5月20日は京都・雲龍院での玲月流篠笛「奉納演奏-発表会」。過去最高の人数、多くの皆様にお越しいただくことができました。篠笛を始めて5年以上の方から半年の方まで様々ですが、とても良い経験になったと思います。玲月流の篠笛は「透明で美しく清らかな音色」「鼓膜に響く指打ち音」を大切にしています。とても良い会になったと思います。ご参拝の皆さま、雲龍院さま、ありがとうございましたm(_ _)m
60344278_2203615623064170_671555872312262656_n
本堂で般若心経の読経と御焼香の後、門下生の皆さんは「桜」と「篠楽- ささら-」、私は「月」と「カミあそび」を奏楽奉納させていただきました。演奏中、心地良い風が境内をわたって篠笛の音が境内に響きわたりました。
60566831_2203628959729503_670048523474960384_o
61035266_2203628473062885_7648761417536897024_o
60804763_2203628543062878_6965280899239772160_o

奉納演奏に続いて、美しい日本庭園を背景に門下生の発表会と私の篠笛演奏。お庭から返って来るほのかな篠笛の響きが心地良く、お客様と一緒に楽しいひとときを過ごすことができました。

篠笛は山や海など完全な自然の中ではその力を十分に発揮できません。半自然・半人工の環境、例えば今回のようなお庭を望む座敷、神社の神楽殿、祭の屋台などでは、しっかりとした吹き応えを感じながら、自然な響きの中で篠笛を吹くことができます。雲龍院での演奏は、篠笛の演奏にとって理想的な環境です。
60889350_2203711916387874_6798925700490330112_o
61322692_2203711686387897_6860471233222279168_o
61223677_2203710836387982_8904291739544584192_o
61091641_2203711016387964_2846139591423950848_o
61020381_2203711146387951_7023025957145411584_o
来年も演奏の予定です!

今年も良い会となりました。桜も少しずつですが成長しております。ご参拝の皆さま、雲龍院さま、ありがとうございましたm(_ _)m
60965109_2203766279715771_5531909205709029376_o
 
写真は、私のプロモーションビデオ・ひね博、その他でお世話になっているミヤシタデザイン事務所さんにお願いいたしました。


懇親会+講評
60912657_2199595433466189_7030828362239049728_o


おまけ
60893735_2202830779809321_3039233783384506368_n
森田桜<五歳>~六の音