篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」の奏法

今日は忠岡小学校にて篠笛の演奏とお話。
52765470_2065957220163345_5576853534495735808_o
52602763_2065957296830004_2687503557006983168_o
忠岡の昔話も盛り込んでというリクエストがございましたので、

・大津川には竹林(たぶん篠笛の材料である女竹)があって、竹藪を切って道を通し秘密基地を作った。

・おじいちゃん、おばあちゃんの時代には伊勢大神楽の獅子舞が来ていた。

・地車のルーツは船。

といった話をしながら‪「だんじりの笛」「わらべ歌」「伊勢大神楽」「桜」‬などを演奏。

小学校に来ると当時の記憶が蘇るもので、六年間で牛乳を飲んだのは一本だけという意味のない記憶も披露しました^_^

僕は鉄棒の逆上がりができませんでしたが、意外にも、できない子供たちが多く嬉しく?なりました。
52602763_2065957296830004_2687503557006983168_o (1)
午前中は五年生、午後は六年生、お昼休みは低学年の子供たちを中心に、子供たちの反応も良く、おおいに盛り上がりました!


楽しい一日となりました。

またお会いしましょう!

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
52181566_2065957306830003_2924938231122231296_o
会場は図書館でした。演奏前に平凡社の『世界大百科事典』第一版で「篠笛」を検索するワシ!挿絵入りで発見!第二版には今もお世話になっています。小学生の頃、読破した本はゼロ冊(漫画を除く)…人生最大のミスの一つですm(_ _)m 小学生諸君!本は読みましょう^_^

僕が20年前に大学を中退して笛屋をはじめたのは、この旋律を復活させるためでした!岸和田祭だんじり囃子の笛の基本旋律です。当時は標準より極めて細い篠笛が流行していました。極細管は低い音を大きな音で吹こうとすると、息が溢れて音が裏返ってしまいます。そのため、低い音から始まるこの一連の旋律が吹かれなくなってしまい、結果、岸和田だんじり囃子の基本旋律は、数年で祭から姿を消してしまいました。



動画は、最も基本的な旋律で、かつてはどの町でも吹かれていたものです(細い節回しは町や個人で異なります)。吹き手の骨格によって、多少、笛の持ち方は異なりますが、以下の点を参考にして、自分なりに工夫してみてください。

・左手は指の腹(指紋のあるところ)
・右手は伸ばす
・左手の親指は笛の下(人差指の連打を受けるため)
・右手の小指と親指で笛を挟み込んで固定する
・右手の薬指は笛の下に入れない方が他の指が動きやすい

是非こちらの旋律を組み入れて見てください!

参考までに、動画の冒頭で旋律の最後に必ず入れる三音を繰り返しました。小太鼓を打つ要領で「右中指→左薬指→右中指」のように指を動かします。この三音は必須です!

篠笛は「岸極ーきしのきわみー」です^_^

追記
IMG_0011
ツイッターに投稿したところ4日で1万回再生を越えました!

主に中学生や高校生の皆さんがリツイートくださっています。

この旋律の一節だけでも祭で吹かれることがあれば嬉しいですm(_ _)m

「篠笛特訓講座」では、受講生の皆さんから、その日の練習の報告を毎日メール頂いております。その中から皆さんの悩みを分析したところ、練習が思うようにいかなかった時のストレスを感じている方が多くいらっしゃります。

このストレスは、練習方法(時間の使い方)の工夫や段取りで、軽減されるように感じましたので、以下に記しておきます。

ぜひ今日から実践してみてください。

名称未設定-1

(1)お稽古前が終わってすぐ、
   次回の「練習日」「開始時間」「終了時間」を決める。

(2)その時間内で「練習する曲」と「練習回数」を決める。

(3)時間が来たら頭を切り替えて篠笛に集中。

(4)一曲が終わったら、
   苦手な部分を数回(5回ほど)丁寧に繰り返す(回数厳守)。

(5)(1)に戻る。

このように段取りを組むことによって、「今日は何時から練習しようか?」「今日もまだ練習できていない」といった焦りから解放されますし、「一曲に対する集中力」も高まります。

参考までに…私の笛の練習時間は、本番前の修行的な特訓でも最大60分、通常は30分持つか持たないかでくたくたになります。その原因の多くは精神的な集中力によるものです。

日常生活の中に、うまい具合に篠笛の練習を取り込みましょう!

