篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: メディア紹介(新聞・雑誌など)

岸和田だんじり篠笛の音の変化憂い、CD付き冊子で伝授
毎日新聞2016年9月15日

名称未設定-1
だんじりが街中を駆け巡る「岸和田だんじり祭」が17、18日、大阪府岸和田市で開催される。勇壮な祭りを彩るのは、篠笛(しのぶえ)や太鼓が奏でる軽快な鳴り物だ。今年のだんじり祭を前に、篠笛奏者で、篠笛販売の会社「民(たみ)の謡(うた)」(同市五軒屋町)を営む森田玲さん(40)が、吹き方などをまとめたCD付き冊子「岸和田地車(だんじり)囃子(ばやし)・鳴物(なりもの)篠笛事始メ」を出版した。初心者がつまずきやすいところなどを丁寧に解説した篠笛の入門書。森田さんは「地域の文化、祭りを再考する契機にしてほしい」と話す。

     大阪府忠岡町出身の森田さんは幼い頃から毎年、母親の実家がある岸和田市内のだんじりを曳(ひ)いていた。篠笛や太鼓の音は体に染みついた森田さんだが、その音に違和感を覚えたのは大学4年の時。下宿先の京都市内から、久しぶりに岸和田に帰って来た時のことだった。篠笛の音が以前よりも響きを失い、旋律も短くなったように感じた。

     そのころの主流は細い篠笛。息を吹きこむ孔(あな)も小さく、簡単に音が出る一方、音が裏返りやすく低い音が出づらくなる難点もある。低い音を避け、高い音から始まる旋律のみを吹くため、旋律に多様性がなくなったと感じた。

     曳き手の呼吸を合わせるために吹くホイッスルが広まり、その音で篠笛の音が聞こえにくいことも気がかりだった。変わりつつある祭りの音。森田さんは大学をやめて楽器店を始め、篠笛の復活に乗り出した。

     約10年前からは、だんじりを担う地元の青年団や子どもたちを対象に篠笛を教え始めた。そこで感じた課題をもとに、篠笛への理解を深めてもらおうと冊子にまとめた。構え方や呼吸法をわかりやすく説明したイラストやCDも添え、子どもから大人まで活用できるよう心がけたという。「篠笛は太鼓の勢いに、みやびさや華やかさを添える存在。自在に吹けるようになる若者が増えて、今以上に魅力的な鳴り物になればうれしい」
    a30c16792802ad3faa79

    ------------------------------------------------------------
    2017年6月に店舗を移転しています(岸和田市本町7-19)
    ------------------------------------------------------------

    紹介動画


    通販
    篠笛文化研究社 
    http://www.taminouta.com/001-narimono-kotohajime.html 
    Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4990373235/

    京都新聞(2017.08.21)に拙著『日本の音 篠笛事始め』に関するインタビュー記事をご掲載いただきましたm(_ _)m。

    篠笛にご興味を持たれた方、すでに篠笛を吹かれている方も是非!

    書籍 > 篠笛文化研究社 → https://taminouta.stores.jp/items/5938b3baf22a5b1e64006b40
       > アマゾン → https://www.amazon.co.jp/dp/4990373243/
    08
    ----------------------------------------------------------------------------
    篠笛本来の魅力を凝縮   (京都新聞 2017.08.21 朝刊)
    京の演奏家が本出版 歴史たどり数字譜23曲を掲載
    ----------------------------------------------------------------------------
    京都市を拠点に篠笛の演奏や製作販売、調査研究をしている森田玲<あきら>さん(41)=左京区=が篠笛の魅力や基本をまとめた本「篠笛事始め」を出版した。清らかな音を響かせるこつをはじめ、童歌や祭り囃子など23曲の楽譜を掲載。一般的に明治以降に始まったとされる篠笛という呼称が、江戸時代には使われていたことを文献などをたどって確認するなど歴史も詳述している。

    篠笛は女<め>竹と呼ばれる細い竹に穴を開けた横笛。各地の祭り囃子で育まれ、地域や時代によって長さや穴の数など形状も異なる。

    森田さんは京都大在学中の2001年ごろ、母の実家のある大阪府岸和田市でだんじり囃子の篠笛が昔ほど響いていないと気付いた。理由を調べたところ、吹きやすさを求めて篠笛の内径が昔より2割ほど細くなっていたことを知り、本来の笛を扱う楽器店を岸和田で開いた。8年前には京都で店を構え、笛の演奏教室も開いている。

