篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」の歴史・文化

3月3日はご案内をいただいていた「第13回 和歌山県 民俗芸能祭」に参りました。和歌山県下の芸能の見聞が少なかったので色々と勉強になりました。獅子舞の数も多く、笛は地元の手作りが多いという印象があります。黒潮による温暖な気候のため(確か珊瑚もありました)節間の長い女竹が育つからかもしれません。時折、古座や勝浦辺りから笛の特注をいただきます。
52997041_2085165041575896_6183626314843422720_o
今回の解説にもありましたが、伊勢大神楽の影響を受けていると言われることがありますが、音曲に関しては、伊勢大神楽と共通する旋律にまだ出会ったことがございません。今日は、むしろ、椿大神社や伊奈冨神社などの四山の獅子舞に似たような雰囲気を感じた瞬間がありました。伊勢大神楽との共通点としては、聖獣である獅子が手に採物を採る採物舞を行ないます。

53075029_2085165081575892_7379913829360074752_o
53063628_2085165098242557_539908360116371456_o

獅子の舞衣(ユタン)の中に3人が入るパタンが多くびっくりしました。2人よりも派手な表現を可能とするためでしょう。

それにしても、2人立ちになった時の聖獣の獅子の動きの表現は本当に素晴らしいですね。こちらは演目の中でも頻度が高いこともあり伊勢大神楽よりもこなれていると感じました。

念仏踊り、盆踊り系の芸能も美しかったっです。

出演団体は以下の通りです。

・梅中傘踊り(紀美野町)
・亀の川念仏踊り(海南市)
・西岩代の獅子舞(みなべ町)
・野中の獅子舞(田辺市)
・高芝の獅子舞(那智勝浦町)

52999946_2085165064909227_6311105410954690560_o


個人的にはとても勉強になったのですが、2つだけ気になったこと。

まず、お客さんの人数が少なすぎます。おそらく出演者の関係者がほとんどではないでしょうか?
各演目の前にわかりやすい解説はあったのですが、これらを総括するような講演(歴史や課題など)を後半にくっつけて、より多くの皆様にお越しいただけるようにできるのではないかと感じました。

あとは、お馴染み篠笛ネタですが、篠笛にマイクはいりません。
ホールということもあり、歌に関しては、言葉が聞き取れないと意味がないので補助的に使うことは選択肢に入りますが、篠笛は、それ自体が拡声器みたいなものです。今日は、マイクの音が大き過ぎて耳が痛くなりました。

とは言え、味わい深い和歌山県内の芸能を楽しむことができて良かったです。

保育園もドレミのお遊戯ではなく、このような土着の芸能を少し範囲を広げて導入する(東北の芸能を関西で教えるとかではなく)ようなことが検討されても良いかと思っています。特に、継承が限界にきているような芸能の新たな避難措置にもなるかもしれません。地元の芸能は地元のものですので協議は必要ですが。

民俗芸能の太鼓の打ち方と創作太鼓の太鼓の打ち方について、少し思ったことがあるので、それは別記事でアップします。

日曜日に鼓屋で開催のワークショップ型交流会「笛と太鼓は恋人」大盛況でした!
IMGP6998
こんなに楽しかった企画は、これまでの篠笛人生を思い返しても中々思い浮かびません。
 
篠笛奏者の私が太鼓についても語り、太鼓奏者の植木くんが篠笛についても語る。この相乗効果は予想以上でした。
 
◆第一部◆️笛と太鼓のワークショップ
 
篠笛と太鼓のワークショップは2班に分かれての入れ替え制。初心者と経験者に分かれていただきました。
IMGP7039
皆さんご自身の笛をお持ちいただいておりましたが、多くはドレミの笛でしたので、また、銘が異なると息の込め方が多少違ってくるので、学校教材用プラスチック製篠笛「篠音-しののね-」でお稽古を開始!
 
初心者の方は、勢いで甲音(高い音)まで何とか到達!経験者の方は、一旦、今までの経験を横に置いていただいて、以下の二点を重点的に調整しました。
 
(1)左手の親指の位置
 
何かの舞台やネットを見てのことだと思いますが、ほとんどの方は左手の親指を大きく開いて笛を口に押し付けるようにして構えていました。「なぜ親指を開いているのですか?」という質問に対してその意義を答えられる人がいなかったので遠慮なく強制^_^
 
左手親指を広げすぎると、多用する左手人差指の指打ちの衝撃を受けることができません。笛は右手の小指と親指と唇の三点で軽く固定し、左手親指は、人差指の真下かわずかに歌口側へ配して下唇への笛の辺り具合の微調整に使います。この方法を経験していただきました。音量と響きが増しました\(^o^)/
 
(2)甲音(高音)
 
教本によっては、ホースの先を強く締める水の勢いが増すことに喩えて、口に力を入れて吹くという説明がなされていますが、これだと、音が固くなって、また、呂音(低音)に戻すことが難しくなります。玲月流では、裏声を出す感覚で、喉の中での音を響かせる位置を変えることによって甲音を出します。これを体感していただきました。こちらの方法も初めての方がほとんどで、喜んでいただけたようです^_^
52889928_550858432068632_6558827596895748096_n
太鼓のワークショップは、手数ではなく、一音一音を大切にする打ち方を体験されたとのこと。笛も太鼓も音色が第一です。
 
