篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」の演奏・講演会

第六回「日本の祭シンポジウム」(名古屋)で講演させていただきます。

昨年のシンポジウムで
秩父神社の薗田稔宮司さまに拙著『日本の祭と神賑』をご紹介いただいたことがご縁ですm(_ _)m。

祭のフィールドワークや文献研究は明治以来の膨大な蓄積があり、現在も継続中です。今こそ、この祭という「民俗知」を現在と未来のコミュニティーのために活かさねばなりません。「祭」は「神事」と「神賑(かみにぎわい)行事」のバランスが大切。良い議論ができるよう準備を整えたいと思います。

皆さま是非!
38650393_1799365850155818_6506893728525844480_o
ーーーーーーーーーーーーーー
第6回「日本の祭シンポジウム」
ーーーーーーーーーーーーーー
平成30年9月15日(土)13:00-16:00

会場・名古屋市ルブラ王山(名古屋市千種区覚王山通8-18)

入場無料・申込不要

詳細→http://www.sgk.ac.jp/social/openclass/

第一部 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
基調講演『日本の祭と神賑(かみにぎわい)』

講師 森田玲(玲月流初代・篠笛奏者)

第二部 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
パネルディスカッション『祭の学生参加』

八木透(佛教大学歴史学部教授)
鈴木泰輔(岐阜県立吉城高校キャリア推進部長)

コーディネーター
石田芳弘(伊達コミュニケーション研究所所長)

〈主催〉ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
学校法人至学館 伊達コミュニケーション研究所
あいち山車まつり日本一協議会

〈後援〉ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国土交通省中部運輸局
全国山・鉾・屋台保存連合会
コミュニティ政策学会
NHK名古屋放送局
中日新聞社

御寺 泉涌寺別院・雲龍院での「お月見の会」のご案内
IMGP5467

恒例の京都・雲龍院での「お月見の会」のご案内です。
四日間ございます(お問い合わせ先が異なります)
秋の虫の声とともに篠笛の音色をお楽しみ頂けます。
我々奏者にとっても、一年で最も贅沢なひとときです。
5C5A0902
IMGP5490
毎年、好評で満席となりますので、お早めにお申し込みください。


以前の「お月見の会」での篠笛演奏の動画 ↓



9月22日(土)<京都定期観光バス>17時 京都駅烏丸口
9月23日(日)<京都定期観光バス>17時 京都駅烏丸口
9月24日(月)<京都定期観光バス>17時 京都駅烏丸口
https://resv.kyototeikikanko.gr.jp/ (ページ左上の「観光コース検索/予約」から検索ください)

9月25日(火<雲龍院主催>18時~(檀家さん優先です)
http://www.unryuin.jp/

ーーー<内容>ーーー
薬師如来拝観
ひと文字写経奉納
ライトアップの庭園鑑賞
お茶席(悟りの間)<茶道扶桑織部家元 尾崎米栢>
点心
篠笛演奏会<森田玲・森田香織>
ーーーーーーーーーーーーーーー


皆さまのお越しをお待ちしておりますm(_ _)m

「日本人の忘れもの知恵会議」世界竹の日記念「竹に触れ、竹を知る」

9月17日(月・祝)13時半より
京都新聞文化ホールにて

竹三昧の一日です!

昨日(8月13日)の京都新聞に告知されております。
私、森田玲は篠笛の演奏を担当!
2018.18.12

★先日の告知では小学生・保護者の方が対象でしたが、
小学生以上でしたら、どなたでもご参加可能になったようです。

皆さま是非!

7月14日(土)は恒例の岩戸山にて恒例の祇園祭・宵山「天岩戸のカミあそび」!40度に迫る暑さの中、今年も多くの皆さまにお集まりいただくことができました。

祭という特別な空間、曳山と提灯を背景とした歌舞音曲は、やはり独特の味わいでした。

IMG_祇園祭 (4)

第一部<奏楽>

一、篠楽〔森田玲 作曲〕
二、粽売りの歌・四方の景色〔京のわらべ歌〕
三、馬鹿囃子〔伊勢大神楽〕
四、花舞扇〔森田玲 作曲〕
五、月に桜〔森田玲 作曲〕

IMG_祇園祭 (2)

IMG_8333
岩戸山の高橋会長のご挨拶
IMG_8335

私は厄除け粽と生粽のPR!
IMG_祇園祭 (7)
第一部は篠笛の独奏、二重奏、太鼓とチャッパとのお囃子です。
IMG_祇園祭 (12)
IMG_祇園祭 (13)
IMG_祇園祭 (15)
「月に桜」を演奏したのは五年ぶり!

私、日本一演奏の機会の少ない篠笛奏者のため、中々、笛の音をお聞きいただく機会もなく・・・「第一部」の動画(フルバージョン)を以下にアップいたしました。お時間ございましたら、是非、ご覧いただければと存じます。




第二部<歌舞音曲>

「天岩戸のカミあそび」国生み~天の岩戸開き

岩戸山の御神体であるアマテラスオオミカミ、イザナギノミコトに因み

観世流能楽師・林宗一郎さん、独楽太鼓奏者・植木陽史さん、そして、私、森田玲と森田香織の篠笛で、アメノウズメノミコトが舞う「天岩戸開き」を披露


歌舞 林宗一郎 作
音曲 森田玲 作

 舞 林宗一郎〔観世流 能楽師〕
篠笛 森田 玲〔玲月流初代 篠笛奏者〕
篠笛 森田香織〔玲月流 篠笛奏者〕
太鼓 植木陽史〔独楽代表 太鼓奏者〕

IMG_祇園祭 (18)
導入はイザナキノミコト・イザナミノミコトの「国生み」。
「こおろこおろ」と鉾でかいてオノコロジマを生み、そこに天の御柱を立て、二神は柱を巡ります。
IMG_祇園祭 (21)
IMG_祇園祭 (22)

あなにやしえおとこを

あなにやしえおとめを


おみなのまずいうはよからず


あなにやしえおとめを

あなにやしえおとこを


次に「天岩戸開き」に移ります。

まずは岩戸のそのはじめ
隠れしカミを出ださんとて

八百万のカミあそび
これぞ神楽のはじめなる


笹葉を採ってアメノウズメノミコトが登場。
IMG_祇園祭 (24)
IMG_祇園祭 (25)
「カミあそび」の奏楽に乗って次第に神懸かりしてまいります。
IMG_祇園祭 (27)
遂にアマテラスオオミカミの御生れが成って舞を納めます。

宗一郎さんは、これまでの「カミあそび」の中で最高の出来映えだとおっしゃっていました!来年は「面」を掛けての舞台となる予定です。岩戸山の歴史の1ページに関わることができ嬉しく存じますm(_ _)m
IMG_祇園祭 (31)


IMG_祇園祭 (34)
今回は来年の神楽面の完成に向けて試験的に写真とビデオ撮影をお願いしました。写真はいつも素敵な写真を撮ってくださる山本恵美さん、動画は無理を言って祇園祭を見聞に来ていた神野知恵さん(国立民族学博物館研究員)にお願いいしましたm(_ _)m

IMG_祇園祭 (28)

恩師の柴田昌三先生(京都大学農学研究科教授)が駆け付けてくださいました!竹のプロフェッショナルです!

京大入学(1回目)は北海道の演習林で、再入学時は研究室でお世話になりましたm(_ _)m


IMG_祇園祭 (35)

我々の舞台の後はコンチキチンと祇園囃子が夜遅くまで鳴り響きました。

来年も7月14日の「カミあそび」よろしくお願い申し上げます。


↑このページのトップヘ