篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」の歴史・文化

本日夜11時より、NHK・Eテレ「にっぽんの芸能〜多彩なる笛の世界」の再放送です(オリジナル放送の間違いを調整できたか…?)。
51365744_2038737156218685_6053914703321628672_o

昨年の夏、こちらの番組でドレミの笛=唄用の篠笛とテロップ入りで間違った名称が紹介されてしまいました(唄用の篠笛は日本音階の笛でドレミでの笛ではない)。

http://www4.nhk.or.jp/nippong…/x/2019-02-01/…/19944/2142355/

・2月1日(金) 午後11時〜
・2月4日(月) 正午〜

その時の僕の怒りと嘆きと悲しみは以下のブログの記事をご覧ください↓
http://shinobue.blog.jp/archives/11409751.html

音は無限に繋がっているのは「科学」、そして、そこからどのような音を選び採るのかは「文化」。

これに実感をもって共感してくれたのは、意外にも、和楽器奏者ではなく、民族音楽やクラシック音楽の方でした。フェイスブックに記した文書にも、この分野の方々から多くのコメント、シェアをいただきました。

---------------------------------------------------------------------------

昨年末、アンコール放送の情報が入りました。

僕は、これ以上、間違いが広まらないよう、NHKの制作部と協議を重ね、また、当事者である佐藤和哉さんの意向も踏まえながら、なんとか番組での篠笛の紹介のされ方を調整できないか方法を模索してきました。

結論から述べると、少しは誤解が少なくなるように調整はできましたが、間違った情報もそのまま流れてしまうことになりました(とは言え、大きな一歩の前進とはなりました)。

今回のアンコールで、完全に間違いが修正されていれば、今、ここに記しているような内容を投稿する必要はないのですが、「間違った内容を含んだままの放送」となりますので、ここに論点を記す次第です。

その前にお伝えしておかねばならないのは、今回、僕は、佐藤和哉さんを公開裁判みたいな形で、槍玉に上げてしまっていますが(ホンマにすみませんm(_ _)m)、責任の所在はどこにあるかと言うと、僕も含めて、今まで10年、20年、30年と、篠笛を吹いてきた人たち、楽器店が、間違った情報を訂正せずに(僕の場合は力が及ばず訂正できずに)、問題を放置してきた我々にあると思います。

佐藤和哉さんが篠笛を手にした時には、すでに「ドレミ=唄用」という誤認が正しいとされていたのです。本人は気付きようがありません(まあ彼の勉強不足も多少はありますが)。

以下、本題です。

◆オリジナルの放送

映像・ドレミの笛
テロップ・唄用の篠笛
発言・うたようのしのぶえ

◆アンコール放送(私の提案)

映像・ドレミの笛
テロップ・消去
発言・うたようのしのぶえ
説明テロップ・うた用の篠笛には元来の日本音階のものと西洋音階のものがあります

↑ 実際はどうなるのかわかりません

繰り返しますが、本来、もし完全に正しい情報に改められていれば、このような経緯を公表する必要はないのですが「映像と音声は編集できない」という条件で、テロップだけの勝負となっていまい「完全に正しくはないが、正しい情報と間違った情報を併記する」というギリギリの妥協案を考え出さざるを得ませんでした。

つまり、唄用は日本音階の笛なのですが、現在は、間違いであっても、ドレミの笛=唄用という認識が広まっている。そこで、ドレミも一時的に「うた用」(漢字は長唄からの引用なので平仮名で音表記)に含め「うた用の篠笛には元来の日本音階のものと西洋音階のものがあります」という表記を提案しました。

