篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」の歴史・文化

篠笛の材は竹。竹は竹でも、美味な孟宗竹(18世紀ごろ中国から移植)や、尺八の材料である太い真竹とは異なり、程よく細い「女竹(めだけ)」が篠笛の材となります。

「竹取物語」の主人公・かぐや姫が生まれたのもこの女竹。

女竹は寒い地域を除いて全国的に見られる一般的な竹ですが、女竹を商業ベースで利用している地域は、九州の大分や熊本、そして関東の千葉などに限られます。

篠笛文化研究社では九州と千葉の竹の両方を利用していますが、今回は、いつもお世話になっている竹材屋さんにご挨拶のため、千葉は房総半島に行って参りました。
房総00

房総半島の南端に近付くと、川沿いを中心に竹が群衆しています!
房総01
女竹の別名は「川竹(かわたけ)」。川沿いを好んで生えるためです。

女竹の特徴は一節が長いことですが、それでも篠笛(六本調子~八本調子)になり得る長さのもの(長くても太すぎるとダメ)は一竿に一節か二節。

美しい青竹と黄色の皮(稈鞘 かんしょう)とのコントラストが美しいですね。

植物学的には正確ではなりませんが、成長しても皮が付いたままのものが「笹」、成長すると皮が落ちてしまうものが「竹」と分類されることがあります。

今回は成田まで飛行機。そこからレンタカーで移動いたしました。
房総07
緑が豊富で、成田の駅前から房総半島までコオロギをはじめ秋の虫の声でいっぱい。
京都で聞くそれの10倍の音量と言っても言い過ぎではございません。

二次林でしょうか?CTスキャンのように断面が確認できました・・・農学部卒ですが、この辺りの眼力が弱く申し訳ございません・・・ 

急ぎ足ですが、「成田山・新勝寺」「鹿島神宮」「香取神宮」「佐原」にも参りました。
房総02
↑成田さんの門前町
房総03
↑鹿島神宮の御手洗池
房総04
↑左・鹿島神宮の要石 右・香取神宮の要石
房総05
↑佐原囃子で有名な佐原の町並み

また、一日遅れでの到着となりましたが、上総一宮・玉前神社に関連する十二社の神輿が浜降りする釣ヶ崎のお旅所にも参りました。
房総08
浜に打ち上げられた「寄り物」の数々。これについては、また別記事で詳述いたします。

房総06
ウミガメも産卵に参るようです。

今回は香織さんと二人での移動。女竹に関しては彼女の方が判っているので助かりました。

篠笛は、祭を出自として、江戸期に歌舞伎の世界に採り入れられ、明治以降は篠笛単独の演奏会も催され、現在では様々な分野で演奏されています。篠笛に対する想いは、地域や流派、個人によって様々。

どの先生(団体)から習うかによって、演奏する曲目や奏法などが大きく異なりますので、はじめて篠笛を始める方は迷われるかと思います。

ここでは、玲月流(篠笛文化研究社)の方向性をお伝えします。

新刊『日本の音 篠笛事始め』の「はじめに」で詳しく述べていますので、以下に本文を引用いたします。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m。

----------------------------------------------------------------
はじめに 森田玲『日本の音 篠笛事始め』より
----------------------------------------------------------------

笛たいこ はやしの中の神祭(かみまつり)   とっぱ日よりを祈る一むら 村社笛太鼓
                        
  皆さんの地元にはお祭はありますか。この歌は、江戸時代の狂歌師、唐衣橘洲<からころもきっしゅう>が詠んだ歌です。「囃子」と「林」(鎮守の杜<もり>)、「とっぱひより」(笛の音ヒャラリ)と「日和」(晴天)を掛詞として、祭の風景と人々の心を巧みに表現しています。「村の鎮守の神様の今日はめでたい御祭日~どんどんひゃらら」と歌われる有名な学校唱歌「村祭」の原形のようでもあり、郷愁を誘います。

