篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: プライベート日記

今年の夏の暑さも中々ヘヴィでした。

うちは、ここ数年「エアコンなし!生活」で夏を乗り切っております。特に「自然派!?」というわけではございませんが、エアコンで何度も体調を崩した経験から、過酷ではありますが、結果的にはエアコンなしの方が元気に動ける「実働日数」が増えています。

なお、笛のお稽古場は冷房完備ですので、ご安心を!

京都の悲惨な夏は、外国人の方にもよく知られているようで・・

「京都ノ夏ハ暑いデス・盆地ダカラ」

という自分突っ込みの定型句をよく聞きます。
日本語を勉強するときによく出てくるのでしょうか?
以下、英語で今年の夏の「Wファン作戦」について!

I live in Kyoto city.
In Japan Kyoto city is famous for the terrible heat and humidity in summer, which is caused by this geography, the basin.
I used to turn on the air conditioner, but I realized it was bad for my health one day (and also for my wallet).
I recommend you to choose a fan.
In order to confront the difficult situation, the summer in Kyoto, I bought two fans.
I put one fan near the window to take fresh air into the room and the other near me.
This double fan system circulates the heavy air smoothly.
Don't get the air directly,because you will get cold.

さて、秋の篠笛の演奏の予定をアップする前に、夏の演奏会のご報告を幾つか。

19984100_1392905757468498_4184606888712075483_o
7月14日、祇園祭の宵山。毎年恒例の岩戸山での公演。観世流能楽師の林宗一郎さんとともに6、7年前ほどから作り上げてきた神賑の舞台です。私、森田玲と森田香織の篠笛、植木陽史さんの太鼓による囃子が入ります。
19983852_1392905760801831_8056180934189296517_o

岩戸山の御祭神人形であるアマテラスオオミカミスサノオノミコトに因んで、日本神話の名場面「天岩戸開き」を再現!
20106514_869560619862800_1973245596555511023_n
20121140_1391870250905382_940922185446184884_o
祭の神賑、それも岩戸山を背景とした埒(らち)内が舞台という貴重な機会で、我々演者も毎年この日を楽しみにしております。

今年は、もう一柱の御祭神人形であるイザナキノミコトに因んで「国生み」の場面を初演いたしました。

日頃の私の舞台では、篠笛や、篠笛と太鼓のみでの表現となる「カミあそび」「産土神(うぶすな)」といった音曲に舞と歌が入って、曲そのものに魂が宿って、瑞々しく美しい笛の音色が溢れ出ます。

来年も7月14日が式日となるかと思います。皆さま是非!

もう一つは「京の七夕」。祭をはじめ、多くの日本の伝統行事は、明治の改暦(旧暦→新暦)の際に、その季節感を合わせるために、一ヶ月、日取りを遅らせる「月送り」を採用しました。それに拠ると七月七日の七夕は八月七日となりますが、七・七というゾロ目が大切でしたから、そのまま新暦の七月七日を採用した地域が多くみられます(三月三日の桃の節句、五月五日の端午の節句など)。

七月十五日のお盆は「月送り」が一般的ですから、八月十五日となり、元々は連続して行なわれていた、七夕とお盆の行事は分離することになりました。

京都では新暦七月は祇園祭で賑わいますので、近年、この八月の七夕に注目して、様々な行事が行なわれています(京の七夕)。

玲月流では、香織先生と生徒さんの有志で、鴨川納涼の舞台に参加!この日は浴衣で演奏しました。
三条大橋から四条大橋の間の川沿いには、各都道府県の物産ブースが連なり、とても賑わっています。
20626738_1413639975395076_4457708794708089596_o
この日は、私、森田はカメラ係。

そして・・・桜の初舞台でした!(座っているだけですが)。かなり不機嫌そうに見えますが、彼女なりの真剣な表情のようです。

暑い夏も終わりを告げます。

秋は篠笛の音がよく透き通る笛の季節です。

秋が楽しみです。

8月16日。今年も家族で「五山の送り火」に参りました。

日頃「あっ!ここよう見えるやん!覚えとこ!」とベストポイントを見つけるのですが、当日になって正確な位置を忘れてしまい、確認しようとするも真っ暗で(点火は20時)毎年あたふたしてしまいます(笑)。

