先日、祇園祭で台湾の民俗学者・林承緯先生にお会いし『日本の祭 ー 魂と美の再発見』を賜りましたm(_ _)m 全カラーで美しい写真と中国語での解説。中国語圏の人にも日本の文化を知っていただける絶好の機会ですね。
67943501_2330450520380679_1250386102238314496_n
拙著『日本の祭と神賑』創元社も参考文献にあげて頂いておりますm(_ _)m 中国語の文書で「神賑」の文字が印刷されたのは初めてではないでしょうか(おそらく「神賑」は日本で作られた単語)。


台湾には日本の統治時代以降にも、その時代を懐かしみ日本の鳳輦型神輿を基にした神輿を新調したりしているようです。戦中には大坂型の地車(だんじり)も曳行されました。機会を見て林先生とじっくりお話をしたいと思いました。