初めて笛を始める方は、竹の篠笛プラスチィック製の篠笛(プラ管)どちらを買うか迷う方も多いと思います。


玲月流の教室ではプラ管からお稽古を始めますが「竹の笛が欲しい!」という方も少なくなりません。

実際のところ、竹の笛がバンバン売れた方がうちは助かるのですが(笑)、幾つかの理由で、まずはプラ管をお勧めしています。


f4aa8a41a07930eab906
プラ管→詳細

<竹の笛には良くも悪くも癖がある>

篠笛の材料である竹は天然の植物ですから、その内径や外形、密度、また傾斜の角度(端から端まで徐々に細くなる)も様々です。また、歌口や指孔も一つ一つ手であけていきますので、見た目は似たような雰囲気でも、どれ一つとして同じものはありません。

一方、吹き手の側も、歯並びや唇の形、呼吸法方に個性がありますので、自ずから、その息づかいが変わってきます。

このように、篠笛が良い音が出るかどうかは、楽器と奏者の相性に依存します。


自分自身にとって、最も馴染む竹を手に入れること、これが笛吹きの大きな目標と言えます。しかしながら、初めて笛を吹く人は、安定した口の形や呼吸を保つことができませんので、どの笛が自分に合っているかわかりません。

プラ管は各メーカーから幾つか発売されています。

篠笛文化研究社では、笛師が型を作り、その構造をホンモノの篠笛に近づけたものを取り扱っております。これは、大量の竹笛の導入が難しい学校教育の現場用に開発されたものです。


プラ管は、試行錯誤の結果、多くの人にとって吹きやすいように調整されています。ただし、言ってもプラ管ですので、音の響きがやはり物足りません。何より、吹き込めば吹き込むほど育っていく竹の笛に比べると、味気なさは否めません。

プラ管と竹笛についてわかりやすく述べると、

<竹笛> 30点〜150点 1万円〜4万円程度
<プラ管> 80点  2000円程度

(竹の笛も安すぎるものは玩具に近くおすすめできません)

玲月流では、まずはプラ管で慣れてもらって、3ヶ月から半年ほど経って少し笛の善し悪しを判断することができるようになってから、複数の竹の笛の中から、自分に合ったものを選んでいただくことをお勧めしております。

ここで選んだ竹の笛を、笛の表面が飴色にあるまで使い込むと、瑞々しい音が溢れ出るようになります。

竹の笛を早く吹きたいところですが・・・

これから篠笛を始められる方は、まずはプラ管から!