 ピーヒャラ・ドンドン、篠笛は、太鼓とともに我々日本人に最も馴染みのある楽器です。ヒョーと響き遠音のさす透明な音色と、ピロピロと鼓膜に響く指打ち音は、世代を越えて共有される日本の音と言えるでしょう。

 篠笛は、竹に孔を開けただけの簡単な構造の横笛ですが、多様な表現に応え、祭囃子をはじめ様々な歌舞の音曲に用いられます。明治以降は、篠笛そのものを主役とする演奏会も多く催されるようになりました。

 私の篠笛の原点は、地元の祭で聴いた笛の遠音です。大学時代に他地域の祭や舞台で奏でられる篠笛を知り、その音色に改めて惹き付けられるようになりました。その後、笛屋の店主として多くのお客様と会話を交わし、また、篠笛奏者として舞台に立ちながら、二十年にわたって篠笛教室で指導を重ねて参りました。本書は、これらの活動の中で培った、私の試行錯誤の集大成です。

 篠笛は他の楽器と比べて、特に難しいものではありませんが、やはり闇雲に吹き続けるだけでは、良い笛の音は出ません。本書では、篠笛に初めて触れる人でも迷わず学べるように、基本中の基本から、図表を用いて詳しく解説しました。また、経験者に役立つ情報も多く盛り込んでいます。

序章 篠笛らしい音を目指して
 まずは、どの曲を吹く時にも心がけたい「篠笛らしい音色とは何か」について確認します。

第一章 奏楽の基本 音を出す 
 次に、音の出し方、笛の構え方など篠笛の基本を学びます。吹かれる場面や流派によって考え方は異なりますが、本書では、祭囃子の雰囲気を残しつつ、舞台での表現に耐え得る実践力の習得を目指します。

第二章 篠笛楽譜 曲を奏でる  
 いよいよ、曲の練習に入ります。我々日本人に馴染みの深い「わらべ歌」や「古曲」、また「祭囃子」の幾つかを採り上げます。江戸時代やそれ以前にまで遡ることができる「日本の音」に親しみながら、篠笛の音色と指運びを習得しましょう。音曲をより深く味わうことができるように、曲ごとに、その歴史や背景を概説しました。

 明治以降、たくさんの篠笛の教本が出版されてきました。その中には、洋楽や現代曲を扱うものも少なくはありませんが、「篠笛本来の魅力に触れることができない」という理由から、本書では、そのような曲は採用していません。いつの時代であっても親しみを感じることができる日本の曲を通して、篠笛の響きを味わいたいと思います。

 楽譜は誰でも簡単に読むことができる数字譜を用いており、音楽経験のない人でも容易に指運びを理解することができます(逆に楽器経験のないことが素直な篠笛の表現に有利に働くこともあります)。ただし、楽譜は補助的なものです。目で数字を追うよりも、手本となる演奏をよく観察し、別売CDなども活用しながら音をしっかりと聴き込み、「真似る」ことが大切です。

第三章 篠笛を識<し>る 歴史と科学
 ここでは、篠笛をはじめ日本の横笛の歴史と、篠笛の構造や発音の原理、日本の音律(十二律)について学びます。楽器の歴史や理論を知ることで、自信を持って様々な音曲を演奏できるようになるはずです。

 篠笛は、持続音を用いて旋律を奏でることができる楽器です。歌はちょっと苦手という人も、篠笛でなら無理なく音曲を奏でることができます。清らかで透明な響きは、聴き手はもちろん吹き手自身の魂をも心地良く揺らします。篠笛を通して、様々な日本文化に触れる楽しさ、そして、長く尊い歴史を持つ、この篠笛を吹く喜びを、皆さんと共有できれば嬉しく存じます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上です。

篠笛を始めてみよう!と思われた方は、是非、見学・体験などにお越しください。
教室は京都・大阪・東京・福岡にございますm(_ _)m
篠笛教室のご案内
002
森田玲『日本の音 篠笛事始め』→詳細

↑このページのトップヘ