篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」教室

「篠笛特訓講座」では、受講生の皆さんから、その日の練習の報告を毎日メール頂いております。その中から皆さんの悩みを分析したところ、練習が思うようにいかなかった時のストレスを感じている方が多くいらっしゃります。

このストレスは、練習方法(時間の使い方)の工夫や段取りで、軽減されるように感じましたので、以下に記しておきます。

ぜひ今日から実践してみてください。

名称未設定-1

(1)お稽古前が終わってすぐ、
   次回の「練習日」「開始時間」「終了時間」を決める。

(2)その時間内で「練習する曲」と「練習回数」を決める。

(3)時間が来たら頭を切り替えて篠笛に集中。

(4)一曲が終わったら、
   苦手な部分を数回(5回ほど)丁寧に繰り返す(回数厳守)。

(5)(1)に戻る。

このように段取りを組むことによって、「今日は何時から練習しようか?」「今日もまだ練習できていない」といった焦りから解放されますし、「一曲に対する集中力」も高まります。

参考までに…私の笛の練習時間は、本番前の修行的な特訓でも最大60分、通常は30分持つか持たないかでくたくたになります。その原因の多くは精神的な集中力によるものです。

日常生活の中に、うまい具合に篠笛の練習を取り込みましょう!

玲月流 初代 篠笛奏者 森田玲

年会費を納めて頂いている門下生の皆さまには、割引価格にて、個人稽古や通信添削、発表会へのご参加を頂いております。

今年度から「会員証」を発行することに致しました。

教本とCDと同じデザインです。

会員証


少しご報告が遅れましたが、1月に東京・恵比寿の篠笛教室の新年会がございました。

夜教室と朝教室の交流!大いに盛り上がりました。
26952319_1577505702341835_8299730763570186647_o
関東・笹音会、京都での奉納演奏・発表会、篠笛特訓講座…皆さんの本気度が伝わって参りました。私も全力で応えたいと思います^_^
18891757_1350266135065794_7180026071185558448_o


教室は原則第4週目

水曜日(夕)子供教室 http://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201801-16060020.htm
水曜日(夜)大人 http://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201801-06410050.htm
木曜日(朝)大人 http://www.ync.ne.jp/ebisu/kouza/201801-06410020.htm

です。
27500607_1584094135016325_7628306883435907055_o

生徒さんから宝尽くしのお菓子を頂きましたm(_ _)m

先月から桜の篠笛のお稽古をはじめています。

昨年から友人の観世流能楽師の林宗一郎さんに能の謡と仕舞を習っており、正座で座る、お辞儀で挨拶はできるようになっているので助かります。

生まれた時から何となく父と母の口元を見ているからでしょうか・・・・何も言わずとも口の形を整えて吹くことがで、一番の困難は難なく乗り越えました。
26230685_1565380896887649_8124801991442759666_n
篠笛を構える所作、六の呂の音、篠楽(ささら)の口唱歌をお稽古中。
27164782_1579083705517368_3220044994017215085_o
大きな声で口唱歌!

今年5月の奉納演奏・発表会に出れるかな?


毎週土曜日は桜のお稽古の日です^_^

先週土曜日の「篠笛懇話会」それに続く「玲月流新年会」大いに盛り上がりました。

あの狭い「玲月流 桜楓庵」に15人以上も入ったことにびっくりです。
26952227_1572631696162569_6339161477077961347_o
今回は昨年発売の森田玲『日本の音 篠笛事始め』の解説。100ページありますので、単純計算で1ページ1分でも100分かかることになります。

どんどん飛ばしていかないといけないので、事前に話す内容をプリントにまとめてご参加の皆さんにお渡しいたしました。
26850285_1572631699495902_2179262770728235670_o

各ページの要点、必ず理解して欲しい内容、それを理解するための切り口を、しっかりとお伝えできたかと思います。

夜は桜も参加しての「新年会」。はじめは、ふにゃふにゃでしたが、中盤で慣れてきたのか「もりたのさくらデス」と元気に挨拶し、「六」の音を吹いて、皆さんから拍手をいただきました。

今年の玲月流の目標は門下生の皆さんの劇的なレベルアップ!

透明で瑞々しい音、ほとばしる指打ち音・・・

それを実現するための「篠笛特訓講座」を設けます。

5月の奉納演奏会・発表会に向けて、希望者には衣装(着物・袴)も揃えたいと思っています。

生徒さんの自主稽古の会「笹音会(ささのねかい)」も盛り上がって参りました。

自分もまだまだ勉強不足ですが、篠笛を吹くからには、自分の演奏している楽器について、責任ある発言ができる状態ではありたいですね。

昔、こども教室でやっていたような、門下生向けの「篠笛検定(実技+筆記)」を復活させようかな・・

今週は東京での「新年会」。東京でも「篠笛懇話会」を開催できればと考えております。

有意義な日々でした。

↑このページのトップヘ