玲月流 初代 篠笛奏者 森田玲

今回は「譜面」の活用方法についてのお話です。

篠笛の譜面は明治以降、指孔の押さえ方を数字で示した「数字譜」が一般的で、拙著『日本の音 篠笛事始め』でも、音曲はすべて数字譜で表しています。

(篠笛の習得には旋律を歌で表した口唱歌が有効ですが、これについては機会を改めます)

数字譜は、小学生でもわかる直感的で便利な表記法ですが、練習の間、ずっと譜面を見つめていると、いつまでたっても本番で自信を持って吹くことができず、また、篠笛の音色や表現も向上しません。

今回は、譜面を見ながらのお稽古におけるマイナス点について述べたいと思います。もちろん、運指がわからなくなって、確認するための活用は大丈夫です。

以下、思いつくまま記してみます。
IMGP7182
(1)音色に対しておろそかになる。
試しに音楽CDをかけて部屋を真っ暗にしてみください。音が驚くほどクリアに聞こえるはずです。これは視覚からの情報がなくなり、その分、聴覚が敏感になるからです。玲月流では、視覚情報を減らすことによって、聴覚を敏感にするため、笛を吹く時は「半眼」です(目を完全に閉じてしまうと、目を閉じるという行為に意識が移り、また、重心が不安定になるので半眼とします)。「半眼」の状態で、かつ、どこにも焦点があっていない状態が理想です。見た目にも気になる「まばたき」も「半眼」であればほとんどなくなります。このようにして、極力視覚情報を減らしたいのですが、譜面を用いると、焦点が一点に集中することになり、また、読んで理解するための精神力を費やしてしまいます。譜面を見ながら吹いている時は、音に対する意識がおろそかになっています。

(2)目の前の模範よりも数字譜?
教室でのお稽古の時、前で模範演奏が行なわれているにもかかわらず、ずっと譜面を見つめている人がいます。手の角度や息遣い、指の動かし方などから、沢山のことを学ぶことができます。譜面はいつでも見ることができるので、模範演奏を見ることができる場合は、その観察に集中しましょう。手元に譜面があると、思わず手が伸びるという人は、譜面は鞄の中にしまっておくと良いでしょう。

(3)笛の角度が固定されてしまう。
笛を吹く時は、息の方向と目線の方向が一致することが理想です。そして、顎や笛の理想的な角度は、運指ごとに微妙に異なります。ところが、譜面を見ながらですと、目線の角度が固定され、結果的に笛と唇が必要以上に固定されてしまって、豊かな表現が叶いません。また、正座でのお稽古の場合、数字が読みにくいなどの理由で譜面が膝元にあることが多く、どうしても理想的な顎の角度よりも下を向いてしまいます。笛や顎の角度が固定されると、全体的に単調な表現となってしまいます。

(4)本番では譜面を見られない(見ない)
玲月流では、本番では譜面を用いないので、最終的には暗譜の状態でないといけません。立って吹く場合に譜面台を立てるにしても、座って吹く場合に床に譜面台を据えるにしても、お客さん、あるいは奉納の場合は神仏との間に隔たりができてしまいます。本番を見据えると練習時から譜面を用いない癖をつけておきたいと思います。

以上です。

文字を書くときでも、歌でも舞でも同じかと思いますが、最終的には手本を見ずに自由に振る舞った時に、伸び伸びとした表現が可能となります。好きな曲は、空で歌うことができるはずです。

運指は、指を押さえた状態だけではなく、前の運指からの指の動き、軌道、そして息遣いの変化から、身体が覚えていきます。頭の中で数字に変換してから指を押さえるという作業では、その身体の反応が培われません。譜面を離れてお稽古を重ねると、息遣いの変化や指運びの移り変わりが、次の音を知る手がかりとして働き出します。

