篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」の演奏・講演会

毎年恒例の京都での奉納演奏・発表会のチラシが完成いたしました。皆さまお誘い合わせの上ぜひお越しくださいませm(_ _)m
篠楽会2019
玲月流 篠笛 奉納演奏・発表会
篠笛で楽しむ 日本の音「篠楽会ーささらのかいー」

2019年5月19日(日)
・13:30 奉納演奏
・14:00 篠笛発表会
・15:30 お楽しみ演奏会

<場所> 御寺泉涌寺 別格本山 雲龍院

<入場料> 無料 (雲龍院拝観料 400円が必要です)
 

玲月流門下生と森田玲による奉納演奏会・発表会です。篠笛は日本古来の竹の横笛です。美しい日本庭園を背景に、日本古歌、わらべ歌、祭囃子、新作曲など、日本の音曲を奏でます。透明で瑞々しい篠笛の音色をお楽しみください

<お問い合わせ>
株式会社 篠笛文化研究社
電話 075(708)2614
E-mail info@shinobue.co.jp

チラシ(表・裏)
PDF→ 
http://shinobue.blog.jp/sasara-no-kai2019.pdf

日曜日に鼓屋で開催のワークショップ型交流会「笛と太鼓は恋人」大盛況でした!
IMGP6998
こんなに楽しかった企画は、これまでの篠笛人生を思い返しても中々思い浮かびません。
 
篠笛奏者の私が太鼓についても語り、太鼓奏者の植木くんが篠笛についても語る。この相乗効果は予想以上でした。
 
◆第一部◆️笛と太鼓のワークショップ
 
篠笛と太鼓のワークショップは2班に分かれての入れ替え制。初心者と経験者に分かれていただきました。
IMGP7039
皆さんご自身の笛をお持ちいただいておりましたが、多くはドレミの笛でしたので、また、銘が異なると息の込め方が多少違ってくるので、学校教材用プラスチック製篠笛「篠音-しののね-」でお稽古を開始!
 
初心者の方は、勢いで甲音(高い音)まで何とか到達!経験者の方は、一旦、今までの経験を横に置いていただいて、以下の二点を重点的に調整しました。
 
(1)左手の親指の位置
 
何かの舞台やネットを見てのことだと思いますが、ほとんどの方は左手の親指を大きく開いて笛を口に押し付けるようにして構えていました。「なぜ親指を開いているのですか?」という質問に対してその意義を答えられる人がいなかったので遠慮なく強制^_^
 
左手親指を広げすぎると、多用する左手人差指の指打ちの衝撃を受けることができません。笛は右手の小指と親指と唇の三点で軽く固定し、左手親指は、人差指の真下かわずかに歌口側へ配して下唇への笛の辺り具合の微調整に使います。この方法を経験していただきました。音量と響きが増しました\(^o^)/
 
(2)甲音(高音)
 
教本によっては、ホースの先を強く締める水の勢いが増すことに喩えて、口に力を入れて吹くという説明がなされていますが、これだと、音が固くなって、また、呂音(低音)に戻すことが難しくなります。玲月流では、裏声を出す感覚で、喉の中での音を響かせる位置を変えることによって甲音を出します。これを体感していただきました。こちらの方法も初めての方がほとんどで、喜んでいただけたようです^_^
52889928_550858432068632_6558827596895748096_n
太鼓のワークショップは、手数ではなく、一音一音を大切にする打ち方を体験されたとのこと。笛も太鼓も音色が第一です。
 
◆第二部◆演奏と講演・座談会
 
植木くんの太鼓と合わせたのは十ヶ月振り。リハなしでの演奏は緊張感が半端でなかったですが、やはり植木君の太鼓との演奏は楽しいです。笛の音が独奏の時以上にほとばしりました。
IMGP7058
僕が作曲した「序の笛」「カミあそび」「月に桜」を演奏。うちの門下生の皆さんも、僕が太鼓と一緒に演奏することころを見たことがない人も沢山いたので、喜んでもらえたようです。
 
要所で「伊勢大神楽」の「馬鹿囃子」などの古典曲も吹きました。
 
講演の部では、植木くんは太鼓の種類について、熱弁。僕が篠笛の分類について。特に、太鼓グループでドレミの笛を持っていらっしゃる方が多く、また、ドレミの笛を間違って「唄用」と思っている人も沢山いましたので、除霊の祝詞を奏上!以下の分類表をお配りいたしました!
 
