篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」の歴史・文化

NHKにっぽんの芸能「多彩なる笛の世界」実家で録画してもらっていたものを確認。筆舌に尽くしがたい最悪の内容でした・・・(個々には良い演奏もありましたが)。随所にドレミの話が挿入され、雅楽の笛の実演の倍以上の時間、能の笛方の人が口に何本もの笛を加えて謎の曲を演奏するという珍芸・・・これには、呆れるというより笑い転げてしまいました。
39760652_1821211817971221_6641696688769597440_n

私が最も注目していたのは篠笛がどのように紹介されるか・・・その中で懸念事項が現実のものになりました。放送事故レベルの内容です。

「ドレミの笛」がテロップ入りで「唄用の篠笛」と紹介されています。私は何度も指摘しておりますが、「唄用の篠笛」は現行の「ドレミの笛」の登場以前から存在する、主として近世邦楽のための調律笛、すなわち「日本の音階の篠笛」です。

番組の表記に従えば、「唄用」の篠笛を演奏しまくっている私は「ドレミの笛」を演奏していることになります。もしかしたら、そのような誤解を既にに受けている可能性があります・・・何と恐ろしいことでしょう。

隣に三味線音楽の方も座っていらっしゃたのに、何故、指摘しなかったのでしょう。生放送でないので可能なはず。「唄用」の笛は三味線音楽の中から出てきた仕様の篠笛なのに、悔やまれます。

現在、篠笛はおおよそ以下の三種類に大別することができます。

・古典調の篠笛(雅楽の音階に準じる)
・均等孔の篠笛
・邦楽調(唄用)の篠笛(近世邦楽との親和性が高い)

「ドレミの笛」は、西洋の12平均律を目指して竹に孔をあけたもので、孔の位置もいびつで、指が届きにくく、私は、「ドレミの笛」は篠笛の範疇ではなく、「日本人が作ったなんちゃって西洋楽器」と捉えた方が良いと思っています。

この10年くらでしょうか、「ドレミの笛」の奏者や楽器店などで「ドレミの笛」のことを「唄用」と表記するようになっています。現在、90%以上の方は「ドレミ=唄用」と思っているのではないでしょうか?現に、私の篠笛教室に初めて来られる方で、「唄用=ドレミ」と思っていましたという方が少なくありません。

番組中、「ドレミの笛」と「明笛(清笛)」を吹き比べて紹介する場面がありました。「明笛」の音を吹いて後、「ドレミの笛(番組では唄用の笛と誤表記)」をドレミファソラシド♪と吹いてみて、司会者の方が「(ドレミの音階を聴くと)安心しますね!」という始末・・「にっぽんの芸能」の番組らしからぬ発言です。

ちなみに、ここで吹かれた「明笛(清笛)」は、歌口と指孔との間にもう一つ響孔があいていて、そこに黒竹の内側から採った竹の薄皮を竹紙(ちくし)を舌で湿らせて響孔に貼り付けて演奏します。本来は、「ビィー」という独特の魅力的な音をともなって旋律を奏でることができます。ところが、番組中では、響孔を完全にふさいでおり、まったく「明笛」の音が出ていません。「唐津くんち」の祭囃子を吹いていましたが、私が現地で聞いた祭囃子とはまったく異なる雰囲気に感じました。

これでは、「明笛」は、単に「ドレミの笛」を引き立てるためだけに用いられたことになります。

とにかく、和楽器を紹介する時に、いちいちドレミを出してくるのはいかがなものか?番組中、篠笛に限らず、ドレミ基準で話が進むことに違和感を感じました。これは、日本語をローマ字表記し、そこからまた日本語に直すようなもので、まったく意味が無いばかりか、オリジナルの情報が劣化していしまいます。

ドレミの笛の拡大の温床は、ドレミの笛の奏者、和太鼓グループ、阿波踊り…

ドレミの笛の演奏の是非はさておき、既存の唄用という名称がドレミの笛の奏者によって奪い取られることだけは絶対に避けねばなりません。

はじめて笛を手にする皆さんは判らないのは当然ですので、演奏家、楽器店は責任をもって正しい情報を伝えるべきです。

これは、ドレミの笛、ドレミの曲の是非の問題とは別次元の問題です。一つの楽器名が、それも和楽器の名称が、日本人の手によって、なんちゃって洋楽器の名前にすり替わっていくという、日本文化にとっての問題です。

