篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」教室

「篠笛をはじめるにあたって、五線譜が読めないのですが大丈夫でしょうか?」

このような質問をよく受けます。

「大丈夫です。私、森田もまったく読めません」

指の押さえ方を数字で表記する「数字譜」を使えば、誰でも簡単に音を表現することができます。また、一曲の中で使う指使い(運指)は3〜5つ程度なので、耳で覚えることも難しくありません。

多くの皆さんはカラオケで歌った経験があるかと思います。友達とよく歌いに行くという方もいるでしょう。お父さん方だと二次会のスナックでしょうか?

今は滅多に歌いませんが、私も若い頃は、師匠に連れられて「越冬つばめ」や「天城越え」を歌わされました^_^。

2、3歳の子供は見よう見まねで歌を歌います。

もうすぐ四歳になる娘の桜は、能の謡と仕舞を習っています。今は「老松」を練習中で、<齢をさずくる〜こ〜の〜君〜の〜>に始まる長い歌をそらんじています。私が作曲した「篠楽(ささら)」の口唱歌<トーチヒャリローヒャリツヒャールヒャリヒャリトート」も勝手に真似をして歌いますし、伊勢大神楽を何度も見に行く中で「伊勢音頭」の<ヤートーコーセーエ>の囃子詞も思い出したように歌い出します。
15110967_1169381903154219_6429275610082161748_o
伊勢音頭(道中歌)を歌っていたら…いそいそと桜がよじ登って参りました^_^ 。伊勢大神楽では終局の演目・魁曲(らんぎょく)で伊勢音頭を唱和します。台師の気持ちが少しわかったようなわからんような…思わず右手を上げてしまいマシタ^_^ 。

↓下の写真が伊勢大神楽のオリジナル(いつもお世話になっている山本勘太夫組)。
IMGP3080
三歳にして、なかなか渋い嗜好ですが、そうかと思えば、日本中でヒットした?星野源さんの「恋ダンス」を歌って踊ったり、保育園で定番の「とんぼのめがね」を披露してくれたりもします。

大人でも子供でも「歌いたい曲」があれば、積極的にそれを「真似」することによって歌えるようになります。そして、そこでは五線譜は意識されません。

明治以来の音楽教育の影響で、「音楽」=「ドレミ・五線譜」と連想してしまいがちですが、このように「五線譜なしの音楽」を我々は普通に実践しています。それは人間に自然と備わっている能力です。


「耳コピ」・・・これが、最も再現性が高く簡単な方法です。

「楽器を始める」となると、少し構えてしまって、何か特別な能力が必用なのでは?というところから「五線譜」が必須と考えてしまうのかもしれません。しかしながら、そもそも日本の楽器を演奏する時に、西洋の五線譜・ドレミを媒介する必要があるのか?という美意識の問題があります。そして、和楽器の習得に際して五線譜を用いることは、日本語を話すときにローマ字で書かれた原稿を読むようなものですから、当然それによる弊害、副作用も生じます。


篠笛を習得する上での五線譜によるマイナス面をざっと列挙すると以下の通りです。

(ア)五線譜は横書きなので呼吸が乱れる

(イ)実際の篠笛の音だけでなく「ドレミ」の声が頭の中で同時に聞こえる
   →篠笛の純粋な音を楽しめない

まず(ア)についてですが、目線の動きは呼吸や意識の方向と連動していますので、譜面を用いる場合には、それが縦書きであることが、想像以上に大切です。古くから日本音楽の譜面は文字と同じく縦書きが一般的です。西洋音楽伝来以前の音楽を楽しむ訳ですから、ここは素直に縦書きの譜面を用いましょう。

次に(イ)について記してみます。

この、実際の音が「ドレミ」に聞こえる症状はやっかいで、小さい頃にピアノをたしなんだことが原因で、日本の曲であれ何であれ、曲が流れると「ドレミ」に変換してまって、曲本来の魅力を味わえないという実体験を何人もから聞きました。

