昨年の秋にご注文いただいていた特注の篠笛が完成しました!

四日市(三重県)は諏訪神社の四日市祭で、南浜田の獅子舞で使われる篠笛です。
IMGP7471

今回は籐巻きの作業がなく、また音階が独特のため指孔の当たりをつけることが難しいため、私、森田玲の出番はなく、弊社、篠笛文化研究社の笛師・森田香織が最初から最後まで担当。
IMGP7477
私も製作工程の随所で吹き比べて確認。見本の笛と寸分違わぬ響きに仕上がりました(ほんのわずかですが、隠し味を入れて、吹きやすく、音の響きが増すように工夫を凝らしました)。

うちの標準の笛は素竹ですが、今回は表面もすべて漆塗。漆黒になるまで、何度も塗り重ねては磨く作業を繰り返しますので、少し時間がかかりました。

お嬢さまへのプレゼントの笛のため何か管頭に飾りを、とのご依頼を受け、飾り金具を埋め込みました。

「京師ーみやこー」の注文が入るともちろん嬉しいですが、やはり地元の笛の特注品で喜んでいただけた時に、笛屋をやっていてよかったと実感します。

良い笛の音が受け継がれていくことを願っておりますm(_ _)m