篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 商品紹介(篠笛・教本・CDほか)

移転のご案内

日頃より、当教室運営にご理解ご協力ただき誠にありがとうございます。
さてこの度、店舗及び教室が移転することになりましたので、ご案内申し上げます。

<移転先>
〒602-0805 京都市上京区桜木町413番1号
電話 075(708)2614 ※変更無し

・地下鉄烏丸線「今出川駅」より徒歩 約14分
・京阪電車・叡山電鉄「出町柳駅」より徒歩 約14分

 教室移転開始 7月1日より

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

地図(PDF)→ こちら
移転のご案内


篠笛(だんじり用)飾房一覧!全200種! 完成いたしました!

これだけあれば好みの房が見つかるハズ!

昨年は特注をお受けできずにご迷惑をおかけしましたが、
今年はこちらをご活用いただければと存じます。


☆番号でご注文いただけます!
☆値段も一昨年より二割ほど安くなっております!


篠笛・飾房一覧(PDF)→ こちら
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「お名前」「町名」「ご住所」「電話番号」をご記入の上、
「房の番号」と「注文数」(例:イ201 ×4個)を
メールにてお申し込みください。info@taminouta.com 

・受け渡しまで1ヶ月から1ヶ月半ほどかかります。
・注文の混み具合によってはお受けできないこともございます。
・店頭にも在庫がございます。

ご質問などございましたら、担当(080-6219-9618)までご連絡ください。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
篠笛・飾房一覧(PDF)→ こちら
00
イ01
イ02
イ03
ロ01
ロ02
ロ03
ハ01

ハ02

ハ03
ハ04
ハ05
ニ01
ニ02
ニ03
ニ04
ホ01

ヘ01
ヘ02
ト01
チ01

篠笛・飾房一覧(PDF)→ こちら

玲月流 日本十二律調音篠笛「京師-みやこ-」邦楽調(唄用)の調律の標準値の表を作成しました。
京師(邦楽調・唄用)の調律
基本的には良い音が鳴っていれば何でも良いのですが、製作の段階では、この表にある振動数を基準としています。


他の和楽器、あるいは他国の楽器との対応を考える時にご活用ください。

PDF → http://shinobue.blog.jp/shinobue-ritsu.pdf

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・日本の音は「壱越」基準として「三分損益法」で算出します。「壱越」の音程は時代によって異なります。

・「京師」は、明治中期にイギリス人の音楽学者、エリス(Alexander John Ellis)が測定した「音叉」の数値:「壱越」=292.7 Hzを基準に「三分損益法」のにより算出た数値を各指孔に割り当てています。

この「音叉」は、雅楽の専門の楽人が調定した「日本音楽十二律ヲ示スヘキ調音叉」で、明治十八年(一八八五)「ロンドン万国発明品博覧会」に出品され、現在は東京藝術大学に所蔵されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表の数値は、おおよその目安です。各指孔の音程には幅を持たせています。これは、十二律の音程にとらわれすぎると、自然な指運びが困難な位置に孔を配したり、極端に小さな指孔(音色が損なわれる)を開けたりすることになるからです。奏者の息遣いによっても音程は大幅に上下します。

「京師」の製作にあたっては、「響きの良い透明な音」と「自然な指運び」、「ピロピロと鼓膜に響く指打ち音」の実現を第一に考えます。篠笛は楽器だけではなく、奏者の息遣いや指使いの工夫をともなって「音色・音量・音程」を練り出す「半作音楽器」です。音を作る過程で醸し出される「篠笛の味」「篠笛らしさ」「篠笛の趣」を大切にしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在、日本音楽の調子笛は、「黄鐘」をAとして、A=430 Hzとして、Aの音から「三分損益法」で各音を算出することが多いようですが、A=430 Hzという数値に歴史的な意義はありません。戦後、Cを「2の累乗」で定める「物理科学ピッチ philosophical(scientific)pitch」<18世紀にフランスの数学者、ソヴール(Joseph Sauveur)が提唱>のC4 (2の8乗= 256 Hz)から平均律のA4≒430.54 Hzを求め、その小数点以下を切り捨てて430 Hzとしたものと推測されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近年、西洋の12平均律を目指した「ドレミの笛(洋楽調)」を「唄用」「歌物用」と呼ぶ事例が散見されます。「唄用(邦楽調)の篠笛」と「ドレミの笛」とでは、その来歴や設計思想が異なりますので、ご注意ください。