これは本当に恐ろしい副作用だと思います(それゆえ、私は義務教育における音楽教育の在り方の再考が必用だと考えます)。
17390572_1285397454885996_7100007752078898490_o
明治14年文部省発行『小学唱歌集』(篠笛文化研究社 所蔵)。ドレミ教育の事始めデス。ちなみに、当時はドレミとは呼ばず「1234567」の算用数字をあてて「ヒフミヨイムナ」と大和読みで訓じていました。

このように、歌や音は真似をすることが容易であること、そして、篠笛の習得において五線譜にはマイナス面が多いことから、五線譜を用いることはお勧めしておりません。

とはいえ、運指に名前が付いていないと「他者との意思疎通」や「音の確認」ができません。
そこで玲月流では、明治以来の篠笛の教本で一般に用いられている「数字譜」を使用します。

その方法は単純で、指孔の押さえ方に対応した番号を振ります。何の「音楽教育」を受けていない小学校1年生でも理解できる簡単な方法で、例えば以下のようになります。


五線譜01
森田玲『日本の音 篠笛事始め』篠笛文化研究社より

「桜」の「さくら〜さくら〜」は「223〜223〜」と表記します。

お稽古では、運指(指使い)を伝える時に、このように数字で呼ぶと便利です。

日本の曲は、一曲の中で使う運指は3つ〜5つ程度ですので、慣れてしまえば指が迷うことはほとんどありません。また、同じ曲を何度も吹き込むことで、それぞれの音に指の形や息遣いが連動し、自然と身体が反応するようになります。そうなると、より音に集中することができるようになって、音色の工夫が楽しくなってきます。

先ほど、ドレミで覚えると、頭の中でドレミの声が流れて実際の音と二重に被るという話をいたしましたが、数字譜に頼りすぎると、同じように数字の声が頭の中で流れてしまいますので注意が必要です。

私も祭囃子や自作の曲などは、純粋な実音のみが聞こえますが、「桜」は、一番はじめに「数字」で覚えてしまったので、未だに「にぃにぃさーん」のように頭の中で声が聞こえてしまいます。


五線譜に慣れてしまっているという方もいらっしゃると思いますが、五線譜はあくまでも「共通語」的なものです。訛の強い(魅力的な)民族音楽を楽しむためには、その地域の「母国語」「方言」を採用するのが一番!

「簡単」と言いながら、少し小難しい話になってしまいましたm(_ _)m

篠笛の音曲の習得には「耳コピ」が一番のオススメです!

<追記1>
曲の旋律だけではなく、息遣いや曲調などを包括的に歌で表した「口唱歌(くちしょうが)」が、古くから日本の音曲の伝達方法として活用されています。玲月流でも幾つかの音曲で用いています。口唱歌については項を改めて解説いたします。

<追記2>
五線譜は、非常に洗練された表記法で、それによって成立するすばらしい音楽も沢山あります。また、様々な民族の音楽を比較する上で、あるいは、録音・録画による記録の補助としても五線譜は有効です。私も「伊勢大神楽」の論文を書く際に、紙上において篠笛の旋律を再現しなければならない場面に直面し、その時は五線譜を用いました。私は五線譜を記すことができなかったので、以下の手順で五線譜を作成しました。

1私が笛を吹く
2妻・香織が五線譜を作成しPCソフトに打ち込む
3私がPCで再生した音源を聞いて間違いがないことを確認
4五線譜のデータを作成

<参考>
森田玲「伊勢大神楽の神楽囃子研究」『民俗音楽研究』第36号(日本民俗音楽学会)
→ http://shinobue.blog.jp/ise-daikagura-morita-akira.pdf

篠笛を始める時、まず何本調子の篠笛から始めれば良いでしょうか?

