篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」の奏法

今回は「篠笛が篠笛であるために不可欠」な「指打ち」についてお話したいと思います。

リコーダーのタンギング
「フエ」と聴くと、皆さんはどのような楽器を連想しますか?ここは篠笛のブログですので「篠笛」と答えてくださるとは思いますが、一般的には小学校の縦笛・リコーダーを連想される方が多いように感じます。

皆さん当時、タンギングを練習した記憶はあるかと思います。タンはtongue(舌)、タンギングはトゥトゥと舌を使って息を切る奏法です。フルートもタンギングを用いるようですので、フルート経験者の方はタンギングに慣れています。

日本の小学校レベルのリコーダーでは、タンギングによって同じ音の連続音を表現し、その他の音もはっきりと表現することができます。


篠笛の指打ち
篠笛も、タンギングで音を区切ることは「物理的には可能」ですが、「篠笛らしらに欠ける表現」となってしまいます。

それでは、篠笛ではどのように音を区切るのでしょうか?

篠笛では伝統的に「指打ち」という奏法を用いて音を区切ります。この奏法が篠笛の音を篠笛たらしめているといっても過言ではありません。

「指打ち」とは、読んで字のごとく、指で孔を打って音を区切る奏法です。息を出し続けている状態で「指打ち」をすることによって、音を区切ることができます。

ボタンを押さえるような緩慢な動作ではなく、指を高く上げ、指と孔との距離を十分に取って、指の付け根から歯切れ良く指を打ち込みます。太鼓をバチで打つ要領です。
IMG_1253
指が孔に触れた瞬間に篠笛の管内の圧力が変わるため、鼓膜に響くピロピロ(ピャンピャン)とした「破裂音」が生じます。この音を、ここでは仮に「竹鳴(たけなり)」と名付けておきます。

このインパクトのある現象を初めて体験する人は(吹き手も聞き手も)、皆さん一応に驚かれます。

時系列的には、

「A音」<竹鳴>「A音」

となって、「A音」が二つに分かれます。
<竹鳴>は一瞬で「音程」として認識されない複雑な音です。

ここで質問です。

五つの連続音を表現するには何回指を打ては良いでしょうか?

慣れないうちは、思わず五回指を打ってしまう方が多いですが・・・

正解は、四回です。

一音目は、無音、あるいは、他の音程からの変化ですので、指を打つ必用はありません。慣れていない段階では、この「ゼロ回目」に指を打って音が乱れる人が多いので注意が必用です。

ロールケーキを五人で分ける時に包丁を何回入れるのか・・と同じ要領です(笑)


このように「指打ち」は、同じ音が連続する時に使われますが、この鼓膜に触る「竹鳴」は、すべての音の移り変わりの「狭間」でも大切となります。運指(指使い)が変わるときに、つまり孔を押さえる瞬間、孔から指を離す瞬間、歯切れ良くそれを行なうことによって、音と音の間に「指打ち音」が挟み込まれ、ピロピロと篠笛らしい華やかな音が散りばめられます。


「A音」<竹鳴>「B音」

「指打ち音」が「篠笛らしさ」に直結しますので、私は演奏中、常にこの「指打ち音」に意識を集中しています。「指打ち」音がない、あるいは弱いと「棒読みの笛」に聞こえてしまいます。

篠笛は、息を伸ばしたまま巧みに指を動かすことで旋律を紡ぎます。ただし、ずっと一定の息を出し続けるのかというとそうではなく、効果的な「竹鳴」が響くように、息の速度や喉の形、舌の位置など、息遣いの工夫が必要です。

初心者の段階では、あまり難しく考えず、保育園児が大きな声で歌うように、元気良く吹いておきましょう!


指打ちの練習
はっきりとした「竹鳴」を出すには、まず笛を唇に当てずに笛を持って指を打つ「空打ち(からうち)」の練習が効果的です。高い指の位置から的確に孔を捉えることができれば、「ポンポン」と竹管の空音が鳴ります。はじめは指が動きにくいかもしれませんが、それは日頃使っていない筋肉や神経を必用とするからです。利き手の逆の手でお箸を持っている状態です。そのうち慣れてきますので頑張りましょう!


