篠笛草子 〜 ほのかに聞こゆるもいとをかし 〜

日本に古くから伝わる竹の横笛「篠笛(しのぶえ)」の随筆。篠笛奏者で篠笛文化研究社代表の森田玲が綴ります。
Essey about "Shinobue" transverse bamboo flute in Japan,by Shinobue player Akira Morita.

(株)篠笛文化研究社が運営するブログです。

カテゴリ: 演奏・講演会(報告)

5月20日は佛教大学公開講座でした。八木透先生にお声がけいただき「神賑行事」をキーワードに「祭」を読み解きました。懇親会では祭研究者の方々と交流…楽しいひとときでした^_^ ご来場の皆さまありがとうございました。「神賑論」また一歩前進です。
60633483_2201175779974821_469331297139949568_o
60594863_2201175759974823_7332092976291643392_o
60532159_2201175743308158_368579739562016768_n

5月20日は京都・雲龍院での玲月流篠笛「奉納演奏-発表会」。過去最高の人数、多くの皆様にお越しいただくことができました。篠笛を始めて5年以上の方から半年の方まで様々ですが、とても良い経験になったと思います。玲月流の篠笛は「透明で美しく清らかな音色」「鼓膜に響く指打ち音」を大切にしています。とても良い会になったと思います。ご参拝の皆さま、雲龍院さま、ありがとうございましたm(_ _)m
60344278_2203615623064170_671555872312262656_n
本堂で般若心経の読経と御焼香の後、門下生の皆さんは「桜」と「篠楽- ささら-」、私は「月」と「カミあそび」を奏楽奉納させていただきました。演奏中、心地良い風が境内をわたって篠笛の音が境内に響きわたりました。
60566831_2203628959729503_670048523474960384_o
61035266_2203628473062885_7648761417536897024_o
60804763_2203628543062878_6965280899239772160_o

奉納演奏に続いて、美しい日本庭園を背景に門下生の発表会と私の篠笛演奏。お庭から返って来るほのかな篠笛の響きが心地良く、お客様と一緒に楽しいひとときを過ごすことができました。

篠笛は山や海など完全な自然の中ではその力を十分に発揮できません。半自然・半人工の環境、例えば今回のようなお庭を望む座敷、神社の神楽殿、祭の屋台などでは、しっかりとした吹き応えを感じながら、自然な響きの中で篠笛を吹くことができます。雲龍院での演奏は、篠笛の演奏にとって理想的な環境です。
60889350_2203711916387874_6798925700490330112_o
61322692_2203711686387897_6860471233222279168_o
61223677_2203710836387982_8904291739544584192_o
61091641_2203711016387964_2846139591423950848_o
61020381_2203711146387951_7023025957145411584_o
来年も演奏の予定です!

今年も良い会となりました。桜も少しずつですが成長しております。ご参拝の皆さま、雲龍院さま、ありがとうございましたm(_ _)m
60965109_2203766279715771_5531909205709029376_o
 
写真は、私のプロモーションビデオ・ひね博、その他でお世話になっているミヤシタデザイン事務所さんにお願いいたしました。


懇親会+講評
60912657_2199595433466189_7030828362239049728_o


おまけ
60893735_2202830779809321_3039233783384506368_n
森田桜<五歳>~六の音



53814317_2094482103977523_4257738794356178944_o

北野天満宮での曲水の宴、森田桜5歳、童子役をなんとか務めることができました^_^ 途中、曲水に落ちかけた時は冷や汗ものでした…。白拍子の舞に続いて、神、帝、梅、恋、を題材に漢詩と和歌が詠まれ、菅原道真公の御神徳が偲ばれました。桜は棒を採って曲水に浮かぶ盃の誘導役です。今回は香織さんも大変だったと思います。お疲れ様でした。狂言師の茂山逸平さんの横に居るちっこいのが桜デス^_^ 北野天満宮さま、関係者の皆さま、良いご縁をありがとうございましたm(_ _)m
53399727_2094482050644195_3774477337727336448_o
53347658_2094481987310868_8135081543715520512_o
53013961_2094482077310859_5809209534337515520_o

北野天満宮の曲水の宴では、和歌と漢詩の力をあらためて実感しました。『古今和歌集』の仮名序に記されるように、和歌には天も地もカミもヒトをも動かす力があります。宇宙に出たくらいではニュータイプになれないような気がしました。どうやったら和歌を詠めるなるのか…義務教育に入れて欲しい。理屈抜きでの音の流れも大切だと感じました。

東風(こち)吹かば匂いおこせよ梅の花

主なしとて春を忘るな

菅原道真公

桜には是非とも和歌を詠めるようになってもらいたい。今、通っているお謡のお稽古がその素地になるはずです。

桜が曲水に落ちかけた時に、思わず「さくちゃん!」と声が出てしまった桜の父が読める歌

---------------------------------------
東風吹きてわらべ汀(みぎわ)にカン一発

桜も愛でし菅公が慈悲

玲月
---------------------------------------

52922931_2076494205776313_2154181503469223936_o

日曜日に鼓屋で開催のワークショップ型交流会「笛と太鼓は恋人」大盛況でした!
IMGP6998
こんなに楽しかった企画は、これまでの篠笛人生を思い返しても中々思い浮かびません。
 