まずは一行、譜面をみずに吹いてみましょう。何度かの失敗の後、意外と簡単に暗譜できることに気付くことかと思います。

篠笛CDの編集を再開しました。来春の発売を目指します!これまで篠笛教室の皆さんに聴いて頂いていたCD「いろは」は、約20年前、私が篠笛を手に採って七ヶ月で録音したもの。現在でもその音色を継承していますが、音運びや選曲の基準が現在とは若干異なります。私の理想とする篠笛の音色や音運び、篠笛に適した音曲を伝えるために新たにCDを製作せねば、と思いながら何年も経ってしまいましたm(_ _)m

新作のCDの製作に踏み切れなかった一番の理由は、録音環境の問題です。私は、篠笛人生約20年において一度もマイクを使っていません(特殊な企画で2度だけ主催者側の依頼で補助的に設置したことはあります)。私の目指す、篠笛の透明で清らかな音色と、篠笛の魅力である指打ち音がマイクを通すと伝わらないというのが、その理由です。

通常、CDを製作する場合、残響のないスタジオで収録し、音の響きや延び具合は機械的なエフェクト処理で表現することが考えられますが、これでは、純粋な篠笛の響きとは似ても似つかないものになってしまいます。何より、そのような環境では、私自身が良い笛の音を練ることができません。

それでは、演奏会などを行なう会場での録音が良いかというと、残念ながらそうではありません。そこで収録した音は空間の広がりも捉えてしまうので、音像が遠すぎてぼやけてしまいます。

このように、録音場所に悩みながら月日が経っていまいましたが、昨年、ようやく理想の会場が見つかりました。

弊社(篠笛文化研究社)の岸和田店の通り庭です(現在は場所を移転)。京都の町家のような間口が狭く奥に広い、いわゆる「ウナギの寝床」様式で、土間から奥庭まで通路が延びており、天井は二階まで吹き抜けています。

いつまでもCDを作らないという訳にはいかないので、ある日、えいやぁー!と、ここで録音したところ、思いの外、良い感じの音を捉えることができました。

篠笛の音が、遠すぎず、近すぎず、何より、鼓膜に響く指打ち音をしっかりと捉えており、スピーカーの前で聴くと、その響が鼓膜に触れます。そして、スピーカーから離れて、例えば、隣の部屋で聴くと、実際に篠笛の遠音のように音色が変化して聞こえます。

あまり音像が近すぎると、聴いていてしんどくなるので、ほど良いリアル感を再現するために、マイクの位置の設定には苦労しました。

このようにして、昨年の夏と秋に二十数曲を収録。とても静かな環境だったのですが、関空に近いこともあり、飛行機の音と最後の一音が被ってしまうことも・・・

各曲、収録時に納得した5曲ほどに絞り込み、昨日、香織さんと一緒に、最終音源を決定しました。

今回は、篠笛を持ち替えず、一種類の篠笛で、どこまで表現できるかということに挑戦したく、七本調子邦楽調(唄用)ですべての曲を吹き切っています。また、篠笛の二重奏の魅力も伝えたく、さらに、屋外での篠笛の響きも収録したく、いつもお世話になっている京都の雲龍院さんでの録音も最後に入れています。私の篠笛の魅力は、太鼓との共演時に発揮されますが(←個人の感想)、今回は篠笛のみで勝負。

すべて日本の曲、エフェクト処理なし、無添加・天然音の篠笛CDです。

乞うご期待!


DSC_2578
(写真・フォーシーズンズホテル京都 積翠亭)
・東雲(森田玲 作曲) ・凧々あがれ (わらべ歌) ・鬼さんこちら (わらべ歌) ・蛍(わらべ歌) ・かごめ  (わらべ歌) ・あんたがたどこさ (わらべ歌) ・祇園祭 粽売りの歌 (わらべ歌) ・兎(わらべ歌) ・姫松(日本古歌) ・江戸の子守歌(子守歌) ・天満の市(子守歌) ・通りゃんせ (わらべ歌) ・四方の景色 (わらべ歌) ・桜(日本古歌・箏曲) ・越殿楽(雅楽) ・並足の笛~きざみの笛(岸和田祭地車囃子) ・秋の音(森田玲 作曲) ・馬鹿囃子(伊勢大神楽・獅子舞囃子) ・篠楽(森田玲 作曲) ・伊勢音頭 道中歌(日本古歌)
・月(森田玲 作曲)
・秋の音~二重奏
(森田玲 作曲)

↑このページのトップヘ