続いて、各地の祭の写真を写しながら、笛や太鼓、祭の在り方について、二人で弾丸のようなトークを繰り広げ、お客さんから、嵐のような返しがあって、大盛り上がり!会場一体火の玉となりました!
IMGP7079
ここまで13時から17時50分までほぼ5時間ぶっ通し。
  
まだまだ終わりません。
 
◆第三部◆茶話会
 
茶話会と銘打った第三部は18時から21時まで3時間。ご参加の皆さんからの質問が矢継ぎ早にあって、飛んできた矢を受け取ってはリボンを結びつけて射返すという高等テクニックを駆使して、笑いあり、涙ありの充実した時間を共有することができました^_^
 
本当に楽しく有意義な会でした!
 
全体を通し、篠笛にしろ太鼓にしろ、笛と太鼓を一旦おいて、あるいは、それを手にする前に議論すべきことがまったくなされていないという現実を再確認することになりました。篠笛も和太鼓も世界の中で日本だけにしかない民族楽器なのですから、それらが育まれた日本の文化を前提として、笛と太鼓に携わりたいものです。その方が、喜びも格別ですし、また、そうでないと、次の世代には先人たちの蓄積は何も伝わりません。
 
もったいない!
 
何でも入り口が大切。道を間違えると、到達すべき頂には絶対にたどり着きません。先達の責任は重大です。
 
我々二人も多くのことを学んだ一日でした。
 
ご参加の皆さん、お手伝いいただいた皆さん、本当にありがとうごあいました。
 
「笛と太鼓は恋人」第二段やります!
 
笛と太鼓の交換日記も続きます!
 

今年度に引き続き来年度も弘道館での講座が決定いたしました。
弘道館講座チラシ(第二期)




★ 2018年度の最終回は3月17日(日)「祭は誰のものか?」です。

http://shinobue.blog.jp/archives/9057882.html

弘道館は急激に姿を消しつつある京町家を保存し、その景観や文化を守ろうとする有志の皆さんによって運営されております。講座にご参加いただくことが、その保存活動に繋がります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日本祭と神賑(かみにぎわい)ー全6回ー
京都・摂河泉の祭具から読み解く祈りのかたち
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※1回ごとの受講でもお楽しみ頂けます!

受講料 2000円
会場 有斐斎 弘道館
時間  11時~12時半

★お申し込み → こちら

講師  森田玲(もりた あきら)
    玲月流初代・篠笛奏者/京都市芸術文化特別奨励者
      『日本の祭と神賑』創元社/『日本の音 篠笛事始め』

チラシPDF
→ http://shinobue.blog.jp/ko-do-kan-02.pdf


◆ 神輿・山鉾・だんじり(地車・太鼓台)・お迎え提灯・獅子舞などの祭具・芸能の発達史から、祭の過去・現在・未来について考えます!

◆ 本講座では、祭を「神事」「神賑行事」という二つの局面に分けて話を進めます。

◆ 「祭」の中で、ヒトの意識がカミ様に向いている場面が「神事」。ヒトの意識がヒト(氏子同士や見物人)に向いている場面が「神賑行事」です。

◆ 祭の目的は? 祭の役割は? 祭は誰のものか?

<2019>

4/21(日)   神賑行事とは何か? -祭を読み解く羅針盤-

6/16(日)   神輿と御迎提灯 -カミの道行きとカミ迎えの灯-

8/18(日)   鉾と山と曳車  -カミの道行きとカミ迎えの灯-

10/20(日)   地車と太鼓台 -ダンジリの語源とルーツに迫る-

12/15(日)   獅子舞 -唐獅子の来歴と伊勢大神楽-

<2020>

2/16(日)   心で読み解く日本三大祭 -祇園祭・天神祭・天下祭-

今年で11年目となる大阪天満宮の「てんま天神梅まつり」での篠笛演奏。梅花を寿ぐ篠笛の音。ほのかな梅の香が漂う中、多くのご参拝の皆様にご来場いただき、篠笛の奏楽を楽しむことができました^_^
52259304_2061610607264673_8932552186265600000_o
51332183_2061610643931336_3654427018914693120_o
今年は門下生の皆さんも有志で参加。良い経験になったと思います。清らかな空間で篠笛を吹くことができました。ご参拝の皆様、大阪天満宮様、ありがとうございましたm(_ _)m
52434225_2061610763931324_5738679222080110592_o
52582474_2061610773931323_1103251122656641024_o


「篠笛フォーラム(掲示板)」開設いたしました!
 

→ https://shinobue2.wixsite.com/shinobue/forum/
 

~篠笛から日本の文化を語り合う~ 
篠笛フォーラム
投稿・コメントにはログインが通用ですが(メルアドの登録のみ)、どなたでも自由に閲覧可能です! 

 

どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

↑このページのトップヘ