★繰り返しますが、この解説も間違いです。ドレミは唄用ではありません。

うた用に、日本音階と西洋音階の笛があるという間違いが広がる表記は絶対に避けたかったのです。

しかし、そうなると佐藤和哉さんの登場シーンを編集しまくらないといけません。僕個人的にはそれでも全然問題ないのですが、まあ大人の事情ってやつですT_T

(唄物、歌物などとややこしい表記も見られますが、「うたもの」という言葉は日本音楽の中で「かたりもの」と対比させて昔から使われている用語であり、何より「唄用」と誤認する名称、漢字ですので避けなければなりません。ビックリマンのロッテとロッチみたいな感じでややこしい。)

長々と述べましたが、今回の件は、NHKや佐藤和哉さんのだけの問題ではなく、篠笛を愛する我々全員の問題です。

NHKの制作部の方も佐藤和哉さんも寝耳に水の話を真剣にに聞いてくださり、感謝します。

佐藤和哉さんとは今後もバトル?!することもありますが、彼との会話の中で色々と気づけたことがありました。後、スマイルは見習わんあきません^_^

本日の放送、是非ご覧ください!

「篠笛フォーラム(掲示板)」開設いたしました!
 

→ https://shinobue2.wixsite.com/shinobue/forum/
 

~篠笛から日本の文化を語り合う~ 
篠笛フォーラム
投稿・コメントにはログインが通用ですが(メルアドの登録のみ)、どなたでも自由に閲覧可能です! 

 

どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

新年の挨拶、何か文字だけでは味気ないなぁ~とブツブツ言っていたら香織さんがササッと描いてくれました!

2019書き初め兎

兎が目立ちますが、うちのマスコットが偶然十二支の中に紛れこんでおりますのでお許しくださいm(_ _)m

以下、本文です。



あけましておめでとうございます。

昨年は、本拠を三条大橋から京都御所の北へと移し、多くの皆様に、篠笛そして祭に関して様々なお願いとご相談をさせて頂いた一年となりました。無謀にも近い話も幾つかございましたが、その意義を汲み取って頂くことができ、快諾、そして、良い助言をたくさん賜ることができました。

特に祭の社会的意義における「神事」と「神賑行事」の関係性について新たな知見を得たこと、そして「邦楽調(唄用)の篠笛」と「洋楽調(ドレミ)の笛」の違いを、何人かの篠笛奏者の皆様、楽器店の皆様にご理解いただくことができたことは、大きな成果でした。

今年も忙しい一年になりそうですが、高いモチベーションを保つことができるのは、同じ志を持つ仲間の活躍、篠笛の門下生の皆さんの笑顔、演奏会・講演会に足を運んでくださる皆様の存在があるからこそです。

皆様への感謝の気持ちを忘れずに、今年も「祭」「篠笛」を切り口に、日本文化のため、そして未来の若者たち、子供たちのために、責任感と緊張感、そしてスピード感をもって、仕事を進めて参りたいと存じます。

本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

篠笛文化研究社 代表
玲月流初代 篠笛奏者
森田玲

------------------------------------------------------------------------------------------------

以下、岸和田店のご挨拶です。
2019書き初め兎kisiwada
あけましておめでとうございます。

今年は昨年以上に「岸極ーきしのきわみー」の在庫数を充実させて参りたいと思っております。また、ご好評いただきました、飾り房の番号による特注も継続いたします。

1月6日(日)10時からの営業となります。

本年もよろしくお願い申しあげます。

民の謡(篠笛文化研究社・岸和田店)代表
森田玲

現在、必要に迫られて「日本音楽」の勉強にターボをかけていますが、ほとんどの本が「ドレミ・五線譜」を用いて解説されているので苦労しています。「五線譜」を読めなくても篠笛は吹けますし、和楽器を演奏することができますが、現行では「五線譜」を読めないと「日本音楽」を勉強する(研究の蓄積を読み解く)ことは不可能に近いです。

それならば「五線譜」を読めるようになれば良い、慣れてしまえば良いのですが、「なんで日本音楽の勉強でドレミやねん!」という精神的な抵抗と、以下に述べるような実際的なリスクのため、今のところ、それを拒んでいます。

