篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」の演奏・講演会

先週土曜日の「篠笛懇話会」それに続く「玲月流新年会」大いに盛り上がりました。

あの狭い「玲月流 桜楓庵」に15人以上も入ったことにびっくりです。
26952227_1572631696162569_6339161477077961347_o
今回は昨年発売の森田玲『日本の音 篠笛事始め』の解説。100ページありますので、単純計算で1ページ1分でも100分かかることになります。

どんどん飛ばしていかないといけないので、事前に話す内容をプリントにまとめてご参加の皆さんにお渡しいたしました。
26850285_1572631699495902_2179262770728235670_o

各ページの要点、必ず理解して欲しい内容、それを理解するための切り口を、しっかりとお伝えできたかと思います。

夜は桜も参加しての「新年会」。はじめは、ふにゃふにゃでしたが、中盤で慣れてきたのか「もりたのさくらデス」と元気に挨拶し、「六」の音を吹いて、皆さんから拍手をいただきました。

今年の玲月流の目標は門下生の皆さんの劇的なレベルアップ!

透明で瑞々しい音、ほとばしる指打ち音・・・

それを実現するための「篠笛特訓講座」を設けます。

5月の奉納演奏会・発表会に向けて、希望者には衣装(着物・袴)も揃えたいと思っています。

生徒さんの自主稽古の会「笹音会(ささのねかい)」も盛り上がって参りました。

自分もまだまだ勉強不足ですが、篠笛を吹くからには、自分の演奏している楽器について、責任ある発言ができる状態ではありたいですね。

昔、こども教室でやっていたような、門下生向けの「篠笛検定(実技+筆記)」を復活させようかな・・

今週は東京での「新年会」。東京でも「篠笛懇話会」を開催できればと考えております。

有意義な日々でした。

篠笛懇話会


昨年発刊いたしました「篠笛事始め」一刷は完売で、現在、増刷の準備中です。

本の内容はこちら →  https://taminouta.stores.jp/items/5938b3baf22a5b1e64006b40

篠笛の奏法・数字譜・歴史について、各項目とも簡潔には記していますが、
私の篠笛人生の二十年の集大成ということもあり、情報量は少なくありません。

生徒さんからの質問も多いこともあり、全ページの解説と質問に応える場を設けることにしました。
「事始め」を最大限に活用していただくための要点を、全ページにわたって簡潔に解説します。
また、質疑応答の時間を十分に取って、皆さまの疑問を解消したいと思います。

スペースの関係上、人数が限られており、申し込み人数が多い場合は、ぎゅうぎゅう詰め状態になるかもしれませんが、皆さまのお越しをお待ちしております。


『日本の音 篠笛事始め』発刊記念 篠笛懇話会 全ページ解説と質疑応答

・平成30年1月20日(土)15時から17時
・会場 篠笛文化研究社(京阪三条下車スグ)京都市左京区新丸太町75番9号
 (地図>http://www.taminouta.com/001-map.html
・会費 4000円(会員 3500円)
・定員15名
・講師 玲月流 初代 篠笛奏者 森田玲

 <申し込み> メール info@shinobue.co.jp  電話 075-708-2614

10月19日(木)フォーシーズンスホテル京都で演奏いたします。いつもお世話になっている有職菓子御調進所「老松」当主の太田達先生とご一緒させていただきます。以下、ホテルに掲載された情報です。
22289628_1884455644902865_1186914836423389588_o
22289897_1884456151569481_1748309630008880585_o
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10月19日(木)に茶室「積翠亭」にて、重陽(旧暦)の節句茶会を開催いたします。玲月流篠笛宗家の森田玲氏による美しい篠笛を聞きながら、お茶を一服いかがでしょうか。茶会のあとは、レストラン「ブラッスリー」でシェフ井料剛によるアーティスティックなディナーをご堪能いただきます。秋の夜長のひとときを積翠園の美しい眺めとともにお楽しみください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日時:10月19日 (木)16時30分~
※17時30分よりブラッスリーにてディナーをお楽しみ頂きます。
場所:庭園内 茶室「積翠亭(しゃくすいてい)」

料金:お一人様15,000円*
※別途サービス料13%・税金を申し受けます。


ご予約・お問合せ:「ザ・ラウンジ&バー」 075-541-8288(代表)

ホテル・ホームページ http://www.fourseasons.com/jp/kyoto/

Celebrating the Chrysanthemum Festival "Choyo" in the lunar calendar, we are pleased to announce the tea ceremony & dinner event on 19 October.
Enjoy the tea ceremony listening to music by Rei Morita, the Japanese flute (Shinobue) artist, followed by our sumptuous dinner at the Brasserie.

Date: Thursday, 19 October, 2017 
Time: 4:30pm
Price: JPY15,000 
Venue: Tea House Shakusui-tei (Dinner at Brrasserie from 5:30pm)
*Exclusive of 13% service charge & 8% tax
Reservation: The Lounge & Bar  +81 75 541 8288

吹田市立博物館開館25周年記念

「北大阪のまつり~まもりつたえる心~」

講演 10月21日(土) 午後2時~3時30分
<祭の中の神賑-御迎提灯と太鼓台のルーツを探る>
講師 / 森田玲氏(玲月流初代・篠笛奏者

吹田01

北大阪の能勢町、豊能町、池田市、箕面市、豊中市、吹田市、摂津市、茨木市、高槻市、島本町に残る、年頭、農耕、愛宕火、献灯の行事、六斉念仏、獅子舞、いのこ餅の御所への献納行事などについて指定民俗文化財を中心に展観することで、北大阪全域の祭礼文化の特徴を紹介します。また、ロビーにて写真家三村幸一氏が撮影した北大阪のまつりの写真も展示します。

詳細(吹田市博物館ホームページ)→ http://www.suita.ed.jp/hak/moy/moy1.html


大阪北部には、神事的要素の多い祭がたくさん残っています。
拙著『日本の祭と神賑』創元社の内容を元に、京都と大坂の祭の具体例をあげながら、祭の中の「御迎提灯」と「太鼓台」のルーツと神賑化の変遷をご紹介いたします。

他の先生方の講演も是非!
いつも書籍や論文を引用させていただいている先生方です。
皆さまのご来場をお待ちしておりますm(_ _)m

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
10月21日(土) 午後2時~3時30分
「祭の中の神賑(かみにぎわい)~御迎提灯と太鼓台のルーツを探る」
講師/森田玲氏(玲月流初代・篠笛奏者)


10月29日(日) 午後2時~3時30分
「写真家三村幸一の撮った北大阪のまつり」
講師/黒田一充氏(関西大学教授)

11月3日(祝) 午後1時30分~3時
「「お祭り広場」って何ですか? -大阪万博秘話」
講師/上田篤氏(元大阪大学教授)

11月23日(祝) 午後2時~3時30分
「北大阪の正月行事」
森成元氏(大阪府教育庁文化財保護課専門員)

11月25日(土) 午後2時~3時30分
「愛宕信仰の変遷と伝播-軍神から火伏の神へ」
講師/八木透氏(佛教大学教授)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

↑このページのトップヘ