篠笛文化研究社・玲月流では、雅楽の笛の音階に準じる「古典調」の笛と名称の次元を揃えるために、「唄用」を「邦楽調」と呼んでいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細は森田玲『日本の音 篠笛事始め』(篠笛文化研究社)を参照ください。m(_ _)m

新作CD「日本の音 篠笛」発売いたしました。

CD「日本の音 篠笛」

定価:本体2,500円+税 収録時間43分 

 篠笛 玲月流 篠笛奏者 森田玲
 ------------------------------------------------------------------------------------------
◎ 日本古歌・祭囃子・わらべ歌・新曲など日本の旋律全22曲を収録
◎ エフェクト処理なし無添加・天然の瑞々しい透明な響き
◎ 篠笛教本『日本の音 篠笛事始め』に対応
◎ 20ページ詳細解説書付き
------------------------------------------------------------------------------------------


玲月流初代・篠笛奏者 森田玲による篠笛曲集。 日本の芸能の中で育まれてきた伝統的な旋律楽器である竹製の横笛・篠笛。 透明で艶やかな音色と古典的な作曲音曲に定評のあるの森田玲の奏楽で「日本古歌」「わらべ歌」「祭囃子」「新曲」など未来に伝えたい日本の音曲22曲を収録。 録音は天井が高く奥行きのある町家の通り庭で行ない、収録音源はエフェクト処理なしの完全無添加の天然音。遠音のさす清らかで瑞々しい音色と、ピロピロと鼓膜に響く指打ち音をお楽しみください。 
宣伝チラシ
お求めはこちらから
・篠笛文化研究社 → https://taminouta.stores.jp/
・Amazon → https://www.amazon.co.jp/dp/B07BDSJNN3/

曲目

1  東雲(森田玲 作曲)   
2  かごめ (わらべ歌) 
3  凧々あがれ(わらべ歌)
4  鬼さんこちら(わらべ歌)
5  蛍(わらべ歌)
6  あんたがたどこさ(わらべ歌)
7  祇園祭 粽売りの歌(わらべ歌)
8  兎(わらべ歌)
9 姫松(日本古歌)
10 江戸の子守歌(子守歌)
11 天満の市(子守歌)
12 通りゃんせ(わらべ歌)
13 四方の景色(わらべ歌)
14 桜(日本古歌・箏曲)
15 越殿楽(雅楽)
16 岸和田地車囃子の笛(祭囃子)
17 秋の音(森田玲 作曲)
18   馬鹿囃子(伊勢大神楽・獅子舞囃子)
19   篠楽(森田玲 作曲)
20   伊勢音頭 道中歌(日本古歌)
21   月(森田玲 作曲)
22  秋の音-二重奏- (森田玲 作曲)


森田玲(もりた あきら)

昭和51年大阪生まれ。京都市在住。玲月流初代・篠笛奏者。
株式会社「篠笛文化研究社」代表取締役。
京都を拠点に、篠笛の演奏・指導・製作販売調査研究を行なう。
篠笛の出自である祭文化にも造詣が深い。

・第67回文化庁芸術祭新人賞受賞
・京都市芸術文化特別奨励者
・京都大学農学部森林科学科卒業

<主な著作>
『日本の祭と神賑』(創元社)
『日本の音 篠笛事始め』(篠笛文化研究社)
「伊勢大神楽の神楽囃子研究」『民俗音楽研究』(日本民俗音楽学会)


昨年の秋にご注文いただいていた特注の篠笛が完成しました!

四日市(三重県)は諏訪神社の四日市祭で、南浜田の獅子舞で使われる篠笛です。
IMGP7471

今回は籐巻きの作業がなく、また音階が独特のため指孔の当たりをつけることが難しいため、私、森田玲の出番はなく、弊社、篠笛文化研究社の笛師・森田香織が最初から最後まで担当。
IMGP7477
私も製作工程の随所で吹き比べて確認。見本の笛と寸分違わぬ響きに仕上がりました(ほんのわずかですが、隠し味を入れて、吹きやすく、音の響きが増すように工夫を凝らしました)。

うちの標準の笛は素竹ですが、今回は表面もすべて漆塗。漆黒になるまで、何度も塗り重ねては磨く作業を繰り返しますので、少し時間がかかりました。

お嬢さまへのプレゼントの笛のため何か管頭に飾りを、とのご依頼を受け、飾り金具を埋め込みました。

「京師ーみやこー」の注文が入るともちろん嬉しいですが、やはり地元の笛の特注品で喜んでいただけた時に、笛屋をやっていてよかったと実感します。

良い笛の音が受け継がれていくことを願っておりますm(_ _)m

↑このページのトップヘ