篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」製作

玲月流 日本十二律調音篠笛「京師-みやこ-」邦楽調(唄用)の調律の標準値の表を作成しました。
京師(邦楽調・唄用)の調律
基本的には良い音が鳴っていれば何でも良いのですが、製作の段階では、この表にある振動数を基準としています。


他の和楽器、あるいは他国の楽器との対応を考える時にご活用ください。

PDF → http://shinobue.blog.jp/shinobue-ritsu.pdf

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・日本の音は「壱越」基準として「三分損益法」で算出します。「壱越」の音程は時代によって異なります。

・「京師」は、明治中期にイギリス人の音楽学者、エリス(Alexander John Ellis)が測定した「音叉」の数値:「壱越」=292.7 Hzを基準に「三分損益法」のにより算出た数値を各指孔に割り当てています。

この「音叉」は、雅楽の専門の楽人が調定した「日本音楽十二律ヲ示スヘキ調音叉」で、明治十八年(一八八五)「ロンドン万国発明品博覧会」に出品され、現在は東京藝術大学に所蔵されています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

表の数値は、おおよその目安です。各指孔の音程には幅を持たせています。これは、十二律の音程にとらわれすぎると、自然な指運びが困難な位置に孔を配したり、極端に小さな指孔(音色が損なわれる)を開けたりすることになるからです。奏者の息遣いによっても音程は大幅に上下します。

「京師」の製作にあたっては、「響きの良い透明な音」と「自然な指運び」、「ピロピロと鼓膜に響く指打ち音」の実現を第一に考えます。篠笛は楽器だけではなく、奏者の息遣いや指使いの工夫をともなって「音色・音量・音程」を練り出す「半作音楽器」です。音を作る過程で醸し出される「篠笛の味」「篠笛らしさ」「篠笛の趣」を大切にしましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在、日本音楽の調子笛は、「黄鐘」をAとして、A=430 Hzとして、Aの音から「三分損益法」で各音を算出することが多いようですが、A=430 Hzという数値に歴史的な意義はありません。戦後、Cを「2の累乗」で定める「物理科学ピッチ philosophical(scientific)pitch」<18世紀にフランスの数学者、ソヴール(Joseph Sauveur)が提唱>のC4 (2の8乗= 256 Hz)から平均律のA4≒430.54 Hzを求め、その小数点以下を切り捨てて430 Hzとしたものと推測されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

近年、西洋の12平均律を目指した「ドレミの笛(洋楽調)」を「唄用」「歌物用」と呼ぶ事例が散見されます。「唄用(邦楽調)の篠笛」と「ドレミの笛」とでは、その来歴や設計思想が異なりますので、ご注意ください。

篠笛文化研究社・玲月流では、雅楽の笛の音階に準じる「古典調」の笛と名称の次元を揃えるために、「唄用」を「邦楽調」と呼んでいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

詳細は森田玲『日本の音 篠笛事始め』(篠笛文化研究社)を参照ください。m(_ _)m

12月23日の夜は、四日市祭(諏訪神社)で獅子舞を務める南浜田の会館に参りました。
特注の篠笛の案件です。
26025914_1545137825578623_5632004614150051995_o
完成間近の特注の篠笛を実際に吹いていただいて、音階や響き吹き心地などをご確認いただきました。
満足いただけたようで一安心!
25591995_1545139705578435_7023066437354444019_n
作 笛師・森田香織

いつもの「京師ーみやこー」の工夫は隠し味に留め、
見本の笛の響きの再現に努めました。
籐巻がなく全体的な黒の漆塗りです。管頭に何か飾りを、とのご注文でしたので、日頃は施さない細工に挑戦してみました。


小学生から八十代の重鎮の方まで世代を越えての獅子舞の練習を拝見し、地域において祭の果たす役割の意義を再認識いたしました。

↑このページのトップヘ