篠笛は楽器だけでは篠笛足り得ません。奏者による篠笛らしい奏法をともなって初めて篠笛となる「半作音楽器」です。


「指打ち」を大切に!

追記(1)
無理なく指打ちが可能な自然な位置から大きく外れて指孔を配置するドレミの笛などは、篠笛の命とも言える「指打ち」が困難となります。

先日、七本調子の笛だと指が届かないので八本とか九本の笛でお稽古を始めて良いですか?という質問がございました。大人の方が七本調子で指が届かないということはあり得ないので、一度その笛をお持ちくださいとお伝えし拝見したところ、ドレミの笛でした。右手の指孔の配列に無理があり、不自然な指の開き方をしないと孔を押さえることができない笛でした。


追記(2)
外国の楽器については知識が少ないので確かなことは言えませんが、機械式の近代フルート以前の古典的なフルート、あるいは日本の学校教育のものではないオリジナルのリコーダー、その他、世界各地の楽器の中には、篠笛の「指打ち」と同じような奏法はあると予想されます。

「篠笛をはじめるにあたって、五線譜が読めないのですが大丈夫でしょうか?」

このような質問をよく受けます。

「大丈夫です。私、森田もまったく読めません」

指の押さえ方を数字で表記する「数字譜」を使えば、誰でも簡単に音を表現することができます。また、一曲の中で使う指使い(運指)は3〜5つ程度なので、耳で覚えることも難しくありません。

多くの皆さんはカラオケで歌った経験があるかと思います。友達とよく歌いに行くという方もいるでしょう。お父さん方だと二次会のスナックでしょうか?

今は滅多に歌いませんが、私も若い頃は、師匠に連れられて「越冬つばめ」や「天城越え」を歌わされました^_^。

2、3歳の子供は見よう見まねで歌を歌います。

もうすぐ四歳になる娘の桜は、能の謡と仕舞を習っています。今は「老松」を練習中で、<齢をさずくる〜こ〜の〜君〜の〜>に始まる長い歌をそらんじています。私が作曲した「篠楽(ささら)」の口唱歌<トーチヒャリローヒャリツヒャールヒャリヒャリトート」も勝手に真似をして歌いますし、伊勢大神楽を何度も見に行く中で「伊勢音頭」の<ヤートーコーセーエ>の囃子詞も思い出したように歌い出します。
15110967_1169381903154219_6429275610082161748_o
伊勢音頭(道中歌)を歌っていたら…いそいそと桜がよじ登って参りました^_^ 。伊勢大神楽では終局の演目・魁曲(らんぎょく)で伊勢音頭を唱和します。台師の気持ちが少しわかったようなわからんような…思わず右手を上げてしまいマシタ^_^ 。

↓下の写真が伊勢大神楽のオリジナル(いつもお世話になっている山本勘太夫組)。
IMGP3080
三歳にして、なかなか渋い嗜好ですが、そうかと思えば、日本中でヒットした?星野源さんの「恋ダンス」を歌って踊ったり、保育園で定番の「とんぼのめがね」を披露してくれたりもします。

大人でも子供でも「歌いたい曲」があれば、積極的にそれを「真似」することによって歌えるようになります。そして、そこでは五線譜は意識されません。

明治以来の音楽教育の影響で、「音楽」=「ドレミ・五線譜」と連想してしまいがちですが、このように「五線譜なしの音楽」を我々は普通に実践しています。それは人間に自然と備わっている能力です。


「耳コピ」・・・これが、最も再現性が高く簡単な方法です。

「楽器を始める」となると、少し構えてしまって、何か特別な能力が必用なのでは?というところから「五線譜」が必須と考えてしまうのかもしれません。しかしながら、そもそも日本の楽器を演奏する時に、西洋の五線譜・ドレミを媒介する必要があるのか?という美意識の問題があります。そして、和楽器の習得に際して五線譜を用いることは、日本語を話すときにローマ字で書かれた原稿を読むようなものですから、当然それによる弊害、副作用も生じます。