    今回の本は「西洋の12平均律、いわゆるドレミの音を目指す篠笛が近年増える中、日本の音律に基づいた古典的な篠笛の魅力を掘り下げて提示したい」と企画。篠笛の源流となる笛の歴史をたどりつつ、笛の穴を指で押さえる「指打ち」がしやすい本来の篠笛の特長などを解説している。

    楽譜もドレミに基づく五線譜ではなく、指の押さえ方などを表した昔ながらの数字譜を採用。祇園祭の「粽<ちまき>売りの歌」や京の景色を詠み込んだ手まり歌「四方<よも>の景色」、伊勢大神楽<だいかぐら>や岸和田のだんじり囃子などの楽譜を盛り込んだ。

    指の使い方や息遣いは写真やイラストで解説し、「五線譜を読めなくても大丈夫。日本の音曲を篠笛で吹きたいという気持ちがあれば習得できる」と話す。

    2700円。篠笛文化研究社 075(708)2614

    折に触れて自身の研究の羅針盤とさせて頂いている、秩父神社の宮司さまで京都大学名誉教授の薗田稔先生から、思いもかけず拙著『日本の祭と神賑』の書評を賜りました。とても丁寧に読み込んで頂いた上での書評であり、下記の書評をお読み頂ければ、拙著の内容と特徴を具体的に理解して頂けるかと存じますm(_ _)m

    日本の祭と神賑fs


    ーーーー<書評>ーーーー
    PDF→こちら

    森田玲著 『日本の祭と神賑(かみにぎわい)』(創元社)

    薗田稔 (京都大学名誉教授・秩父神社宮司)

    余談というわけではないが、旧臘十二月一日に日本の国指定重要無形文化財である三十三件の「山・鉾・屋台行事」が一括されて、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界無形文化遺産に登録されることになった。すでに登録済みの「日立風流物」と「京都祇園祭の山鉾行事」に加えて実に十八府県に亘る各地に伝承されている祭礼行事が、正式に世界の文化遺産に認証されたことになる。

    一昨年三月に文化庁がユネスコ登録を申請した内容を見ると、「地域社会の安泰や災厄防除を願い、地域の人々が一体となり執り行う『山・鉾・屋台』の巡行を中心とした祭礼行事」となっており、その提案要旨には、「祭に迎える神霊の依り代であり、迎えた神をにぎやかし慰撫する造形物である」山・鉾・屋台は、「伝統的な工芸技術により何世紀にもわたり維持され、地域の自然環境を損なわない材料の利用等の工夫や努力」により持続可能な方法で永く継承され、またその巡行のほか「祭礼に当たり披露される芸能や口承に向けて、地域の人々は年間を通じて準備や練習に取り組んで」いるので、これらの祭礼行事は、「各地域において世代を超えた多くの人々の間の対話と交流を促進し、コミュニティを結びつける重要な役割を果たしている。」と謳われている(平成二十七年三月五日付け文化庁報道発表から)。
     
    本書の書評を前にして直接関係のない時事的内容を紹介するのも、実は本書の内容が、正しくユネスコ登録が成った日本の祭礼行事の提案要旨を個別具体的に詳述している好著であることを、まずは指摘してみたかったからに他ならない。
     
    まず本書の副題に「京都・摂河泉(せっかせん)の祭具から読み解く祈りのかたち」とあるように、現代日本の祭の基本構造を神事と神賑行事から成ると見極めた上で、その神賑行事に登場する神輿・提灯・太鼓台・地車・唐獅子などの祭具を、おもに京都と大阪(摂津・河内・和泉)の各地の祭礼行事の実態に即して取材した成果を詳細に比較検討する手法で、それぞれの起源と歴史的展開を辿りつつ多彩に展開する祭の本質とその魅力を平明に描き出すことに成功している。ともかく本書は、京・大阪の各地に生きる多彩な祭礼行事に取材しながら、それぞれの神賑わいに登場する祭具の象徴分析を通して共有される祭の本質に迫ろうとする着実な論述として読者を惹き付けるものがあろう。