今の仕事が一段落つきましたら、実践的な行動に移ります・・・

本日は大阪府の最南端、岬町は淡輪(たんのわ)の盆踊りへ!私が笛屋を始めてすぐ、今から20年ほど前からのお付き合い。当時は盆踊りで篠笛が使われているという事実にびっくりで、毎年お邪魔するようになりました。
37528104_454534985048796_4254455571031261184_n
京都に拠点を移してから少し足が遠のいておりましたが、今年は桜と一緒に参りました。太鼓と三味線に音頭が乗って笛の音が夜空に響きます^_^ 7年目ぶりくらいに香織さんと笛を吹きながら踊りました。とても素敵な盆踊りです!
39302025_454535005048794_3225889235252805632_n

ええ感じの味を出して太鼓を打つのは坂原くん。地元では七本調子・六孔・古典調の篠笛ですが、僕は七本調子・七孔・邦楽調(唄用)の篠笛で吹いているので少し運指が異なりますが、淡輪の盆踊り囃子をお届けします!


ヤグラでも篠笛を吹かせてもらいました。途中、良いシーンがあったので笛を置いて撮影!

39409259_454535041715457_6130527290565591040_o

父が打ち娘が吹きたるお盆の調べ
ヤグラを彩るカミの迎え火

先日、第一回「玲月流 篠笛 映像化プロジェクト」会議を行ないました!全社員出席の元、伊勢大神楽の映像なども手がける映像案内人の方をご紹介いただき特別チームを結成!秘密会議の後、京都観光もしたいという声なき声を感じ北野天満宮の御手洗祭へ!篠笛文化研究社の篠笛研究の蓄積、玲月流の目指す清らかで透明な音色、カミあそびの緊張感を音と映像でお伝えすべく…有意義な顔合わせの一日となりましたm(_ _)m
38902510_1803488076410262_7313171399084867584_o
北野天満宮の北野七夕祭では、御手洗川での足付け神事の後、北野文化研究所のM先生に境内、御土居などをご案内いただきましたm(_ _)m。先日、
38810903_1803487969743606_6254379140766498816_n
38876978_1803488046410265_701713483397332992_o
38813755_1803487976410272_1585104487142391808_o
弘道館での歌合せでご一緒させていただいた遠藤湖舟先生の写真空間「星河悠久」も開催中^_^。


本日結成の玲月流「篠笛」映像チームと共に夜の北野天満宮を堪能しました!

篠笛の古典曲は祭囃子。祭囃子は祭ごとに多様ですが比較的高音でピロピロとした指打ち音が特徴です。篠笛らしさ、を身に付けるためには祭囃子を吹くこと必須ですが、中々その機会に巡り合うことは難しいものです。
39281967_1134155910069935_6494119323261468672_o

なぜならば「祭囃子は誰のものか?」というのもことを考えると、「格好エエから」という理由で安易に吹くことははばかられるからです。祭囃子は、その祭の氏子・崇敬者のもの。

京都、大阪の篠笛教室では「阿波踊り」を、東京の篠笛教室では「阿波踊り」と「江戸囃子」を教えて欲しい、あるいは、教えるようになれば生徒さんが増えるのではというの助言を頂くことが多いのですが、上記のような理由で、現在のところ玲月流では、吹いたり教えたりすることができません。

「阿波踊り」も「江戸囃子」も、数ある祭囃子の中でも、私の琴線に触れる魅力的な旋律で、機会があれば吹いてみたいと思いますが…未だ、そのようなご縁に恵まれていないのです。

自身の演奏や教室の演目に採り入れるべく積極的に動けば、その機会を得ることは可能とは思いますが、そのようなアプローチは、以下のような私の祭囃子を演奏するにあたっての考え方に引っかかってしまいます。

「祭囃子は誰のものか?」という視点に立つと、その祭囃子を用いて、お金を稼がせていただくことになるのですから、可能な限り、私がその祭囃子を吹くことによって得られた成果やお金を、「地元」に還元する活動を続けなければならないと思っています。

玲月流の場合は、現在のところ「岸和田だんじり囃子」と「伊勢大神楽」がそれにあたります。それらの音曲を吹く時、教える時は、「自分が」ではなく「岸和田祭が」、「伊勢大神楽が」という思考に切り替わっています。そして未だ不十分ながら、何か恩返しができないか、貢献できることはないかということを考え続け、随時、実行に移しています。

