篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 「篠笛」製作

今年もギリギリでした…根曳きの松!3軒目の花屋さんでようやく発見…毎年どちらに参っても売り切れで往生します^_^ 上方(京都・大坂)では昔からこの形式が一般的のようで、江戸ではあまり見かけないかと思います。
49209924_1994048977354170_6867224850251907072_n
30日は女竹の選別作業をいたしました。
49721944_1993606104065124_724267374575878144_n


26日の夜と27日の朝は東京・恵比寿にて篠笛教室でした。
49204719_1988324131259988_8896537743027339264_n
東京の生徒さんに指定された集合場所に到着。コレド日本橋の福徳神社前。東海道の端から端まで参りました。東海道新幹線に乗ったので当たり前か…
48916143_1988536074572127_5593658113732378624_n
年越大祓の季節です。このパタンの茅の輪は初めて拝見しました!痩せんとあきませんね^_^ 日本橋・福徳神社

48982016_1988547804570954_6167338209719091200_n
この日は東京の篠笛教室の皆さんにお誘いいただき日本橋の水戯庵にて能の仕舞「天鼓」「三輪」「邯鄲」を鑑賞し、お食事を頂きました^_^

49083381_1987978284627906_6365467567934406656_n
今回は地元の祭囃子用にご注文頂いていた「京師ーみやこー」古典調・五本調子を持って参りました。

12月19日。今年三ヶ所目の女竹の採集に参りました。
01
今回は僕と香織さん、そして心強い助っ人お二人の四人で、初めての女竹林を開拓デス^_^ 良い篠笛になりそうな竹が沢山ございました!中学二年生のサッカー部の時に買ったジャージが現役デス…

翌日は早朝から昨日収穫した篠笛用の女竹を洗いました!実家の手伝いもあって高速進行…桜も竹を並べるお手伝い^_^
02

ワシ「さくちゃん その竹がおやつになるんやで!しっかり並べてや!」

桜「ちゃうで!お笛になるんや!」

香織「師匠!変なこと言わんといてください!」

ワシ「小さい頃から、理(ことわり)ちゅうもんを教えていかんとあかんねん!」

桜「お笛を吹いたらお菓子になるの?」

ワシ「せや!気合い入れて並べりや!」

桜「了解 ( ̄^ ̄)ゞ」

11月20日。桜を実家に預けて始発で関空へ! 毎年恒例、千葉県は阿波国、房総半島に参りました^_^
九州では伐採後すぐの竹を選びますが、こちらでは、数年乾燥いただいた女竹を選んでおります^_^ 僕は香織さんの補助でほとんど眺めているだけ…良い竹が沢山ございました!
46482752_1938134069612328_4880521812624015360_n
46496178_1937434309682304_4549525983249563648_n
46485366_1938120299613705_8251908012831145984_n
雲海に浮かぶ美しい富士の佇まい^_^ 富士山と篠笛は「竹取物語」で繋がっております^_^

46480280_1938896386202763_3549237493104640000_n

次の日は国立歴史民俗博物館へ。いつも予想外のタイミングで遭遇する川村清志先生と想定内のタイミングでお会いし束の間の祭談義^_^ お神輿ひっくり返ってボコボコですが今回の話のネタには関係ございませんm(_ _)m



毎年恒例の女竹の仕入れに参っております。香織さんが太さと長さを測って必要な節を選定し、僕がへっぴり腰で竹を切ります^_^ 数年寝かせて青みを抜いて後、こちらの竹が篠笛になります!
45222692_1916263661799369_608281490689622016_n
45249905_1916263658466036_6042737166897905664_n
45412845_1916263725132696_1954459945042706432_n
45243655_1916468041778931_3249121739854053376_n
45296881_1916468051778930_6752293681484529664_n

写真は篠笛の材となる女竹。別名は河竹。水辺を好んで生えます。御所の清涼殿の向かって左側には河竹が植得られており、川に見立てた?細い御溝(みかわ)が引かれております^_^ 京都御所の栞に写真アリ → http://www.kunaicho.go.jp/event/kyotogosho/pdf/shiori15.pdf

↑このページのトップヘ