◆第二部◆演奏と講演・座談会
 
植木くんの太鼓と合わせたのは十ヶ月振り。リハなしでの演奏は緊張感が半端でなかったですが、やはり植木君の太鼓との演奏は楽しいです。笛の音が独奏の時以上にほとばしりました。
IMGP7058
僕が作曲した「序の笛」「カミあそび」「月に桜」を演奏。うちの門下生の皆さんも、僕が太鼓と一緒に演奏することころを見たことがない人も沢山いたので、喜んでもらえたようです。
 
要所で「伊勢大神楽」の「馬鹿囃子」などの古典曲も吹きました。
 
講演の部では、植木くんは太鼓の種類について、熱弁。僕が篠笛の分類について。特に、太鼓グループでドレミの笛を持っていらっしゃる方が多く、また、ドレミの笛を間違って「唄用」と思っている人も沢山いましたので、除霊の祝詞を奏上!以下の分類表をお配りいたしました!
 
続いて、各地の祭の写真を写しながら、笛や太鼓、祭の在り方について、二人で弾丸のようなトークを繰り広げ、お客さんから、嵐のような返しがあって、大盛り上がり!会場一体火の玉となりました!
IMGP7079
ここまで13時から17時50分までほぼ5時間ぶっ通し。
  
まだまだ終わりません。
 
◆第三部◆茶話会
 
茶話会と銘打った第三部は18時から21時まで3時間。ご参加の皆さんからの質問が矢継ぎ早にあって、飛んできた矢を受け取ってはリボンを結びつけて射返すという高等テクニックを駆使して、笑いあり、涙ありの充実した時間を共有することができました^_^
 
本当に楽しく有意義な会でした!
 
全体を通し、篠笛にしろ太鼓にしろ、笛と太鼓を一旦おいて、あるいは、それを手にする前に議論すべきことがまったくなされていないという現実を再確認することになりました。篠笛も和太鼓も世界の中で日本だけにしかない民族楽器なのですから、それらが育まれた日本の文化を前提として、笛と太鼓に携わりたいものです。その方が、喜びも格別ですし、また、そうでないと、次の世代には先人たちの蓄積は何も伝わりません。
 
もったいない!
 
何でも入り口が大切。道を間違えると、到達すべき頂には絶対にたどり着きません。先達の責任は重大です。
 
我々二人も多くのことを学んだ一日でした。
 
ご参加の皆さん、お手伝いいただいた皆さん、本当にありがとうごあいました。
 
「笛と太鼓は恋人」第二段やります!
 
笛と太鼓の交換日記も続きます!
 

「笛と太鼓の交換日記 20」森田玲(篠笛)✕ 植木陽史(太鼓)。遂に20回目を迎えました!前回、植木さんが駆け出しの頃の路上ライブの写真をアップされていたので、僕も昔の写真を探してみました。15年前の写真です。「なにわ大賞」の特別賞を賜った時のものです。まだ20代。若い・・・というか、幼いですね。髪型は変わりません。
52546729_2033640176713164_5500871499990433792_o

交換日記はこちらのFacebookページから
→ 
https://www.facebook.com/shinobue.taiko/

本日2月1日と4日のアンコール放送NHK・Eテレ「にっぽんの芸能〜多彩なる笛の世界」、私の案通りに解説テロップが表示されました。一安心です・・・
51128919_2044177225674678_4108035295482478592_o
ただ、何度もお伝えしておりますように、今回のテロップ内容にも間違いが含まれております。「ドレミの笛はうた用ではございません」さりながら、今回は、何とかこれで応急処置でございます。


ドレミの笛に関する論議の詳細は、篠笛フォーラムの記事をご覧ください→ https://shinobue2.wixsite.com/…/bai-yong-bang-le-diao-xiao-…

年末から「ドレミの笛は篠笛ではない」という方向で考えておりましたが、解釈の仕方によっては、具体的には近代以降の日本音楽史の文脈に乗せることで、「ドレミの笛も篠笛と言えなくはない」ような気もしてまいりましたが、まだ保留です。

いずれにしましても、ドレミの笛は無縁仏というか怨霊というか、変な時代に変なスペックで創造され、名前はバラバラ、僕には篠笛ではないと言われる始末で、なんか、可哀想な楽器です。

このまま名無しの権兵衛だと、必ずや我がにっぽん国に災いをもたらします。

そろそろドレミ笛に名前を付けないといけません。

「洋楽調(ドレミ)の篠笛」という名前が一番わかりやすいように思われますが、このアプローチだと、ドレミの笛は篠笛と呼べないという結論に達します。

詳しくは
→ https://shinobue2.wixsite.com/…/bai-yong-bang-le-diao-xiao-…

さてどうしたものか・・・

ー・ー・ー・ーー・ーー・ー

「ドレミの横笛」を辞書的に表記すると「西洋音楽および西洋音楽に基づいた現代音楽を吹奏するために西洋12平均律を用いて調律された竹製の横笛。見た目は日本の伝統的な民族楽器である篠笛を模す」となります。
 