以上、最近の「プラントハンター騒動(神戸クリスマスツリー・星の王子さま)」を見て、ふと思いました。

ましてや「岸和田だんじり囃子」や「伊勢大神楽」をコンテストの曲として扱うなど、私には中々思い付かない感覚です。

「江戸囃子」の分布やルーツなど、折を見て勉強したいと思います。「ドレミの笛」ではなく「古典調の篠笛」を吹いている「阿波踊り」の連があれば、是非ともお伺いしたいですm(_ _)m。

少し遅れましたが7月後半のご報告です。

大坂地車囃子
7月21日は、度々世話になっている今福北之町の夏祭へ。ヂキジン・ヂキジン・ヂキジン・コンコンの地車(だんじり)囃子に桜もハイテンション!国立民族学博物館・研究員の神野さんもご案内。
37416591_1772923149466755_6541720643371532288_n
大坂の地車(だんじり)に特有の龍踊り!地車が楽車と記された頃に地車の舞台で披露された芸能の系譜…ダンジリ囃子に乗せて恍惚の彼方へ!
37568788_1772929176132819_5655369299057967104_o
下鴨神社・みたらし祭
7月22日は、下鴨神社の「みたらし祭」!ひんやりとした御手洗池に足を漬けると身体に籠った熱が一気にクールダウン!ローソクを貰って池中の斎火を頂き水源の井上社に奉りますm(_ _)m 禊の習俗です。
37722800_1774427375982999_5917559438817886208_o
秩父神社・薗田稔宮司さま
7月24日は、秩父神社に参りました!拙著『日本の祭と神賑』創元社の書評を賜りました薗田稔宮司さま(京都大学名誉教授)にご挨拶。薗田先生の『祭りの現象学』弘文堂に記された「祭の概念図」の解釈と、それを元とした私の作図に問題がないかのご相談でしたm(_ _)m 示唆に富むお話を沢山賜り、2時間ほどの滞在でしたが、1年2単位分の講義を受講した気分です^_^ 元々写真が苦手な私ですが…緊張の余り顔が引きつっております(笑)
37691935_1777332012359202_713028269795966976_o
大塚竹管楽器~邦楽調(唄用)篠笛「雲雀~ひばり~」

夕刻、秩父から東京へ!夜は長いお付き合いになる大塚竹管楽器(獅子田)さんと打ち合わせ…新商品、邦楽調(唄用)篠笛「雲雀-ひばり-」のチラシが完成!

37685846_1777764122315991_6519553445278515200_o

こちらの笛は篠笛文化研究社「京師-みやこ-」と規格を合わせるべく私も協力させていただきましたm(_ _)m

なるべく古典調の篠笛の指孔の大きさや配置を保ちながら日本十二律に基づく音階を実現、自然な指運びでピロピロと鼓膜に響く指打ち音、そして獅子田に特徴的な歯切れの良さが魅力です。

雲雀対応商品として、玲月流初代 篠笛奏者・森田玲
教本『日本の音 篠笛事始め』CD「日本の音 篠笛」
も掲載いただいております!

「雲雀」は、篠笛文化研究社でもお取り扱いしております。どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

東京藝術大学
7月25日は、篠笛関連の資料の閲覧のため東京藝大へ…それにしても暑いです。
37726439_1778827285543008_564545155814653952_o
ダンジリの語源(法政大学)
夕刻は、ダンジリの語源を訪ねて法政大学の能楽研究所へ!
37790570_1778976828861387_405199060224442368_o
篠笛・東京(恵比寿)教室の交流会
夜は、玲月流・篠笛教室(東京・恵比須)の夜の部(水曜日)と朝の部(木曜日)の交流会でした!盛り上がりました!
37695366_1779283465497390_271697616805298176_o
渋谷・金王八幡さん
7月26日は、渋谷の金王八幡さんへお参りm(_ _)m 10時半から恵比須にて篠笛教室でした。
37761450_1780057885419948_3264057329712103424_o
福原流・笛方の福原寛さんと会食
夜は、福原流・笛方の福原寛さんと会食^_^ 篠笛の話と篠笛の話と篠笛の話で盛り上がりました!東京に参る楽しみが増えました^_^ 素敵なお店もご紹介いただきましたm(_ _)m
37851554_1780765838682486_6393160340237975552_o

怒濤の一週間でした。この次の日は始発の新幹線で京都に戻って篠笛こども教室です!

↑このページのトップヘ