篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」の演奏・講演会

10月19日(木)フォーシーズンスホテル京都で演奏いたします。いつもお世話になっている有職菓子御調進所「老松」当主の太田達先生とご一緒させていただきます。以下、ホテルに掲載された情報です。
22289628_1884455644902865_1186914836423389588_o
22289897_1884456151569481_1748309630008880585_o
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10月19日(木)に茶室「積翠亭」にて、重陽(旧暦)の節句茶会を開催いたします。玲月流篠笛宗家の森田玲氏による美しい篠笛を聞きながら、お茶を一服いかがでしょうか。茶会のあとは、レストラン「ブラッスリー」でシェフ井料剛によるアーティスティックなディナーをご堪能いただきます。秋の夜長のひとときを積翠園の美しい眺めとともにお楽しみください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日時:10月19日 (木)16時30分~
※17時30分よりブラッスリーにてディナーをお楽しみ頂きます。
場所:庭園内 茶室「積翠亭(しゃくすいてい)」

料金:お一人様15,000円*
※別途サービス料13%・税金を申し受けます。


ご予約・お問合せ:「ザ・ラウンジ&バー」 075-541-8288(代表)

ホテル・ホームページ http://www.fourseasons.com/jp/kyoto/

Celebrating the Chrysanthemum Festival "Choyo" in the lunar calendar, we are pleased to announce the tea ceremony & dinner event on 19 October.
Enjoy the tea ceremony listening to music by Rei Morita, the Japanese flute (Shinobue) artist, followed by our sumptuous dinner at the Brasserie.

Date: Thursday, 19 October, 2017 
Time: 4:30pm
Price: JPY15,000 
Venue: Tea House Shakusui-tei (Dinner at Brrasserie from 5:30pm)
*Exclusive of 13% service charge & 8% tax
Reservation: The Lounge & Bar  +81 75 541 8288

吹田市立博物館開館25周年記念

「北大阪のまつり~まもりつたえる心~」

講演 10月21日(土) 午後2時~3時30分
<祭の中の神賑-御迎提灯と太鼓台のルーツを探る>
講師 / 森田玲氏(玲月流初代・篠笛奏者

吹田01

北大阪の能勢町、豊能町、池田市、箕面市、豊中市、吹田市、摂津市、茨木市、高槻市、島本町に残る、年頭、農耕、愛宕火、献灯の行事、六斉念仏、獅子舞、いのこ餅の御所への献納行事などについて指定民俗文化財を中心に展観することで、北大阪全域の祭礼文化の特徴を紹介します。また、ロビーにて写真家三村幸一氏が撮影した北大阪のまつりの写真も展示します。

詳細(吹田市博物館ホームページ)→ http://www.suita.ed.jp/hak/moy/moy1.html


大阪北部には、神事的要素の多い祭がたくさん残っています。
拙著『日本の祭と神賑』創元社の内容を元に、京都と大坂の祭の具体例をあげながら、祭の中の「御迎提灯」と「太鼓台」のルーツと神賑化の変遷をご紹介いたします。

他の先生方の講演も是非!
いつも書籍や論文を引用させていただいている先生方です。
皆さまのご来場をお待ちしておりますm(_ _)m

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10月21日(土) 午後2時~3時30分
「祭の中の神賑(かみにぎわい)~御迎提灯と太鼓台のルーツを探る」
講師/森田玲氏(玲月流初代・篠笛奏者)


10月29日(日) 午後2時~3時30分
「写真家三村幸一の撮った北大阪のまつり」
講師/黒田一充氏(関西大学教授)

11月3日(祝) 午後1時30分~3時
「「お祭り広場」って何ですか? -大阪万博秘話」
講師/上田篤氏(元大阪大学教授)

11月23日(祝) 午後2時~3時30分
「北大阪の正月行事」
森成元氏(大阪府教育庁文化財保護課専門員)

11月25日(土) 午後2時~3時30分
「愛宕信仰の変遷と伝播-軍神から火伏の神へ」
講師/八木透氏(佛教大学教授)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

毎年恒例の京都・雲龍院「お月見の会」での篠笛演奏、多くのお客様にご来場いただき楽しいひと時となりました。透明なお月様の光の下、秋の虫の音とともに心地良く笛を吹くことができました。皆様ありがとうございましたm(_ _)m。

一曲目と最後の曲は、篠笛の音の移ろい、遠音の音色をお聞きいただくために、歩きながら演奏する道楽としています。
雲龍院5
笛は篠笛いみじうをかし ほのかに聞こゆるもいとをかし


雲龍院2
雲龍院3
秋の虫の声とともに、お月様にまつわるお話をしながら、ゆったりと楽しい雰囲気となりました。

月(森田玲 作曲)
兎(わらべ歌)
カミあそび(森田玲 作曲)
←カミ様(お月様)に奉る神楽として
馬鹿囃子(伊勢大神楽)←皇室縁りのお寺に因んで
並足の笛(岸和田地車囃子)←八幡神に因んで
秋の音(森田玲 作曲)二重奏で


今年は10月4日が中秋(ほぼ満月)。お月さまもカミ様。月見団子は神饌にあたります。‪子供たちが自由に団子を盗る風俗(月見泥棒)は、お月さまが神饌を食したと解釈することができます。旧暦8月15日の中秋は八幡神系の神社では仏教系の祭、放生会が営まれました。その源流は宇佐神宮。生き物、命に感謝をする日。
雲龍院7
写真・森田玲『日本の祭と神賑』創元社

今年は10月4日が旧暦8月15日の中秋でしたが「満月度」は6日の方が高かったようです。→ https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2017/10-topics02.html (国立天文台)。

雲龍院6
雲龍院4
ご来場の皆さま、ありがとうございました!来年もお待ちしておりますm(_ _)m

10月2日の東京楽器コレクション、満員御礼!ご来場の皆様ありがとうございましたm(_ _)m
22096124_1463421597083580_7227030735350608914_o
スタッフの皆様お疲れ様でした^_^ 様々なジャンルの楽器を一気に楽しめる豪華な企画。

冒頭に楽器の説明の後、「月」「カミあそび」「馬鹿囃子」「秋の音」を吹かせていただきました。
東京01
東京02
東京03
篠笛の魅力も十分に伝えることができたと思います。

それぞれの演奏家の皆さんのレベルがかなり高く、いつもとは違ったプレッシャーを感じつつも、良い音で篠笛を響かせることができたかと思います。東京の篠笛教室の皆さんも沢山駆けつけてくださいました。

今後も東京での演奏の機会を増やすことができればと思います^_^

↑このページのトップヘ