これは果たして篠笛なのか?小学生に尋ねて見たい・・・
 
フルートは木管楽器に分類されます。というもの元々は木製だったからです。現在は金属が主流。ですから、フルートは材質に対しては寛容と言えます。

となると、「ドレミの横笛」は「篠笛」というよりも「昭和時代に日本人が作った竹製のフルート」という表現の方がしっくりきます。

それゆえ、僕は「ドレミの横笛」を「篠笛風洋楽調横笛(竹製フルート)」と表現してみました。

この解釈に異論を挟む余地はございません。

しかしながら、何とかして「ドレミの笛」を「日本の篠笛の仲間」に入れることはできないか知恵を絞っています。

これは、ドレミ奏者のためではなく、可哀想なドレミの笛という楽器のためでございますm(_ _)m



昨日は京都芸術センターのへ。シンポジウム・公演「変わりゆく伝統芸能」に参りました。定員の120名は満席で、あっという間の三時間でした。
1
僕は基本的には都市祭礼型の祭の見聞が多いので、舞や踊りといった類の芸能に疎く、保存会など担い手の組織が小規模の祭の人たちの想いというか思考を、少しでも感じたいというのが第一の目的で参りました。
 
東京鹿踊(小岩秀太郎)
備中神楽(清水賢二郎)
讃岐獅子舞(十川みつる)
祇園綾傘鉾(原田一樹)
 
俵木悟(成城大学教授)
小林昌廣(情報科学芸術大学大学院教授)

2

「伝統」という言葉がはらんでいる「変えてはいけない」という意識と向き合いながら、伝統芸能を現代に生きたかたちで引き継ぐことは、どのようにして可能なのか?というのがテーマで、参加されている皆さん、氏子という範疇を越えに越えて様々な活動をしている方たち。という事前情報を得ていました。
 
僕の周りでは、祭の本来の役割や歴史性を無視して、自分個人のアイデンティティのため、あるいは単に目立ちたいがため、あるいはお金儲けのために祭を利用している人も少なくないので、多少、疑心暗鬼的な気持ちで参ったのですが、果たしてそれは良い意味で大きく裏切られました。
 
個々の事例の紹介をここに記す余裕はありませんが、皆さん、外部に向けるパワーと同じかそれ以上に、自分たちの祭の歴史や社会的意義に対する探求に時間とお金とエネルギーをそそいでおられました。
 
「革新的な保守」と申しましょうか、皆さん「本物の祭バカ」でした。愛を感じました。
 
そして「神賑(かみにぎわい)」という言葉こそ使われてはいませんでしたが、それぞれの祭において、「神事」と「神賑行事」とを明確に意識されており、そのバランスが大切だということは、いちいち指摘されなくて常識レベルという感じでした。
 
このあたりの基本が押さえられていさえすれば、民俗芸能の可能性は無限大で「祭が日本が救うよマジで!」とさえ一瞬ですが思ってしまいました。

3
4
5
6
懇親会でも楽しいひとときを過ごさせていただき、様々な意見交換ができて良かったです。
 
拙著『日本の祭と神賑』を読んでくださっていた研究者の方も何人かいらして、今回の出演者の一人の方は、高校生の時に僕の『篠笛事始め』(旧バージョン)を通販でお求めいただいていたようで、嬉しいと同時に、本を出版する責任も改めて痛感。
 
一番の収穫は、久しぶりにドレミ教に入信されていない音楽研究者の方とお話できたこと。
 
「祭の現場でドレミの笛が広まりつつあるが大丈夫なのか?」
 
「オクターブ云々という笛師の方が多いがどうなのか?」
 
「ドレミの笛やのに田楽笛って命名はどういことなの?」
 
といった質問を矢継ぎ早に放ってくださいました。
 
その質問が核心を得ているだけに、受け取るのは簡単で、リボンを付けて放ち返し、とても心地良い篠笛談義となりました。
 
凄いよ!京都芸術センター!アートだけじゃないぜ!
 
凄いぞタロー!もとい、タロだそうです。
 
スタッフの皆さまもお疲れ様でした^_^
 
そろそろ京都に文化庁が移転してきますが、土地柄、京都色のグラサンを通して全国の文化をみることだけはあってはなりません。とは思いつつ、今日のシンポジウムは京都でしたが、どうやら、そうはならないかなという気がした一日でした。
 
良い誕生日プレゼントとなりました。
 
帰りが遅かったし、もう寝てるかなと思って、保険でコンビニでお菓子を買って帰りましたら、ありがたくも、桜と香織さんがケーキを買って待っていてくれました。
 
ワシ「サンキュ!」
桜「サンキュちゃうやろ!ありがとうや!」
 
m(_ _)m

↑このページのトップヘ