「英語」を修得するように「五線譜」もコミュニケーションのツールとして修得すれば良いのでは、と思われるかもしれませんが、中々そうはいきません。

「英語」と「日本語」はまったく異なるモノですから、例えば「英語」をある程度話せるようになったからといって「日本語」の「りんご」を「あっぷりんご」、「にほん」を「にゃぽん」などと口走ることはありません(多分)。

ところが「五線譜・ドレミ」をマスターすると、これに近い現象がおきてしまいます。

なぜならば「日本十二律」も「西洋12平均律」も1オクターブを12に分けるものですので、僕みたいな音痴には良い意味でも悪い意味でも同じように認識されてしまうほど、互いに大枠では似ているものだからです。

48414889_1988014041290997_974395094390013952_n

図・拙著『日本の音 篠笛事始め』

喩えるなら、大阪弁バリバリの人間が東京で数年暮らすと標準語の洗礼を受けて、謎の気色悪いエセ関西弁になって帰ってくる、これと同じような現象が起きないか心配なのです。

知り合いのアナウンサーの方、大阪出身なのですが、日頃の会話では、もはや何弁かわかならないイントネーションとなっています(もちろんテレビでは完璧な標準語!)。

つまり、標準語的なドレミを習得する事が、少なからず方言的な日本の音に影響を及ぼしかねないのでは、という恐怖があるのです。

また、僕の周りにも多いのですが、いわゆる「耳の良い」人ほど、いったん「ドレミ・モード」を修得してしまうと、演奏をする時、聞いた時、頭の中で「ド・レ・ミの声」が流れてしまいます。これは拭いたくても拭えないノイズの発生です。香織さんもこのパターン。

このようなリスクを考えると、現行の「日本音楽」の本を読み解くために「五線譜・ドレミ」は必要なのですが、それを修得することに大きな躊躇が生まれるのです。

どないしょ…

2月24日は伊勢国・桑名は太夫村の増田神社へ!もう20年近く参っております伊勢大神楽の総舞。玲月流篠笛の原点の一つでもあります。生徒さん他10名ほどと合流の予定のため、荒削りですが資料を作成しました!
伊勢大神楽ツアー
PDF→こちら

毎年は前日から入るのですが、今年は予定変更で明日現地で宿泊です。

03
早朝、近鉄特急に飛び乗りました!本日12月24日は「お獅子の日」桜は生まれて3ヶ月で参っております。あっという間に5才です。寒さ対策万全!

04
05
06
07
12時半より伊勢大神楽の総舞が始まりました!清らかな笛の音が境内に響きわたり「鈴の舞」「四方の舞」「跳びの舞」「扇の舞」と続きます^_^


古代の散楽の流れをくむ放下(ほうか)の曲芸の一つ「献灯の曲」。祇園囃子から馬鹿囃子へ音曲が変わります。山本勘太夫組に入って三年目の若手が披露。三年でここまでとは凄い!


数ある演目の中でも最も尊ばれる「神来舞(しぐるま)」!美しい一人立ちの採物舞から二人立ちの聖獣への変化をご覧ください^_^


放下(ほうか)の曲芸の中で僕が最も好きな篠笛の音曲です^_^ 「剣三番叟」!

08
終局はお獅子の花魁道中「魁曲(らんぎょく)」!お客さんも一体となってヤートコセーの伊勢音頭を唱和^_^

09
最後は桜の獅子噛み^_^ 0才の時は熟睡で、1才では意味不明状態、3才で大泣き、5才の今ではお獅子はお友だちデス!伊勢大神楽講社の皆さま、山本勘太夫組の皆さま、ありがとうございましたm(_ _)m

10
そして夕方からは毎年恒例の前田憲司さんとの祭・芸能談義の総決算!毎年23日ですが今年は24日となりました。この日は何故かどの店もがら空きで貸切状態でした。今年も楽しく意義のある会となりました!

↑このページのトップヘ