篠笛奏者の私が太鼓についても語り、太鼓奏者の植木くんが篠笛についても語る。この相乗効果は予想以上でした。
 
◆第一部◆️笛と太鼓のワークショップ
 
篠笛と太鼓のワークショップは2班に分かれての入れ替え制。初心者と経験者に分かれていただきました。
IMGP7039
皆さんご自身の笛をお持ちいただいておりましたが、多くはドレミの笛でしたので、また、銘が異なると息の込め方が多少違ってくるので、学校教材用プラスチック製篠笛「篠音-しののね-」でお稽古を開始!
 
初心者の方は、勢いで甲音(高い音)まで何とか到達!経験者の方は、一旦、今までの経験を横に置いていただいて、以下の二点を重点的に調整しました。
 
(1)左手の親指の位置
 
何かの舞台やネットを見てのことだと思いますが、ほとんどの方は左手の親指を大きく開いて笛を口に押し付けるようにして構えていました。「なぜ親指を開いているのですか?」という質問に対してその意義を答えられる人がいなかったので遠慮なく強制^_^
 
左手親指を広げすぎると、多用する左手人差指の指打ちの衝撃を受けることができません。笛は右手の小指と親指と唇の三点で軽く固定し、左手親指は、人差指の真下かわずかに歌口側へ配して下唇への笛の辺り具合の微調整に使います。この方法を経験していただきました。音量と響きが増しました\(^o^)/
 
(2)甲音(高音)
 
教本によっては、ホースの先を強く締める水の勢いが増すことに喩えて、口に力を入れて吹くという説明がなされていますが、これだと、音が固くなって、また、呂音(低音)に戻すことが難しくなります。玲月流では、裏声を出す感覚で、喉の中での音を響かせる位置を変えることによって甲音を出します。これを体感していただきました。こちらの方法も初めての方がほとんどで、喜んでいただけたようです^_^
52889928_550858432068632_6558827596895748096_n
太鼓のワークショップは、手数ではなく、一音一音を大切にする打ち方を体験されたとのこと。笛も太鼓も音色が第一です。
 
◆第二部◆演奏と講演・座談会
 
植木くんの太鼓と合わせたのは十ヶ月振り。リハなしでの演奏は緊張感が半端でなかったですが、やはり植木君の太鼓との演奏は楽しいです。笛の音が独奏の時以上にほとばしりました。
IMGP7058
僕が作曲した「序の笛」「カミあそび」「月に桜」を演奏。うちの門下生の皆さんも、僕が太鼓と一緒に演奏することころを見たことがない人も沢山いたので、喜んでもらえたようです。
 
要所で「伊勢大神楽」の「馬鹿囃子」などの古典曲も吹きました。
 
講演の部では、植木くんは太鼓の種類について、熱弁。僕が篠笛の分類について。特に、太鼓グループでドレミの笛を持っていらっしゃる方が多く、また、ドレミの笛を間違って「唄用」と思っている人も沢山いましたので、除霊の祝詞を奏上!以下の分類表をお配りいたしました!
 
続いて、各地の祭の写真を写しながら、笛や太鼓、祭の在り方について、二人で弾丸のようなトークを繰り広げ、お客さんから、嵐のような返しがあって、大盛り上がり!会場一体火の玉となりました!
IMGP7079
ここまで13時から17時50分までほぼ5時間ぶっ通し。
  
まだまだ終わりません。
 
◆第三部◆茶話会
 
茶話会と銘打った第三部は18時から21時まで3時間。ご参加の皆さんからの質問が矢継ぎ早にあって、飛んできた矢を受け取ってはリボンを結びつけて射返すという高等テクニックを駆使して、笑いあり、涙ありの充実した時間を共有することができました^_^
 
本当に楽しく有意義な会でした!
 
全体を通し、篠笛にしろ太鼓にしろ、笛と太鼓を一旦おいて、あるいは、それを手にする前に議論すべきことがまったくなされていないという現実を再確認することになりました。篠笛も和太鼓も世界の中で日本だけにしかない民族楽器なのですから、それらが育まれた日本の文化を前提として、笛と太鼓に携わりたいものです。その方が、喜びも格別ですし、また、そうでないと、次の世代には先人たちの蓄積は何も伝わりません。
 
もったいない!
 
何でも入り口が大切。道を間違えると、到達すべき頂には絶対にたどり着きません。先達の責任は重大です。
 
我々二人も多くのことを学んだ一日でした。
 
ご参加の皆さん、お手伝いいただいた皆さん、本当にありがとうごあいました。
 
「笛と太鼓は恋人」第二段やります!
 
笛と太鼓の交換日記も続きます!
 

↑このページのトップヘ