よくある一般的な質問ですが、大袈裟に言えば、その後の「篠笛人生」を決定付ける大切な選択です。

玲月流の篠笛では、初心者の方には「七本調子」の篠笛をお勧めしています。そして「七本調子」に慣れてきたら「六本調子」の笛も使います。

調子02
その理由は以下の二点です。

・「高い音(甲音<かんのおと>)」と「呂音<りょのおと>」がバランス良く出る。

・会話する程度の息の量で、しっかりと音が響く。

・特に七本調子は、六本調子と比較して指孔の間隔が広くないので、初心者や子供、女性でも指が押さえやすい。


「六本」「七本」というのは、笛全体の音の高さを表す数字です。数字が大きくなるにつれて、笛が細く短くなって、その結果全体的な笛の音程が高くなります。

竹が>細い・短い→音程が高くなる。(番号が大きい)
竹が>太い・長い→音程が低くなる。(番号が小さい)

要は「小さい笛」と「大きい笛」があると考えてください。

日本の古典的な音律「日本十二律」は1オクターブを十二音に分けています。そこから、一から十二までの篠笛が慣例的に存在します。

調子

単純に音程の変化だけなら、指孔を押さえることができるのであれば、何本調子の笛から始めても良いように思えますが、実際には「音程」だけではなく「音色」「吹き心地」が、笛の調子によって大きく異なります。

先ほど「一本調子」から「十二本調子」までの篠笛が慣例的に存在すると述べました。

数字が小さくなると、笛の内径が大きくなり長くなるので「深い豊かな低音」を出すことができます。ただし「甲音(高い音)」は、雑音が混じりやすくなり透明感が薄れます。

一方、数字が大きくなると、笛の内径が小さくなり短くなるので「雑音のない高音」を出しやすくなります。ただし楽器本体が小さくなるため「呂音(低い音)」の深みがなくなり、その音量も小さくなります。

太鼓をイメージしてもらえばわかりやすいかもしれません(体積の大きな太鼓は、音量が大きく深い低音、体積の小さな太鼓は音量が小さく歯切れの良い高音)。 

このように、篠笛の調子を選ぶ時は「音程」だけではなく「音色」も考慮に入れます。

そして、「一本調子」から「十二本調子」のちょうど真ん中の「六本調子」「七本調子」の笛が、「甲音(高い音)」と「呂音(低い音)」がバランス良く響き、「深い豊かな低音」から「透明で遠音のさす高音」まで篠笛の魅力を余すことなく表現できる篠笛になります。

特に「六本調子」の笛は、太鼓と合わせる「祭囃子系」の音曲においても、太鼓の音量に負けない歯切れの良い大きな高音を出すことができますし、歌の旋律を表現する時にも、吹き手の感情をしっかりと反映させ、艶のある音色を出すことができます。

このような理由から、玲月流では、最終的には「六本調子」の笛で様々な音曲を奏でることを目指しますが、初心者の人にとっては、六本調子は、少し指孔の間隔が広く、また、深く安定した呼吸が必要ですので、一段階小さい「七本調子」で初めてもらうことにしています。

・初心者は七本調子の篠笛がオススメ
・後に表現力の高い六本調子の篠笛を習得

今回は、初心者の方にお勧めの調子の笛についてお話しました。地域の祭で規定の笛がある場合は、もちろんそれに従います。また、三味線や箏、歌に合わせる時は、他の調子の笛を用いることになります。

いずれにしても、自分で購入してしまう前に、ご質問などございましたら、お問い合わせください。

<追記>
篠笛には、同じ「○本調子」でも、その調律方法によって「古典調」「邦楽調(唄用)」の二種類の笛があります。また、「洋楽調(ドレミの笛)」も存在しますが、これらの分類については別の項目で説明したいと思います。




