篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 日本の祭(神事と神賑行事)と文化

今年もギリギリでした…根曳きの松!3軒目の花屋さんでようやく発見…毎年どちらに参っても売り切れで往生します^_^ 上方(京都・大坂)では昔からこの形式が一般的のようで、江戸ではあまり見かけないかと思います。
49209924_1994048977354170_6867224850251907072_n
30日は女竹の選別作業をいたしました。
49721944_1993606104065124_724267374575878144_n


2月24日は伊勢国・桑名は太夫村の増田神社へ!もう20年近く参っております伊勢大神楽の総舞。玲月流篠笛の原点の一つでもあります。生徒さん他10名ほどと合流の予定のため、荒削りですが資料を作成しました!
伊勢大神楽ツアー
PDF→こちら

毎年は前日から入るのですが、今年は予定変更で明日現地で宿泊です。

03
早朝、近鉄特急に飛び乗りました!本日12月24日は「お獅子の日」桜は生まれて3ヶ月で参っております。あっという間に5才です。寒さ対策万全!

04
05
06
07
12時半より伊勢大神楽の総舞が始まりました!清らかな笛の音が境内に響きわたり「鈴の舞」「四方の舞」「跳びの舞」「扇の舞」と続きます^_^


古代の散楽の流れをくむ放下(ほうか)の曲芸の一つ「献灯の曲」。祇園囃子から馬鹿囃子へ音曲が変わります。山本勘太夫組に入って三年目の若手が披露。三年でここまでとは凄い!


数ある演目の中でも最も尊ばれる「神来舞(しぐるま)」!美しい一人立ちの採物舞から二人立ちの聖獣への変化をご覧ください^_^


放下(ほうか)の曲芸の中で僕が最も好きな篠笛の音曲です^_^ 「剣三番叟」!

08
終局はお獅子の花魁道中「魁曲(らんぎょく)」!お客さんも一体となってヤートコセーの伊勢音頭を唱和^_^

09
最後は桜の獅子噛み^_^ 0才の時は熟睡で、1才では意味不明状態、3才で大泣き、5才の今ではお獅子はお友だちデス!伊勢大神楽講社の皆さま、山本勘太夫組の皆さま、ありがとうございましたm(_ _)m

10
そして夕方からは毎年恒例の前田憲司さんとの祭・芸能談義の総決算!毎年23日ですが今年は24日となりました。この日は何故かどの店もがら空きで貸切状態でした。今年も楽しく意義のある会となりました!

相方、太鼓奏者の植木陽史くんとの「笛と太鼓の交換日記」
遂に始まってしまいました。

https://www.facebook.com/shinobue.taiko/

僕は祭囃子を聞いて育ったので、生まれた時から、もとい、母のお腹にいる時から、笛と太鼓はセットでした。

48393220_1938077456269437_3942049975021600768_n
森田玲(4才)左

来年の2月24日には「笛と太鼓は恋人」というイベントも考えております。

いつも笛を吹いている人は太鼓を打ってみる。

いつも太鼓を打っている人は笛を吹いてみる。

そんな会を考えています。

今まで以上に太鼓を意識して日記を書くこと。
これによって新たな発見もあるかもと期待しています。

48367188_1937912639619252_6545675097070370816_o
青少年時代の植木陽史

男同士の日交換日記。
多少、いや、多分に抵抗があるかもしれませんが、

お時間ございましたらサラッとお読みいただければと存じます。

よろしければ「笛と太鼓は恋人」のページに「いいね」を頂ければ幸いです

→ https://www.facebook.com/shinobue.taiko/

2月9日は弘道館講座「心で読み解く京の祭と神賑(かみにぎわい)」でした。
47679640_1962738323818569_1995010075609006080_n
テーマは「神楽」と「神饌(しんせん)」。

先学を踏まえつつ、人の心の方向性(ヒト→カミ、カミ→ヒト→ヒト、ヒト→ヒト)を基準に大胆な発想?で「神楽」と「神饌」を紐解きました。
名称未設定-1
名称未設定-2

一番苦手な分野でしたが、今日までに色々と頭の整理ができ、苦手意識を克服することができました。ご来場の皆さんにも概ね満足していただけてようで一安心です。

今日は篠笛で「カミあそび」と「馬鹿囃子」も吹きました^_^

次回は1月27日。いよいよこれまでの神賑論をベースに京都の三大祭を読み解きます。葵祭(古代)、祇園祭(中世)、時代祭(現代)は、それぞれ、ミアレ(カミ迎え)、ミソギ(カミ送り)、オイデが核となっており、様々な祭を理解する時の役立つ基本事項が凝縮されております。皆さま是非!

お申し込み → 
https://kodo-kan.com/classes/kyonomatsuritokaminigiwai/

↑このページのトップヘ