続・ひねもす博覧会~淡路之段~
hinehaku02-1
hinehaku02-2
続・ひねもす博覧会~淡路之段~
令和2年3月14日(土)・15日(日)10時~18時
入場料500円(学生無料)
会場:淡路島・洲本市文化体育館(二階・会議室2C)

主催:だんじり彫刻研究会(岸和田市本町7-19)
電話 072(438)1068

★だんじり彫刻VR(バーチャルリアリティ)体験!
★彫刻の下絵なぞり描き体験!
★彫刻展示・講演会!
★『図説だんじり彫刻の魅力』『図録』販売!

淡路島の全島に広がる「だんじり(太鼓台)」。そこには軍記物を中心とした繊細で躍動感あふれる彫物が施されています。数々の彫物を刻んだ彫刻師がかつては淡路で暮らしていました。今、その淡路彫の魂は、大阪の泉州・岸和田の彫刻師に受け継がれ、「だんじり(地車)」を中心に、神話から軍記物、花鳥風月に至るまであらゆる題材を自在に彫り仕上げています。彼らは岸和田彫刻の源流の一つは淡路であることを覚えています。一方、淡路では多くの彫刻師が活躍した時代の記憶は失われつつあります。今回の展示会は、昨年、岸和田で大盛況であった「彫物ひねもす博覧会」の第二弾です。淡路の風景を撮り続ける地元の写真家、岸和田城下町で鑿を振るう彫刻師、そして地車や太鼓台の神賑行事に造詣の深い篠笛奏者が、淡路で育まれた「ダンジリ彫刻」の魅力をお届けいたします。

主な出展作品はチラシ(PDF)をご覧ください
http://shinobue.blog.jp/hinehaku02.pdf 

講演会の予定(両日とも)
11時 ダンジリ(太鼓台・地車)のルーツと伝播〔森田玲〕
14時 彫師が語る「だんじり彫刻の魅力」〔河合賢申〕
16時 「凱旋・淡路彫!~よみがえる彫師の記憶」〔平田雅路・河合賢申・森田玲〕

YouTube 特別映像「彫刻・国生みができるまで」→ https://youtu.be/f6oiVZwxkso