篠笛を習得する上での五線譜によるマイナス面をざっと列挙すると以下の通りです。

(ア)五線譜は横書きなので呼吸が乱れる

(イ)実際の篠笛の音だけでなく「ドレミ」の声が頭の中で同時に聞こえる
   →篠笛の純粋な音を楽しめない

まず(ア)についてですが、目線の動きは呼吸や意識の方向と連動していますので、譜面を用いる場合には、それが縦書きであることが、想像以上に大切です。古くから日本音楽の譜面は文字と同じく縦書きが一般的です。西洋音楽伝来以前の音楽を楽しむ訳ですから、ここは素直に縦書きの譜面を用いましょう。

次に(イ)について記してみます。

この、実際の音が「ドレミ」に聞こえる症状はやっかいで、小さい頃にピアノをたしなんだことが原因で、日本の曲であれ何であれ、曲が流れると「ドレミ」に変換してまって、曲本来の魅力を味わえないという実体験を何人もから聞きました。

これは本当に恐ろしい副作用だと思います(それゆえ、私は義務教育における音楽教育の在り方の再考が必用だと考えます)。
17390572_1285397454885996_7100007752078898490_o
明治14年文部省発行『小学唱歌集』(篠笛文化研究社 所蔵)。ドレミ教育の事始めデス。ちなみに、当時はドレミとは呼ばず「1234567」の算用数字をあてて「ヒフミヨイムナ」と大和読みで訓じていました。

このように、歌や音は真似をすることが容易であること、そして、篠笛の習得において五線譜にはマイナス面が多いことから、五線譜を用いることはお勧めしておりません。

とはいえ、運指に名前が付いていないと「他者との意思疎通」や「音の確認」ができません。
そこで玲月流では、明治以来の篠笛の教本で一般に用いられている「数字譜」を使用します。

その方法は単純で、指孔の押さえ方に対応した番号を振ります。何の「音楽教育」を受けていない小学校1年生でも理解できる簡単な方法で、例えば以下のようになります。


五線譜01
森田玲『日本の音 篠笛事始め』篠笛文化研究社より

「桜」の「さくら〜さくら〜」は「223〜223〜」と表記します。

お稽古では、運指(指使い)を伝える時に、このように数字で呼ぶと便利です。

日本の曲は、一曲の中で使う運指は3つ〜5つ程度ですので、慣れてしまえば指が迷うことはほとんどありません。また、同じ曲を何度も吹き込むことで、それぞれの音に指の形や息遣いが連動し、自然と身体が反応するようになります。そうなると、より音に集中することができるようになって、音色の工夫が楽しくなってきます。

先ほど、ドレミで覚えると、頭の中でドレミの声が流れて実際の音と二重に被るという話をいたしましたが、数字譜に頼りすぎると、同じように数字の声が頭の中で流れてしまいますので注意が必要です。

私も祭囃子や自作の曲などは、純粋な実音のみが聞こえますが、「桜」は、一番はじめに「数字」で覚えてしまったので、未だに「にぃにぃさーん」のように頭の中で声が聞こえてしまいます。


五線譜に慣れてしまっているという方もいらっしゃると思いますが、五線譜はあくまでも「共通語」的なものです。訛の強い(魅力的な)民族音楽を楽しむためには、その地域の「母国語」「方言」を採用するのが一番!

「簡単」と言いながら、少し小難しい話になってしまいましたm(_ _)m

篠笛の音曲の習得には「耳コピ」が一番のオススメです!

<追記1>
曲の旋律だけではなく、息遣いや曲調などを包括的に歌で表した「口唱歌(くちしょうが)」が、古くから日本の音曲の伝達方法として活用されています。玲月流でも幾つかの音曲で用いています。口唱歌については項を改めて解説いたします。

<追記2>
五線譜は、非常に洗練された表記法で、それによって成立するすばらしい音楽も沢山あります。また、様々な民族の音楽を比較する上で、あるいは、録音・録画による記録の補助としても五線譜は有効です。私も「伊勢大神楽」の論文を書く際に、紙上において篠笛の旋律を再現しなければならない場面に直面し、その時は五線譜を用いました。私は五線譜を記すことができなかったので、以下の手順で五線譜を作成しました。

1私が笛を吹く
2妻・香織が五線譜を作成しPCソフトに打ち込む
3私がPCで再生した音源を聞いて間違いがないことを確認
4五線譜のデータを作成

<参考>
森田玲「伊勢大神楽の神楽囃子研究」『民俗音楽研究』第36号(日本民俗音楽学会)
→ http://shinobue.blog.jp/ise-daikagura-morita-akira.pdf

篠笛を始める時、まず何本調子の篠笛から始めれば良いでしょうか?

