皆さんの笑顔、演奏会・講演会に足を運んでくださる皆様の存在があるからこそです。

皆様への感謝の気持ちを忘れずに、今年も「祭」「篠笛」を切り口に、日本文化のため、そして未来の若者たち、子供たちのために、責任感と緊張感、そしてスピード感をもって、仕事を進めて参りたいと存じます。

本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

篠笛文化研究社 代表
玲月流初代 篠笛奏者
森田玲

------------------------------------------------------------------------------------------------

以下、岸和田店のご挨拶です。
2019書き初め兎kisiwada
あけましておめでとうございます。

今年は昨年以上に「岸極ーきしのきわみー」の在庫数を充実させて参りたいと思っております。また、ご好評いただきました、飾り房の番号による特注も継続いたします。

1月6日(日)10時からの営業となります。

本年もよろしくお願い申しあげます。

民の謡(篠笛文化研究社・岸和田店)代表
森田玲