8-1  何歳から笛を始めることができますか?

個人差はありますが、七本調子の笛を使った場合、小学校三年生くらいから始めることができます。もちろん、小学生に入る前でも音を鳴らすことができますので、興味を持って遊び感覚で篠笛に親しむ分には何歳であっても歓迎されます。三年生くらいになると、口の形を自分で工夫することができるようになり、指孔もしっかり押さえることができます。


 8-2  漆にかぶれました。

体質によって希に漆にかぶれてしまう人がいます。特に新しい笛の場合は漆が落ち着いていないため、かぶれやすくなっています。科学的根拠は曖昧ですが、笛の管内に米糠(こめぬか)詰めて、笛全体が米糠に埋もれるようにした状態で1,2週間ほど放置して漆を抜くという方法が知られています。いずれにしても、漆の成分を抜くことが肝要です。それでもかぶれてしまう場合にはカシュー塗りの笛への持ち替えを検討しましょう。


 8-3  持っている笛と同じものを特注できますか?

見本の笛があれば、同じ音程・音階の笛を製作することができます。まったく同じ音色を表現することは難しいですが、おおよその音色の傾向を反映させることはできます。装飾を同じくする必要がある場合は、ほかの笛師を紹介させていただくこともございます。