初めて笛を始める方は、竹の篠笛プラスチィック製の篠笛(プラ管)どちらを買うか迷う方も多いと思います。


玲月流の教室ではプラ管からお稽古を始めますが「竹の笛が欲しい!」という方も少なくなりません。

実際のところ、竹の笛がバンバン売れた方がうちは助かるのですが(笑)、幾つかの理由で、まずはプラ管をお勧めしています。


f4aa8a41a07930eab906
プラ管→詳細

<竹の笛には良くも悪くも癖がある>

篠笛の材料である竹は天然の植物ですから、その内径や外形、密度、また傾斜の角度(端から端まで徐々に細くなる)も様々です。また、歌口や指孔も一つ一つ手であけていきますので、見た目は似たような雰囲気でも、どれ一つとして同じものはありません。

一方、吹き手の側も、歯並びや唇の形、呼吸法方に個性がありますので、自ずから、その息づかいが変わってきます。

このように、篠笛が良い音が出るかどうかは、楽器と奏者の相性に依存します。


自分自身にとって、最も馴染む竹を手に入れること、これが笛吹きの大きな目標と言えます。しかしながら、初めて笛を吹く人は、安定した口の形や呼吸を保つことができませんので、どの笛が自分に合っているかわかりません。

プラ管は各メーカーから幾つか発売されています。

篠笛文化研究社では、笛師が型を作り、その構造をホンモノの篠笛に近づけたものを取り扱っております。これは、大量の竹笛の導入が難しい学校教育の現場用に開発されたものです。


プラ管は、試行錯誤の結果、多くの人にとって吹きやすいように調整されています。ただし、言ってもプラ管ですので、音の響きがやはり物足りません。何より、吹き込めば吹き込むほど育っていく竹の笛に比べると、味気なさは否めません。

プラ管と竹笛についてわかりやすく述べると、

<竹笛> 30点〜150点 1万円〜4万円程度
<プラ管> 80点  2000円程度

(竹の笛も安すぎるものは玩具に近くおすすめできません)

玲月流では、まずはプラ管で慣れてもらって、3ヶ月から半年ほど経って少し笛の善し悪しを判断することができるようになってから、複数の竹の笛の中から、自分に合ったものを選んでいただくことをお勧めしております。

ここで選んだ竹の笛を、笛の表面が飴色にあるまで使い込むと、瑞々しい音が溢れ出るようになります。

竹の笛を早く吹きたいところですが・・・

これから篠笛を始められる方は、まずはプラ管から!

篠笛は、祭を出自として、江戸期に歌舞伎の世界に採り入れられ、明治以降は篠笛単独の演奏会も催され、現在では様々な分野で演奏されています。篠笛に対する想いは、地域や流派、個人によって様々。

どの先生(団体)から習うかによって、演奏する曲目や奏法などが大きく異なりますので、はじめて篠笛を始める方は迷われるかと思います。

ここでは、玲月流(篠笛文化研究社)の方向性をお伝えします。

新刊『日本の音 篠笛事始め』の「はじめに」で詳しく述べていますので、以下に本文を引用いたします。

ご参考になれば幸いですm(_ _)m。

----------------------------------------------------------------
はじめに 森田玲『日本の音 篠笛事始め』より
----------------------------------------------------------------

笛たいこ はやしの中の神祭(かみまつり)   とっぱ日よりを祈る一むら 村社笛太鼓
                        
  皆さんの地元にはお祭はありますか。この歌は、江戸時代の狂歌師、唐衣橘洲<からころもきっしゅう>が詠んだ歌です。「囃子」と「林」(鎮守の杜<もり>)、「とっぱひより」(笛の音ヒャラリ)と「日和」(晴天)を掛詞として、祭の風景と人々の心を巧みに表現しています。「村の鎮守の神様の今日はめでたい御祭日~どんどんひゃらら」と歌われる有名な学校唱歌「村祭」の原形のようでもあり、郷愁を誘います。