    本書の全体構成を紹介すると、まず「まえがき」に続く序章「図説・祭のかたちを読み解く」で豊富な絵図資料を掲載しながら、祭の基本構成と神輿や提灯など、本文各章でとりあげる内容を簡潔に紹介する。第一章「祭の構造」では、時代や地域を超えて共通する祭の基本概念を論じて、祭が「カミ迎え」「カミ祀り」「カミ送り」の三部から成り、また「神事」と「神賑行事」という二つの局面があることを指摘するが、これらは祭の先行研究からしても妥当である。第二章「神輿」では、カミの道行き、つまり一般に神幸祭に登場する神輿の発達史を述べて、特に現在の金飾りは神仏習合の産物だとの指摘は目新しいところ。第三章から第六章までは、「御迎え提灯」「太鼓台」「地車(だんじり)」「唐獅子」の順に、それぞれ豊富な図表と写真を用い多様で魅力的な祭具の世界を紹介しながら、それらが登場する各地の祭礼形態が地域の風土や歴史を反映して多彩だが、それでも互いにさまざまな共通点を見出すことができるとする立論は、着実な事例紹介にも説得力に富んで大いに評価できる。その一例を挙げれば、第三章の「御迎え提灯」では、祭に欠かせない提灯の源流はカミ迎えのための庭燎(にわび)だとの指摘は重要で、この点は、かつて日本民俗学の大成者、柳田國男が古典的名著『日本の祭』(一九四二刊)に、本来の祭では、宵宮に当たる夕べから朝までの間の一夜が大切な部分であって、庭に篝火を焚いて神を迎え、神をおもてなしする方式は、人が最上級の賓客を歓待するに類似だと喝破していることにも通じている。ただし惜しむらくは、なぜ提灯が「祭に欠かせないか」について著者は柳田のように、本来の祭にはカミ迎えに夜間こそが大事であったからこそという指摘に及んでいない点である。現代の祭が、とかく夜の霊性を見失っていることがその理由でもあろう。
     
    さて続く第七章「祭のフィールドワーク」では、著者がこの十年に亘って精力的に採訪した近畿地方一帯の多数の事例を、春夏秋冬の四季に応じた祭礼の類型に即して、しかも著者独自の視点を活かし、豊富なカラー写真や図版を配置して簡潔明瞭に紹介していて、読者も楽しく読み進むことができる。とりわけ祭研究を自認しながら近畿地方の事例に昏い評者には、本書の序章に先立って挿入されている関係社寺の所在地図を参照しながらの貴重な学習であったことを感謝したい。
     
    最終の第八章「祭は誰のものか」こそは、著者がここ十年来の祭を一途に探求するなかで最も本書で読者に訴えたかった「現在の祭が抱える課題」であり、その最たる事例に最近目立つ「祭の土日開催」を採り上げる。著者が彼の幼時から体験的に深く係わってきた岸和田だんじり祭が近年に「土日開催」となって、神事から神賑行事が引き離されたことに衝撃を受け、肝心のカミを忘れて単にヒトの賑わいばかりのイベントと堕してしまうことで、本来の祭が伝承する「人と自然との関わり、森・里・海の連環、カミとヒトとの関係」(あとがき)といった大切な役割を喪失してしまうのではないか、と当面の課題を提起している。
     
    この指摘こそが、本書が日本の祭の本質を衝いた、単なる祭の概説書ではない証しである

    『社叢学研究』第15号(社叢学会 2017.3)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    『日本の祭と神賑~京都・摂河泉の祭具から読み解く祈りのかたち』

    民の謡 https://taminouta.stores.jp/items/55bf32c23cd4823af20006b8

    創元社 https://www.sogensha.co.jp/productlist/detail?id=1528

    アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/4422230352

    京大生協発行の『らいふすてーじ』(2016年1月号)に私のインタビュー記事を掲載いただきました。

    私のゼロ歳から39歳までの感動!?の物語が、
    京大生の素
    晴らしい編集能力によって4頁に凝縮されておりますm(_ _)m

    <掲載時は社名が「民の謡」ですが、2017.6.1より「篠笛文化研究社」となっております>

    PDF→
    http://www.s-coop.net/lifestage/backnumber/2015/pdf/1601_00-03.pdf
    らいふすてーじ

    ↑このページのトップヘ