12月24日は毎年恒例の伊勢大神楽の総舞(増田神社・三重県桑名市太夫)。今年も清らかな笛の音に包まれて良い一日を過ごすことができました。写真は終局の演目、お獅子の花魁道中「魁曲(ランギョク)」。ヤートコセの伊勢音頭の道中歌を唱和します。20年前は冒頭の囃子詞で歌が終わることもありましたが、近年は若者の活躍がめざましく「六軒茶屋まで送りましょ」の歌詞から最後まで獅子が舞って歌われます。
80268623_2615552211870507_3027679462364807168_o
81358610_2615145468577848_6179118488968232960_o
東京の篠笛教室の皆さんも参加。ホールではない現場の祭の笛の音を体感してもらえて良かったです。明日からそれぞれの笛の音も変わることでしょう。伊勢大神楽講社の皆様、山本勘太夫さんはじめ関係者の皆様、お世話になりました。
80585908_2615581938534201_4156357822205919232_o
0歳の時は訳もわからず、3歳の時はお獅子に噛まれて大泣きしていた桜も6歳となりました…お獅子が桜の成長を見守ってくれているような…今日はそのようにも感じました^_^ 
81455950_2615519405207121_1789278427711275008_o
講社長の山本源太夫さんに篠笛の寸法の出し方をご説明いただきました。僕が以前、先代の山本勘太夫さんにお聞きした方法は均等孔でしたが、今回は少しずつ孔の間隔が詰まっていくパタンで、雅楽の笛に準じた古典調に近いものでした。いずれにしても、ほとんどの道具を自作される技術力にはいつも驚かされます
80396555_2612665542159174_8376212196102766592_o

10年前に書いた伊勢大神楽の音曲に関する論文(http://www.taminouta.com/img/PDF/ise-daikagura-morita-akira.pdf)。僕には珍しい査読付きです。当時は録音や録画が手軽ではなく、また、若い継承者の人数が少なかったこともあって結構苦労しました。今ならもう少し精度をもっと上げることはできますが、分析結果と考察の内容は今も変わらないと思います。

伊勢大神楽はおよそ16演目に大別されますが、一つの演目に一つの音曲が対応しているわけではなく、幾つもの音曲の組み合わせで一演目が構成されます。そして、ある旋律にはその出自となる演目があるのですが、その旋律は他の演目にも流用されます。流用の選択基準には(1)旋律が持つ意味(清める・起こす・回す等)、(2)旋律の雰囲気(追い立てる・落ち着かせる等)の2パターンがあります。

伊勢大神楽の音曲には各地の古い時代の流行歌や芸能の要素が保存活用されている可能性が高く、伊勢大神楽の音曲や芸態から、他の分野の芸能に関することがわかるかもしれません。


勢大神楽の詳細は伊勢大神楽講社のYouTubeチャンネル是非ご覧ください!そこに求めていた「日本」があります。
https://www.youtube.com/channel/UCrwvf2XYVCEZdykEIFPiPJg

撮影・編集のデザイン事務所さんには、うちのPR動画も担当いただいております→ https://www.youtube.com/channel/UCxoyQPuDoZ9SURf0H7QEupQ