 ピーヒャラ・ドンドン、篠笛は、太鼓とともに我々日本人に最も馴染みのある楽器です。ヒョーと響き遠音のさす透明な音色と、ピロピロと鼓膜に響く指打ち音は、世代を越えて共有される日本の音と言えるでしょう。

 篠笛は、竹に孔を開けただけの簡単な構造の横笛ですが、多様な表現に応え、祭囃子をはじめ様々な歌舞の音曲に用いられます。明治以降は、篠笛そのものを主役とする演奏会も多く催されるようになりました。

 私の篠笛の原点は、地元の祭で聴いた笛の遠音です。大学時代に他地域の祭や舞台で奏でられる篠笛を知り、その音色に改めて惹き付けられるようになりました。その後、笛屋の店主として多くのお客様と会話を交わし、また、篠笛奏者として舞台に立ちながら、二十年にわたって篠笛教室で指導を重ねて参りました。本書は、これらの活動の中で培った、私の試行錯誤の集大成です。

 篠笛は他の楽器と比べて、特に難しいものではありませんが、やはり闇雲に吹き続けるだけでは、良い笛の音は出ません。本書では、篠笛に初めて触れる人でも迷わず学べるように、基本中の基本から、図表を用いて詳しく解説しました。また、経験者に役立つ情報も多く盛り込んでいます。

序章 篠笛らしい音を目指して
 まずは、どの曲を吹く時にも心がけたい「篠笛らしい音色とは何か」について確認します。

第一章 奏楽の基本 音を出す 
 次に、音の出し方、笛の構え方など篠笛の基本を学びます。吹かれる場面や流派によって考え方は異なりますが、本書では、祭囃子の雰囲気を残しつつ、舞台での表現に耐え得る実践力の習得を目指します。

第二章 篠笛楽譜 曲を奏でる  
 いよいよ、曲の練習に入ります。我々日本人に馴染みの深い「わらべ歌」や「古曲」、また「祭囃子」の幾つかを採り上げます。江戸時代やそれ以前にまで遡ることができる「日本の音」に親しみながら、篠笛の音色と指運びを習得しましょう。音曲をより深く味わうことができるように、曲ごとに、その歴史や背景を概説しました。

 明治以降、たくさんの篠笛の教本が出版されてきました。その中には、洋楽や現代曲を扱うものも少なくはありませんが、「篠笛本来の魅力に触れることができない」という理由から、本書では、そのような曲は採用していません。いつの時代であっても親しみを感じることができる日本の曲を通して、篠笛の響きを味わいたいと思います。

 楽譜は誰でも簡単に読むことができる数字譜を用いており、音楽経験のない人でも容易に指運びを理解することができます(逆に楽器経験のないことが素直な篠笛の表現に有利に働くこともあります)。ただし、楽譜は補助的なものです。目で数字を追うよりも、手本となる演奏をよく観察し、別売CDなども活用しながら音をしっかりと聴き込み、「真似る」ことが大切です。

第三章 篠笛を識<し>る 歴史と科学
 ここでは、篠笛をはじめ日本の横笛の歴史と、篠笛の構造や発音の原理、日本の音律(十二律)について学びます。楽器の歴史や理論を知ることで、自信を持って様々な音曲を演奏できるようになるはずです。

 篠笛は、持続音を用いて旋律を奏でることができる楽器です。歌はちょっと苦手という人も、篠笛でなら無理なく音曲を奏でることができます。清らかで透明な響きは、聴き手はもちろん吹き手自身の魂をも心地良く揺らします。篠笛を通して、様々な日本文化に触れる楽しさ、そして、長く尊い歴史を持つ、この篠笛を吹く喜びを、皆さんと共有できれば嬉しく存じます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上です。

篠笛を始めてみよう!と思われた方は、是非、見学・体験などにお越しください。
教室は京都・大阪・東京・福岡にございますm(_ _)m
篠笛教室のご案内
002
森田玲『日本の音 篠笛事始め』→詳細

↑このページのトップヘ