今年は、鴨川の二条大橋の少し北側に・・・夜空に美しく大の文字が浮かび上がりました。
20786011_1422645051161235_7422109133167463810_o
「大文字焼き」と呼ぶと現在の京都では違和感が持たれます。実際、山を焼いているではなく、大松明に点火して「大文字」「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」を象ります。

ちなみに江戸期には旧暦7月16日の日取りでした。旧暦の15日はほぼ望月で、翌日も夕刻の早いタイミングで東山から丸いお月様が登ります。そのため、かつては「大文字」と「満月」はセットで認識されていました。


IMG_4016
<大文字山(東山如意ヶ嶽)の山の端に月が見えます(森田玲『日本の祭と神賑』より)>

「新暦と旧暦の違い」は、日本の祭を考える上で大切な内容です。これについては、機会を改めて詳しく述べたいと思います。


話を戻します。それでは、この「五山の送り火」の目的は何かご存じでしょうか?

この行事は、その名の通り祖霊(精霊)を送るために行なわれます。

よく知られている海や川での「精霊流し」と同じ意味合いの行事です。

そして、「送り火」があれば「迎え火」もございます。
13975457_1069163979842679_3481620470638254071_o
写真は昨年のもの。うちの玄関で「迎え火」を焚きました。
桜が「誰かきた!」と言った時には、さすがにびっくりしました。

古くは「送り火」も、このような各戸で行なっていたと思いますが、京都では、それが大々的になりました(私は「神賑化」と呼んでいます)。

「お盆」(盂蘭盆会)というのは仏教用語ですので、「送り火」も仏教行事のような気がしますが、純度100%ではございません。

日本教の仏教割りカクテルと言ったところでしょうか・・・

オリジナルの仏教は「輪廻」から逃れるために「解脱」することが目的で、そのために様々な修行が行なわれます。輪廻転生の概念では、亡くなった人は何かに生まれ変わっているわけですから、祖霊の存在を認めていないことになります。

日本のお盆には、仏教伝来以前の宗教観が反映されています。

すなわち「カミ迎え」「カミ祀り」「カミ送り」の三部構造です。

このような三部構成は日本の様々な行事でみることができます。

IMG_4017

(森田玲『日本の祭と神賑』より)

日本におけるカミは「畏れ多いものすべて」を指します。つまり、ここではご先祖様の魂もカミと解されます。

何らかの方法でカミ(祖霊)をお迎えし、供物と読経を奉ります、そして何らかの方法でカミをお送りします。

盆踊りと言えば「盆踊り」。これは、生きている人々と祖霊が交歓する行事であることが多く、その場合は「カミ祀り」に含まれます。

話が少し込み入ってきました・・・

カミ様をお迎えするために、一般的に用いられるものが「火」です。これはお盆に特有のものではなく、神社の祭でも一般的で、御神灯と同じ役割です。


京都では「迎え鐘」と「送り鐘」もよく知られます。

20689499_1417228585036215_7888539601757519174_o
私は毎年、六波羅にある六道珍皇寺の「迎え鐘」に参っています。こちらには閻魔様の像がございます。閻魔様に仕えた平安時代初期の小野篁(おののたかむら)は、境内にある井戸から冥界に通ったとされています。

昨年まで、閻魔さんにビビっていた桜ですが、今年は「ちょっと待ってて!ひとりでお参りするから!」と・・・成長にびっくりです。

「送り鐘」は、寺町三条にある「矢田寺」が有名です。

こちらは「カミ迎え」と「カミ送り」に「火」ではなく仏教的?な「鐘」を用いています。

なくなった人の祀り方は国や地域によって様々です。日本ではご先祖様のお祀りは仏教(日本化された)にお任せされていますが、その根本には仏教伝来以来の宗教観が脈々と受け継がれているように感じます。

↑このページのトップヘ