篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 商品紹介(篠笛・教本・CDほか)

京都新聞(2017.08.21)に拙著『日本の音 篠笛事始め』に関するインタビュー記事をご掲載いただきましたm(_ _)m。

篠笛にご興味を持たれた方、すでに篠笛を吹かれている方も是非!

書籍 > 篠笛文化研究社 → https://taminouta.stores.jp/items/5938b3baf22a5b1e64006b40
   > アマゾン → https://www.amazon.co.jp/dp/4990373243/
08
----------------------------------------------------------------------------
篠笛本来の魅力を凝縮   (京都新聞 2017.08.21 朝刊)
京の演奏家が本出版 歴史たどり数字譜23曲を掲載
----------------------------------------------------------------------------
京都市を拠点に篠笛の演奏や製作販売、調査研究をしている森田玲<あきら>さん(41)=左京区=が篠笛の魅力や基本をまとめた本「篠笛事始め」を出版した。清らかな音を響かせるこつをはじめ、童歌や祭り囃子など23曲の楽譜を掲載。一般的に明治以降に始まったとされる篠笛という呼称が、江戸時代には使われていたことを文献などをたどって確認するなど歴史も詳述している。

篠笛は女<め>竹と呼ばれる細い竹に穴を開けた横笛。各地の祭り囃子で育まれ、地域や時代によって長さや穴の数など形状も異なる。

森田さんは京都大在学中の2001年ごろ、母の実家のある大阪府岸和田市でだんじり囃子の篠笛が昔ほど響いていないと気付いた。理由を調べたところ、吹きやすさを求めて篠笛の内径が昔より2割ほど細くなっていたことを知り、本来の笛を扱う楽器店を岸和田で開いた。8年前には京都で店を構え、笛の演奏教室も開いている。

今回の本は「西洋の12平均律、いわゆるドレミの音を目指す篠笛が近年増える中、日本の音律に基づいた古典的な篠笛の魅力を掘り下げて提示したい」と企画。篠笛の源流となる笛の歴史をたどりつつ、笛の穴を指で押さえる「指打ち」がしやすい本来の篠笛の特長などを解説している。

楽譜もドレミに基づく五線譜ではなく、指の押さえ方などを表した昔ながらの数字譜を採用。祇園祭の「粽<ちまき>売りの歌」や京の景色を詠み込んだ手まり歌「四方<よも>の景色」、伊勢大神楽<だいかぐら>や岸和田のだんじり囃子などの楽譜を盛り込んだ。

指の使い方や息遣いは写真やイラストで解説し、「五線譜を読めなくても大丈夫。日本の音曲を篠笛で吹きたいという気持ちがあれば習得できる」と話す。

2700円。篠笛文化研究社 075(708)2614

初めて笛を始める方は、竹の篠笛プラスチィック製の篠笛(プラ管)どちらを買うか迷う方も多いと思います。


玲月流の教室ではプラ管からお稽古を始めますが「竹の笛が欲しい!」という方も少なくなりません。

実際のところ、竹の笛がバンバン売れた方がうちは助かるのですが(笑)、幾つかの理由で、まずはプラ管をお勧めしています。


f4aa8a41a07930eab906
プラ管→詳細

<竹の笛には良くも悪くも癖がある>

篠笛の材料である竹は天然の植物ですから、その内径や外形、密度、また傾斜の角度(端から端まで徐々に細くなる)も様々です。また、歌口や指孔も一つ一つ手であけていきますので、見た目は似たような雰囲気でも、どれ一つとして同じものはありません。

一方、吹き手の側も、歯並びや唇の形、呼吸法方に個性がありますので、自ずから、その息づかいが変わってきます。

このように、篠笛が良い音が出るかどうかは、楽器と奏者の相性に依存します。


自分自身にとって、最も馴染む竹を手に入れること、これが笛吹きの大きな目標と言えます。しかしながら、初めて笛を吹く人は、安定した口の形や呼吸を保つことができませんので、どの笛が自分に合っているかわかりません。

プラ管は各メーカーから幾つか発売されています。

篠笛文化研究社では、笛師が型を作り、その構造をホンモノの篠笛に近づけたものを取り扱っております。これは、大量の竹笛の導入が難しい学校教育の現場用に開発されたものです。


プラ管は、試行錯誤の結果、多くの人にとって吹きやすいように調整されています。ただし、言ってもプラ管ですので、音の響きがやはり物足りません。何より、吹き込めば吹き込むほど育っていく竹の笛に比べると、味気なさは否めません。

プラ管と竹笛についてわかりやすく述べると、

<竹笛> 30点〜150点 1万円〜4万円程度
<プラ管> 80点  2000円程度

(竹の笛も安すぎるものは玩具に近くおすすめできません)

玲月流では、まずはプラ管で慣れてもらって、3ヶ月から半年ほど経って少し笛の善し悪しを判断することができるようになってから、複数の竹の笛の中から、自分に合ったものを選んでいただくことをお勧めしております。

ここで選んだ竹の笛を、笛の表面が飴色にあるまで使い込むと、瑞々しい音が溢れ出るようになります。

竹の笛を早く吹きたいところですが・・・

これから篠笛を始められる方は、まずはプラ管から!

↑このページのトップヘ