篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」教室

篠笛の古典曲は祭囃子。祭囃子は祭ごとに多様ですが比較的高音でピロピロとした指打ち音が特徴です。篠笛らしさ、を身に付けるためには祭囃子を吹くこと必須ですが、中々その機会に巡り合うことは難しいものです。
39281967_1134155910069935_6494119323261468672_o

なぜならば「祭囃子は誰のものか?」というのもことを考えると、「格好エエから」という理由で安易に吹くことははばかられるからです。祭囃子は、その祭の氏子・崇敬者のもの。

京都、大阪の篠笛教室では「阿波踊り」を、東京の篠笛教室では「阿波踊り」と「江戸囃子」を教えて欲しい、あるいは、教えるようになれば生徒さんが増えるのではというの助言を頂くことが多いのですが、上記のような理由で、現在のところ玲月流では、吹いたり教えたりすることができません。

「阿波踊り」も「江戸囃子」も、数ある祭囃子の中でも、私の琴線に触れる魅力的な旋律で、機会があれば吹いてみたいと思いますが…未だ、そのようなご縁に恵まれていないのです。

自身の演奏や教室の演目に採り入れるべく積極的に動けば、その機会を得ることは可能とは思いますが、そのようなアプローチは、以下のような私の祭囃子を演奏するにあたっての考え方に引っかかってしまいます。

「祭囃子は誰のものか?」という視点に立つと、その祭囃子を用いて、お金を稼がせていただくことになるのですから、可能な限り、私がその祭囃子を吹くことによって得られた成果やお金を、「地元」に還元する活動を続けなければならないと思っています。

玲月流の場合は、現在のところ「岸和田だんじり囃子」と「伊勢大神楽」がそれにあたります。それらの音曲を吹く時、教える時は、「自分が」ではなく「岸和田祭が」、「伊勢大神楽が」という思考に切り替わっています。そして未だ不十分ながら、何か恩返しができないか、貢献できることはないかということを考え続け、随時、実行に移しています。

以上、最近の「プラントハンター騒動(神戸クリスマスツリー・星の王子さま)」を見て、ふと思いました。

ましてや「岸和田だんじり囃子」や「伊勢大神楽」をコンテストの曲として扱うなど、私には中々思い付かない感覚です。

「江戸囃子」の分布やルーツなど、折を見て勉強したいと思います。「ドレミの笛」ではなく「古典調の篠笛」を吹いている「阿波踊り」の連があれば、是非ともお伺いしたいですm(_ _)m。

NHKカルチャー福岡にて篠笛教室。徐々に人数が増えて参りました!来年の秋くらいには、博多にて皆さんの発表を兼ねた小さな私の演奏会を開こう!という話になりました。見学、体験可能です。九州方面の方、是非!38424607_1793144014111335_7661815060100022272_o

第1水曜日(夜)
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1115738.html

いつもお世話になっている栃木県の竹屋さんから連絡。夏休みに子供たちのために「篠笛作りの体験」をしたいとのこと。子供たちが持ちやすい竹の寸法、短時間で作れる方法(指孔は事前にあけておき歌口の調整に時間をかける)などを考え、見本の篠笛を香織さんが作成。遺跡から出土してもおかしくない雰囲気の原初的な竹笛が完成しました・・・私は「篠笛の栞(しおり)」を編集!
38228811_1789489947810075_9215402196756070400_o

7月27日・28日は篠笛こども教室でした。
37860268_1781903825235354_4878072890991312896_o
暑い日が続きますが、子供たちの元気な姿で元気回復!
37819876_1781903845235352_240270851474194432_o
37790585_1781903901902013_6245878451299942400_o
37837618_1781903928568677_2918762119690190848_o

この日の「篠笛こども教室」をもって篠笛文化研究社(旧・民の謡)京都三条店での仕事は終了です。8年間お世話になりましたm(_ _)m。岸和田から京都に参った時は、知り合いがゼロという状態で右も左もわからない毎日でしたが、京都の皆さんとの素晴らしい出会いのおかげで、ここまで篠笛を続けることができました。次は御所の北側に拠点を移します(詳細 → http://shinobue.blog.jp/archives/9948269.html )今後とも篠笛文化研究社をよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

数年ぶりに岸和田にて篠笛こども教室を開催!

夏休みに篠笛こども教室が復活します!

お誘い合わせの上、是非ご参加ください!
岸和田こども教室

チラシPDF→こちら

-----------------------------------------------------------------------
夏休み!篠笛(しのぶえ)こども教室
---------------------------------------------------------------
篠笛は、日本に古くから伝わる横笛。
わらべ歌・桜
だんじり囃子など
日本の伝統曲を吹くことができます。
音の鳴らし方、笛の構え方など
篠笛の基本を練習します!

主催 篠笛民俗文化研究会
後援 岸和田市・岸和田市教育委員会

<開催日>
平成30年
7/21(土
  ① 10:30 - 12:00
  ② 12:30 - 14:00

定員各時間30名 (希望時間をお選びください)

<参加費> 
500円
(篠笛レンタル代・会場費)
※希望者はプラスチック篠笛の購入可(1500円)

<対   象> 
小学3年生~中学生の男女

<場所>
岸和田 浪切ホール2F練習室2

<講師>
森田玲(もりたあきら)<篠笛奏者> 

篠笛の「民の謡(たみのうた)」代表
玲月流初代・篠笛奏者。
京都と岸和田を拠点に活動。
20年にわたって岸和田祭の地車囃子の篠笛の継承発展に力を入れる。
文化庁芸術祭新人賞受賞
京都市芸術文化特別奨励者
岸和田高校・京都大学農学部卒   

<お申し込み・お問い合わせ>  
篠笛民俗文化研究会 
電話 075(708)2614 
E-mail shinobue@taminouta.com  


↑このページのトップヘ