よくある一般的な質問ですが、大袈裟に言えば、その後の「篠笛人生」を決定付ける大切な選択です。

玲月流の篠笛では、初心者の方には「七本調子」の篠笛をお勧めしています。そして「七本調子」に慣れてきたら「六本調子」の笛も使います。

調子02
その理由は以下の二点です。

・「高い音(甲音<かんのおと>)」と「呂音<りょのおと>」がバランス良く出る。

・会話する程度の息の量で、しっかりと音が響く。

・特に七本調子は、六本調子と比較して指孔の間隔が広くないので、初心者や子供、女性でも指が押さえやすい。


「六本」「七本」というのは、笛全体の音の高さを表す数字です。数字が大きくなるにつれて、笛が細く短くなって、その結果全体的な笛の音程が高くなります。

竹が>細い・短い→音程が高くなる。(番号が大きい)
竹が>太い・長い→音程が低くなる。(番号が小さい)

要は「小さい笛」と「大きい笛」があると考えてください。

日本の古典的な音律「日本十二律」は1オクターブを十二音に分けています。そこから、一から十二までの篠笛が慣例的に存在します。

調子

単純に音程の変化だけなら、指孔を押さえることができるのであれば、何本調子の笛から始めても良いように思えますが、実際には「音程」だけではなく「音色」「吹き心地」が、笛の調子によって大きく異なります。

先ほど「一本調子」から「十二本調子」までの篠笛が慣例的に存在すると述べました。

数字が小さくなると、笛の内径が大きくなり長くなるので「深い豊かな低音」を出すことができます。ただし「甲音(高い音)」は、雑音が混じりやすくなり透明感が薄れます。

一方、数字が大きくなると、笛の内径が小さくなり短くなるので「雑音のない高音」を出しやすくなります。ただし楽器本体が小さくなるため「呂音(低い音)」の深みがなくなり、その音量も小さくなります。

太鼓をイメージしてもらえばわかりやすいかもしれません(体積の大きな太鼓は、音量が大きく深い低音、体積の小さな太鼓は音量が小さく歯切れの良い高音)。 

このように、篠笛の調子を選ぶ時は「音程」だけではなく「音色」も考慮に入れます。

そして、「一本調子」から「十二本調子」のちょうど真ん中の「六本調子」「七本調子」の笛が、「甲音(高い音)」と「呂音(低い音)」がバランス良く響き、「深い豊かな低音」から「透明で遠音のさす高音」まで篠笛の魅力を余すことなく表現できる篠笛になります。

特に「六本調子」の笛は、太鼓と合わせる「祭囃子系」の音曲においても、太鼓の音量に負けない歯切れの良い大きな高音を出すことができますし、歌の旋律を表現する時にも、吹き手の感情をしっかりと反映させ、艶のある音色を出すことができます。

このような理由から、玲月流では、最終的には「六本調子」の笛で様々な音曲を奏でることを目指しますが、初心者の人にとっては、六本調子は、少し指孔の間隔が広く、また、深く安定した呼吸が必要ですので、一段階小さい「七本調子」で初めてもらうことにしています。

・初心者は七本調子の篠笛がオススメ
・後に表現力の高い六本調子の篠笛を習得

今回は、初心者の方にお勧めの調子の笛についてお話しました。地域の祭で規定の笛がある場合は、もちろんそれに従います。また、三味線や箏、歌に合わせる時は、他の調子の笛を用いることになります。

いずれにしても、自分で購入してしまう前に、ご質問などございましたら、お問い合わせください。

<追記>
篠笛には、同じ「○本調子」でも、その調律方法によって「古典調」「邦楽調(唄用)」の二種類の笛があります。また、「洋楽調(ドレミの笛)」も存在しますが、これらの分類については別の項目で説明したいと思います。




↑このページのトップヘ